So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

代表監督の選び方、またしても [スポーツ]

何回かこの話題は取り上げているんですが、私としては毎回同じことを主張しているわけです。すなわち、代表を「どういうふうに」「どのようにして」形作っていくのか、という形が見えていない。んー、考えていないとしか思えない節もあります。まぁ素人がはたで考えるよりは、遙かにさまざまな条件が重なってくるのだとは思いますけど。あ、もちろん「サッカーの代表」の話をしてるんですけどね。

以前に「オランダ-ブラジル-(日本)-フランス-ブラジル-ボスニア・ヘルツェゴビナ(日本)」という風に監督の国籍が変わってきている、ということを書いたことがあります。これは南アフリカ大会までの話ですが、さらに「イタリア-メキシコ-ボスニア・ヘルツェゴビナ(日本)」と変遷してきています。そしてウワサはドイツ、ということらしいですね^^;。国によってのスタイルの違いはあまり気にしていないようです。

もっとも監督さん個々の差異の方が大きいということなのかも知れませんが、そういった「戦術的な部分」を考慮しての監督選びをしているのかも、よく分からないところがあります。私の目には「浪人中でそれなりのネームバリューがあって、お給料で合意した人」に頼んでいるとしか見えません。まぁ「選択肢」は限られているだろう、ということも理解してますけど。

いろいろ事情があって外国人監督にこだわる理由もあるんでしょうけど、どういう風に戦うのかというビジョンまで明確にして選んでいるとも思えないので、結局行き当たりばったりに見えてしまう、ということですね。まぁいろんな人が同じことを書いたり言ったりしているとは思うのですが、いい監督さん選びをして欲しいものですね^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いよいよベスト8の戦いですね^^ [スポーツ]

我らが日本代表の対ベルギー戦での戦いぶりは、報道されているとおりの熱戦でしたが、残念なことにギリギリのところで勝ち越しを許すという、無念な試合になってしまいました。一部では90分の終了間際は、もっと時間を使って延長やPK戦を見越すべきだった、という意見も出ているようです。私としてはそれには賛成できません。確かに彼我の力量を比べれば、PK戦まで考えてもいいのでしょうけど。

直前に相手ゴール際まで攻め込み、フリーキックとコーナーキックを取れているのですから、可能性を追求するのは当然だと思います。最後のベルギーのカウンターだって、100%成功するとは限らないはずでしたからね。とはいうものの、ベルギーのキーパーがキャッチするのを確認するかしないかのタイミングで走り出していた、というカウンター発動の意思は、やはり凄いなと思います。

さてそのベルギーはブラジルと戦います。4試合での合計得点が1位のベルキーと、最小失点のブラジルの組み合わせ、ということで注目が集まっていますね。個人的にはベルギーに肩入れしたい気分ですが、どうなりますでしょうか。前後しますが、ウルグアイとフランスの一戦は、フランスにやや歩がありそうですが、個人的にはウルグアイに頑張ってほしいところです。

明日の2試合については、イングランドとクロアチアが有利なように思いますが、クロアチアはともかくイングランドとスウェーデンの試合は力も接近しているし、予想が難しいところですね。一部からは「常に過大評価されているイングランド(特に日本で)」と揶揄されるチームですが、どこまでやれるか楽しみです。ロシアはトーナメント初戦が少し運にも恵まれていたようにも思いますし、クロアチア相手だと厳しそうです^^;。いずれにしても間もなくベスト8の最初の試合が始まりますね。楽しみです^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

決勝トーナメント初戦 [スポーツ]

すでにベスト16に勝ち残っていたチームのうち4チームが大会を去っています。トーナメントだし当然と言えば当然なんだけど、それにしてもアルゼンチン、ポルトガル、スペイン、デンマークと並べると、トーナメント初戦で大会を去るとは思えないチームも含まれていますね。

我らが代表も今夜遅くにはベルギーとの対戦を迎えます。いわゆる「下馬評」は、かなりの力の差があるというのが一致した意見のようですが、まぁやってみないと分からないですからね、勝負は^^。ベルギーが「レッドデビル」と呼ばれて恐れられていると言うなら、日本代表は「ブルーエンジェル」となって対抗することにしましょうか^^;。私はこれから一眠りして夜中に起き出してテレビ観戦の予定です。楽しみです^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

間もなく第3戦。うー、緊張してきました^^; [スポーツ]

