So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブロムシュテット、N響のベルリオーズ「幻想交響曲」 [音楽]

10日間ほど家を空けてしまったので記事が書けませんでしたが、日曜の夜に放映されたN響とブロムシュテットの「幻想交響曲」は、出先で視聴することができました。少し書いておきたいこともあるので、ライブからは1か月半、放送からでも数日を経ていますが、記事にしておきます^^;。

んー、やはり「情」よりは「知」の演奏と言うべきなんでしょうか。音楽がとても純粋に響く、誤解を恐れずに書けば「主知的」な演奏であったと思います。特に弦の瑞々しさは素晴らしく、第1楽章冒頭の響きなどは、めったに聴けない極上の肌触りではありました。知的ではあるけど冷たくはなく、柔らかな響きはふわりと感情を覆って、音楽として響いてくるのです。

その第1楽章の冒頭から主部に移るところの、「ソシラ、ララソ、ミファレ」というところなど、もっともっとニュアンスやアクセントを付けて、纏綿と泣かせる振り方もありますけど、この演奏ではそれをしない。「ここはベルリオーズが啜り泣いているのです」と語ったのは、なんとあのアンセルメ先生ですが、ブロムシュテットさんはそれをやらない。素っ気ないわけじゃないけど、無用に思い入れず響きを重んじる演奏になっています。

第3楽章の終結部、イングリッシュホルンの問いかけにも答えは無く、ティンパニが遠雷を響かせる場面でも、もっとイングリッシュホルンに「こく」を付けて歌わせたり、ティンパニの響きを大袈裟にして、ドラマを演じさせようとしたり、といった演奏の仕方もありますが、やはりこのブロムシュテットの演奏では、そんなことをしない。だからと言って淡々と、ではないんですよ。歌は充分に響いている。

第4楽章で、金管がファンファーレ風に行進曲を演奏するところは、1回めのところでは弦が合いの手を入れるだけで、ほぼ完全に休んでいます。ところが2回めでは、金管が同じメロディを奏でているところで、弦は細かく激しくオブリガートを奏しています。ここも演奏によっては後ろの弦の響きが「何か鳴っている」ぐらいの感じだったりもしますが、今回の演奏ではバランスのきれいな響きになっていました。第4楽章のこのあたりのスコアは、惚れ惚れするほどの美しさなんで、ご興味のある方は、ぜひ一度ご覧になって見てください。

終楽章に入っても、こういった響きの確かさを重んじていくやり方が充分に生かされていて、見通しの悪くなるような部分はありませんでした。それなりにこだわりのある部分もあるようで「ここは全部下げ弓で」みたいな指示が出ているところが見えたりもします。終結部も大騒ぎしてガシャーンと終わると言ったような風情は全く見せずに終わります。

もっと狂気の轟くような演奏の仕方もあるでしょうし、その方が好きだと言う人もいると思います。それはそれでやり方としてはあるとは思いますが、今回のブロムシュテットさんの演奏で聴かせてもらえたのは、音楽としてのたたずまいを響かせている「幻想」でした。そうした意味では、ある種貴重なものでもあるのかも知れません。「受けは狙わないし不要」という、音楽として向き合おうという姿勢は重要だと思いました。

最後に話は前後するんだけど、この演奏では第1楽章と第2楽章のあいだに間を置かず、すっと演奏が始まりました。第4楽章と第5楽章のあいだもそうだけど、これはわりによく見かける気がします。でも最初のふたつのあいだで間を置かないのは、あまり記憶にありません。

第3楽章の前後には普通のインターバルがあるんですが、これってひょっとしてですけど、「全体を三つの部分に分ける」といったような考え方に基づいてたりするんでしょうか^^;。「第1部 恋の情熱」「第2部 孤独の彷徨」「第3部 悪夢と狂気」というような分け方は、以前からも解説されているのを見かけたりしますけど、ブロムシュテット先生はそれを演奏の上でもくっきりさせようとしていたんでしょうか。ああ、お会いして聞いてみたい^^。とにかくずいぶんと感心もし楽しませていただいた演奏なのでございました^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Papa Loves Mambo [音楽]

このところ「人称代名詞」がタイトルに入っている曲という繋がりで来ている「この1曲」シリーズですが、今回はPerry Comoが1954年にリリースした「Papa Loves Mambo」です。えーと「Papa」は「代名詞」なのか、というところが怪しいのですが、行けるでしょう、たぶん^^;。

生涯で14曲ものナンバーワン・ヒットを持っているペリー・コモですが、この「Papa Loves Mambo」は全米では4位までと、スマッシュ・ヒットに留まっています。まぁしかし現在の日本でこの人の歌といえば、恐らくいちばん知られているんじゃないでしょうか、この曲。なにしろCMでよく聴くことができますし。

某軽自動車のCMで使われていて、かなりの回数のオンエアがありますから、聴いたら「ああこれ」と分かる人も多いでしょうね。CMの仕上がり具合から言えば、カラフルで陽気でちょっと騒がしくて、この曲ともマッチしています。明るい感じが特にね。CMだと、たとえば80年代の歌なんかもよく使われるけど、ぐっと古くて50年代ですからね。この曲を選んだセンスはなかなかじゃないかと思います。