遙かな地の我々が緊張したからって、どうしょうもないんですが。私は第2戦でメンバーを変えるんじゃないかと予想したんですが、あにはからんや初戦とまったく同じ先発メンバーでしたね。2戦めでトーナメント進出を決めてしまおう、という意図があったのだと思います。とにかく引き分けに持ち込んだので勝ち点は4に伸びましたが、第3戦に進出をかけることになったのは、少し難しい判断を強いられることになってしまいました^^;。

第3戦は何人かメンバーを入れ替えるのではないかというマスコミの記事もありますし、初戦・第2戦とはメンバーを変更するようです。ポーランドは敗退が決まっていますが、必ずしもモチベーションが落ちてしまってはいないらしいですからね。むしろ連敗したあとは勝って大会を去っている、という厄介なデータもあるそうですから、我らが代表も相当気合いを入れてかからないと、足元をすくわれかねません^^;。

とにかく午後11時のキックオフを楽しみに、そして気合いを入れて待ちたいですね。折しも今宵は満月、願いのかなうことを月にも望みます。私はこれからシャワーを浴びて、身を浄めて試合開始を待とうと思います^^。祈りも籠めて水ごりをしようかな、ちょっとだけでも^^;。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

さて第2戦^^ [スポーツ]

望外の、と言っていいと思いますが、コロンビアに勝って勝点3を上げ、国内のマスメディアは大騒ぎをしています。まぁ現場の選手たちは勝利の喜びにひたっている暇もなく、次戦の相手セネガルへと心を向けているはずです。もしかしたらこのグループでいちばん強いのはセネガルではないか、という意見も出ています。

我らが代表もあわよくば勝ち点3をもぎ取りたいところですが、それこそ引き分けでも充分というのが、本音かも知れません。個人的には守備に重心をかけて、どちらかと言えば守りをかためていった方がいいのではないかと思っています。休ませる、という意図も含めて、初戦のメンバーとは数人入れ替えがあるように思います。

後半の半ばあたりまでは0-0でもいいから、そこから攻撃の選手を入れて1点を狙いに行く、というゲ-ムプランになるような気がしているのです。守備的とまでは言わなくとも、守りに強い選手を入れてしっかり守ってカウンター、というプランですね。消極的に見えますけど、1戦めで勝ちを収めた以上は、こういう戦い方でいいのでは、と思うわけです。とにかくキックオフが楽しみですね。いい試合をしてくれればいいなと思います^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いよいよ開幕ですね^^ [スポーツ]

なんだかんだ言いながらも、いよいよ開幕という時刻になりますね。我らが日本代表も直前の試合で4得点を上げる、という望外の勝ちゲームをものにしました。1点オウンゴールはあるにせよ、それを誘発させるだけのものがあったから、と言うことだと思います。相手のレベルが、とかいろいろあるでしょうけど、とにかく土壇場にきて勝てたことで、チームの雰囲気もずいぶん明るくなったようですし。

日本の「直前の監督交代」はレアケースだと思いますが、それに輪をかけての出来事があって、驚かされてしまいましたね。スペイン代表の監督が突然代わるというのは、優勝候補の一角にも名前の上がっていた国だけにびっくりしましたが、行く先が世界屈指のビッグクラブだけに、いろいろ裏もあるのかな、と思います。さすがに日本でこんなことは起こらないでしょうけど。

開催国が大会最初の試合を戦うという「しきたり」にのっとって、ロシアがサウジアラビアと対戦しますが、アジアのチームが開幕戦を戦うというのも、あんまり記憶にありません。サウジの健闘を期待したいところです。ランキングは出場国の最下位、というロシアですが実質としてはけっこう強いだろうと思うし、サウジとしてはやはり「格上とやる」という感覚ではないかと思います。どアウェイだし^^;。

個人的には欧州でいちばん好きなオランダも、二番めのイタリアも来てませんから、肩入れするチームが欧州では不在になってしまいました(残念ながら)。南米だと古豪ウルグアイが好きなんで、そこは応援しとくかな、という感じですね。日本の初戦までに、楽しめそうな試合はそのウルグアイ-エジプト戦、優勝候補と言われるフランス、アルゼンチンに挑戦するオーストラリアとアイスランド、同様にドイツ、ブラジルと戦うメキシコとスイス、というところでしょうか。

まぁとにかくおよそ1か月、グループリーグの中でも面白そうな試合は多々ありますし、もちろん我らが代表の試合は特に力が入ります。チームの実力に対しての評価は、海外でもあまり芳しくはありませんが、試合はやってみなくちゃ分かりませんし、何かしら波風を起こしたいものですね^^。とにかく間もなく開幕でございます。どんな大会になりますでしょうか^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

我らが代表はいかに戦うのか^^; [スポーツ]

とか言っても、マスコミの伝えるニュースを見る限り、なんだか芳しくない情報ばかり伝わってきますねぇ^^;。あ、もちろんサッカーの話ですよ、この記事については。守備はある程度計算できたはずなんですが、なんだか乱れも伝わってきてるし、攻撃面については以前に当ブログが記事で書いた危惧が、やはり現実のものになっているように思います。すなわち「中心になれる」人がいない。

とにかく「下駄」を預けてしまって、「お前と心中だ」でもいいから形を作れればいいんですけど、それがうまくいきそうな気配が漂わない^^;。国内の「元選手」「元代表」だったいわゆる「解説者」の一部からは「覇気がない」とか言われてしまうことになっています。直前だから怪我はしたくない、という感覚があるとすれば、それはいたしかたないのかも知れないけど。

なんだか監督のコメントも「空回り」している、というようなリポートもあるようです。まさかあれです、「お前らが(マスコミが)辞めさせろ、って言ってたから辞めさせたんだ。責任はこっちで取るけど、こんな時期に辞めさせたらどうなっちゃうか、よーく分かったでしょ」とか言うのかな^^;。「だから二度と辞めろって書くなよ」なんてね。

まぁ、仕方なく辞めざるを得なかった人を別にすれば、必ず「辞めさせろ」って言ってたからなぁ、マスコミの一部かも知れないけど。とにかく間もなくパラグアイとの「練習試合」が始まります。なんらかの「形」が見たいものですよね、特に攻めの時の。2点取られても3点取ってやる、というのもありですよ、気持ちとしては^^;。ホントはそうじゃないかも知れなくともね。ここはひとつ結局は「気合いだ!」というところを見たいですね^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヨーロッパの週末-チャンピオンズリーグ決勝とモナコGP [スポーツ]

タイトルが長いね^^;。「CL」と略してもいいんだけど、タイトルに載せる時は略さないでおきたい、ということで。「GP」はいいのか、とも思いますが^^;。とにかく間もなくモナコの予選が始まり、スターティンググリッドが決まります。日本時間で22時開始予定ですね。で、TV的な言い方だと27:45から、ということになりますが、明けて午前3時45分にはUEFAチャンピンオンズリーグの決勝のキックオフとなります。レアルvsリヴァプール。

私としてはどっちにウエイトがあるわけではなく、毎年なぜか踵を接して行われる、このふたつのスポーツイベントが以前から楽しみでしかたありません。今年のCL決勝は特に組み合わせが面白いし^^。レアルがホーム扱いだから白を着るんでしょうけど、アウェイ扱いのリヴァプールはどうするんだろう。上から下まで赤で、色としてはルール上オーケーだと思うんだけど、赤はホームユニなんですよね。こういう時はやはりアウェイユニにするんだろうか。

それともサードユニでしょうかね。なんかオレンジ色っぽいんですけどね。アウェイユニはシャツが白に緑の細いストライプが半分入るデザイン、パンツは黒だけどソックスは白だから、レアルがホームユニだと着ちゃまずいように思います^^;。ま、どうなるかは試合が始まれば分かりますが、私は最近は早寝なんで寝ちゃうと思います^^;。途中で目を覚ましたら、TVを付けてみるとは思いますが。

モナコGPは、少なくともフリー走行の段階ではレッドブルが速いんで、一列目を独占するかも知れません。ただ、モナコはフタを開けてみないと、どんな展開になるのか予想もつかないんで、面白いんですよね。必ずしもその年にいちばん速いチーム、ドライバーが勝てるとは限らないし。楽しみですね。追記:レッドブルのフェルスタッペンは3回めのフリー走行でクラッシュして、予選には出場しないことになりました。最後尾からスタートすることになるようです。

ついでと言うとファンの人には申しわけないけど、日本ダービーも27日の午後ですね。これはもちろん国内のスポーツなんだけど、なぜか毎年これらみっつの試合/レースが同じ日に(日本時間としては、ですが)行われることになってるんですよね。偶然ではあるのだけど、毎年面白いなと思いつつ楽しんでおりまする^^。

で、日本時間では日付が変わりますが、インディ500も現地としては27日の開催ですね。日本では28日の深夜になりますが、去年は佐藤琢磨が優勝するという大きな話題がありました。毎年どういうわけか同じ日になってるんですよね、なぜか。とにかく忙しい20数時間でございます^^;。

追記:先ほどモナコの予選が終了して、ポールはレッドブルのリカルド、以下ベッテル、ハミルトン、ライコネン、ボッタスという、フェラーリとメルセデスが1台ずつ互い違いに並ぶというグリッドになりました。予選とレースは別物、ということも起こるし、結局予選どおりの速さだったということもあるので、果たしてどういう結果が待っているのか、予断を許しませんね。楽しみです^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