コモさんのシングルは40年代と50年代が中心で、そういう意味ではいにしえの歌手と言えるんでしょうけど、アメリカでは日本で想像するよりは、はるかに「大物」という扱われ方をしていたようです。最後のシングルリリースは1976年なんですが、本国ではテレビなどでも親しまれていたようです。明るくて軽快な歌声は、やはりひとつの大きな個性でしたね^^。

追記:まぁ「Papa」は「代名詞」ではありませんね、やはり^^;。普通に「名詞」ですが、今回は勘弁してくださいまし^^;。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

I Can't Help Myself (Sugar Pie Honey Bunch) [音楽]

さて諸々のこともあってあいだが空きましたが、今回の「この1曲」シリーズはFour Topsの「I Can't Help Myself (Sugar Pie Honey Bunch)」です。このタイトルにくっついている「カッコ」の中の部分は、発売時の音盤には無かったようで、正式にどっちが正しいのかちょっと分かりません^^;。んー、無くてもいいみたいですけど。

曲想は、この頃のMotownの典型的なサウンドとメロディを持っています。フォー・トップスにとっての初の全米1位、かつ彼らの2曲ある1位の1曲めということになります。1965年の4月リリースのシングルでした。1956年ごろから活動しているので、大ヒットが出るまでには、やはり苦労してるんでしょうね、たぶん。

こんな言い方をすると怒られそうですけど、いかにもこの時期のモータウンの音で、まぁよくあると言えばよくある曲づくりです。黙って聴かされても、「あ、モータウンだね」という。かつ、ちょっと似た感じの曲も思いついてしまいますけど^^;。だからこその大きなヒットになった、とも言えなくもないかな。

70年代の中盤ぐらいまでは、コンスタントにシングルもリリースしていますが、その後は活動がゆるやかになっています。まぁ基本は60年代のボーカル・グループってことなんですが、大ヒットの数こそそんなに多くはありませんが、やはり歴史に残るグループだと思います^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ウィーンフィルのスネア、再考 [音楽]

年頭恒例のウィーンフィルのニューイヤーコンサート。以前にこの楽団が使っているスネア(小太鼓のことです)について、2015年に書いたことがありますが、その後の2年間はこの楽団でよく見かける「ウッドフープ」のものを使っていたように思います。ところが今年はまた、一度見たことのある金属製のスネアを使っていましたね。

ニューイヤーコンサートや、そのほかの(と言っても日本で映像で見られるコンサート、という意味だけど)では、auralというオーストリアのメーカーのウッドフープの製品を、よく使っているようです。ところが今年は金属製のスネアが登場してました。専門的な話になって申しわけないけど、通常プロの使うようなスネアは8本から10本のボルトでヘッド(皮ですね)を固定するものがほとんどです。

このヘッドを固定するための輪が「フープ」なのですが、大部分の製品では金属のものが使われます。最近は音色が柔らかくなるといった理由で、木製のものもあるわけですけど。話があちこちに行きますが、今年のニューイヤーコンサートでみかけたスネアは、金属製でかつボルトが6本(厳密に言えば「片面」に)しかない、というものでした。しかもそのボルトの形状もあまり見かけないような形でした。

これはもしかするとかなりの「年代物」のスネアなのかも知れないな、と思って見てたんですよね。スネアの裏側が見える映像もあって、響き線の本数が少なめなのも確認できました。ウィーンフィルの打楽器は、かなり古いものも使っているように思うので、スネアも年代物が「在庫」にあるのかも知れません。

もちろん最近はいわゆる同時代楽器としての、昔の楽器のレプリカも多く作られているので、このスネアもそうかも知れません。ウィーンフィルの場合、打楽器では古い形式の楽器も使うことが多いようなんで(たとえばティンパニ)、スネアについても年代物を使うこともある、ということなんでしょうね。これが「奏者の好み」なのか「違う奏者だから」なのか、あるいは「指揮者の指示」なのかは、何とも言えません。とにかく何年かに一度登場する「変わった形式のスネア」は、興味を引く楽器ではありますね^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

You've Really Got a Hold on Me [音楽]

このところ「人称代名詞」をタイトルに含んでいる曲という繋がりで続けている「この1曲」シリーズですが、今回はThe Miraclesが1962年の9月にリリースしたシングル、「You've Really Got a Hold on Me」です。もちろんこのThe Miraclesは、Smokey Robinsonがリーダーでリードボーカルとして在籍したグループです。のちにSmokey Robinson and The Miraclesに名称が変わりますけど。

変わるのは1963年か64年ごろのようなんで、やはり正式にはザ・ミラクルズのリリース曲ということになると思います。音盤のクレジットもそうなっていますね。で、もちろんこの曲が一般に知られているのは、The Beatlesの2枚めのアルバム「With the Beatles」にカバーされて収められているから、と言っていいでしょう。そしてこのカバーは、ビートルズの作品の中で唯一の「ジョンとジョージ」のコーラス「だけで」歌われている曲ということのようです。