代表メンバーの選び方^^; [スポーツ]

なにも選び方が気にくわないって話じゃないんですよ。毎回のことながら、苦労は大変だろうな、という感慨があるからちょっと書いておこうかな、と。ましてや今回は、残りの日数も少なくなってきている時点での監督交代、という「事件」もありましたからね。まぁ「監督の選び方」については何度か記事も書いてますが、前監督の場合は選んだ時点から、協会の側にはなんとはなしの不満があったような気もしています。

「この人でホントに良かったのか」という自問自答を、協会が抱いていたんじゃないだろうか、という。だから現監督が「時間が無いから」を理由にはしないだろう、苦労は分かっててやることになったんだろうな、とは思います。それにしても今回のメンバー選びは、いろいろな難問が山積みになってます。

特に「攻撃を担う選手たち」に、中心となり核となって引っ張っていけるような選手が見当たらないこと。実績とネームバリューのある人たちは、年齢も高くなってきてたり怪我があったして、一時的には前監督が「見切り」をつけたような形になってしまっていたこと。一方で今好調を維持しているような選手にも、不安定な要素があったりして、確定的にはなりにくいこと。

こんな風に「中心選手不在」が際だっているのも、これまで出場してきたW杯の直前の時点では、かつてない事態なんじゃないでしょうか。とりあえずこの人に下駄を預ける、という預け先が確定できないんですからね。たとえ本番になって不調だったしても、このチームは彼に預けたのだから(預けざるを得なかったのだから^^;)という人物がいません。

それこそ「ラッキーボーイ」よ出てこい、という「神頼み」に近い状況になるのでは、というのが心配です。本来「確率論」のスポーツではないのに、「確率」を頼りに選ぶような感じになりそうなのかな。どういう風にメンバーが選び出されるのか、注目していきたいと思っています。「賭け」に出るようなことになるのは、避けるんじゃないかとは思ってますけど^^;。

追記:記事を書いてから、あちらこちらと目を通していたらこんな記事に出合いました。井手口選手はクラブで試合出場が限られていて、という下りがあったのちに、以下引用。

「日韓大会の時、稲本潤一は所属したアーセナルでリーグ戦で1試合も出場がないままワールドカップを迎えたが、大会までの間にコンディションを整え、ベルギー戦、ロシア戦でゴールを決めるなど大活躍した。稲本と同じガンバの血の継ぐ井手口だけに、本大会ではブレイクする可能性を一番秘めていると言える。」

こういう根拠不明の風船を飛ばしているから、日本のスポーツマスコミはいかんのよ、と思うのですよ。いや井手口君がどうこうではなくて。稲本を引き合いに出しての論拠が分かんないよ、という気持ちです。本気でそう思って書いてるのかな。「そういう例もあるから、期待してもいいんじゃないかな」なら話は理解できますけど。わたくし、珍しくですがちょっと怒りを覚えておりまする^^;。以上追記でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大学ラグビー早明戦とJ1昇格プレーオフ [スポーツ]

3日は関東大学ラグビー対抗戦の明治-早稲田の一戦が行われました。今年の当番校は明治であったようです。両校の対慶應戦の結果と試合内容などから、早稲田がやや有利なのかな、と思っていたのですが、開始早々に明治のセンター梶村がインターセプトからトライ(ゴール)で7-0という滑り出し。早稲田も一度は追いつきますが、この最初のトライが、早稲田の攻めに微妙な影を落していたように思います。

明治バックス陣にボールがわたると、大きなゲインを許し兼ねない、という意識が早稲田の攻めの伸びやかさを僅かに削いでいたように思うのです。現に明治はバックスで鮮やかなトライを後半にも決め、FWは双方互角に近い攻防ながら、バックスの攻撃がきっちりと結果を出した明治が、結局はこの一戦をものにしました。早稲田は珍しくラインアウトでミスをするなど、細かいミスもあって、ややリズムに乗り損ねた気もします。この結果早稲田は、大学選手権の初戦で東海と対戦することとなりました。

J1昇格プレーオフは、スコアレスドローという結果で、シーズン上位の名古屋が昇格を果たしました。前半は福岡に得点のチャンスがあったのですが、シュートがバーを叩くなどゴールを決めきれず、結果としてはドローとなりました。シュート数では福岡が上回っていたのですが、得点に繋がりませんでした。この結果、名古屋は1シーズンでJ1に復帰、福岡は惜しくも復帰がなりませんでした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - スポーツ ブログトップ