ミラクルズの原曲のバージョンは、少しゆったりした歌いぶりでコーラスも柔らかみのある感じで歌われています。原曲を聴けば、「あぁ、ビートルズはほぼフルコピーしてるんだね」というのは、よく分かると思います。ただしなぜかミラクルズ版はフェードアウトしてますけど。ビートルズの方はエンディングが付いていて、これはライブで歌うことも意識しているのかな、という気もします。

それにしても思うのは、60年代から70年代ぐらいまではよく作られていた、この曲のような「3拍子系」の楽曲が、最近はあまり聴くことが無くなったこと。4/3にしても8/6にしても。まぁ前進力というか、ビートのスピード感というか、そういうものが求められることが多くなったってことなんでしょうね。「音楽のバリエーション」としての3拍子は、ロック・ポップ界では失われつつあるということなんでしょうか^^;。果たして。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Dogs Part 2 [音楽]

毎年恒例の、と言っても年始になったり年末に書いちゃったりはしてるんですが、とにかく新しい年の干支にちなんだ1曲というのが、今回の「この1曲」シリーズのテーマです。戌年ということになると、ちょっといろいろ難しいんですけどね。バンド名に入ってる人達がいますけど、このバンド(Three Dog Night)はすでに登場済み^^;。

曲名に「犬」が入ってる曲と言うと、実は私としてはすぐに思い出す曲がありますが、この曲を演奏しているバンドも大好きなので、このシリーズのかなり早い時期に登場済みなんですよね。まぁでも年始特番ということで「特例」にしてしまうことにしましょうか。と言うことで表題の曲にたどり着くわけです。The Whoのシングル「Pinball Wizard」のB面に収められたインストルメンタル曲です。

フーには「Dogs」というタイトルの曲があって、こちらは普通にというのも変だけど、歌詞の付いた楽曲です。パート2の方は、ボーカル無しのインストルメンタル曲で、あまり知られていない曲なのかなと思います。さらにややこしいことに、Pink Floydのアルバム「Animals」の中に「Dogs」という曲が収められていて、このPart 2というものも存在しているようです。なかなか難しいですな^^;。

さらにフーのDogs Part 2には、バージョンがふたつ存在しています。ひとつはモノラルのもの、もうひとつはステレオのもので、この頃のイギリスのシングルはモノで発売されるのが普通でしたから、モノ・バージョンはいわばオリジナルと言っていいものです。某動画サイトにありますのでリンクを入れておきますね。
mono
https://www.youtube.com/watch?v=8U9uGSGUliM

日本でのシングルもA面はステレオだけど、B面はモノで入っていたと記憶しています。一方のステレオ・バージョンは、恐らくはアメリカで発売されたシングルに入っているんじゃないかと思いますが、むしろこちらの方が貴重かも知れません。こちらも動画サイトのリンクを貼っておきます。
stereo
https://www.youtube.com/watch?v=hNG2GR1CX-M

いずれにしてもKeith Moonというドラマーが、空前絶後の存在かつそのプレイぶりのもの凄さが伝わる曲に仕上がっています。オリジナリティという意味においてもね。こんなスタイルはほかにはありません^^。短い曲ですからご興味のおありの方は聴いてみてくださいね^^。面白いことこの上無しですから。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Christmas in Heaven [音楽]

いよいよ今年も押し迫って、あと10日ほどとなってしまいました。この時季の「この1曲」シリーズは恒例にしてしまっている、クリスマス・ソングを1曲取り上げるというタイミングになりました。今年はBilly Ward and his Dominoes の「Christmas in Heaven」でございます。

実はMonty Pythonが映画の中で同名異曲を歌っていて、そちらの方がはるかに有名であるらしく、こっちの「Christmas in Heaven」は、検索するのもなかなか大変であったりします。曲そのものは1953年にリリースされたシングルなんですが、全米R&Bチャートで19位と、知る人ぞ知るという感じの「隠れた名曲」となっています。

ゆったりとしたテンポで歌い上げる佳曲なんですけどねぇ。ヒットと言えるほどではなかったようです。そして日本ではゴスペラーズがこの曲を取り上げていて、彼らのファンにはわりと馴染みのある曲であるようですけど。この季節になるとライブでよく歌っているのかな。

まぁ定番曲は多数あるクリスマス・ソングですけど、アメリカのアーティストは1回ぐらいは、クリスマスにちなんだ曲をリリースしたりしますから、埋もれている、あるいは隠れたクリスマス・ソングは実はすごく存在しているみたいですよ^^;。今回はそんな曲をとり上げてみた、ということで^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

レヴァインのマーラー2番を聴く^^ [音楽]

ちょっと世間を騒がせてしまっている指揮者のJames Levineですが、以前から気になっていたマーラーの2番のライブ録音のCDを手に入れました。発売は2011年だそうですからけっこう経ってるね^^;。録音は1989年の8月にザルツブルク音楽祭のライブですから、かれこれ28年前の録音ということになります。
levine_mahler_2.jpg

レヴァインは、マーラーの交響曲をオーケストラはいくつかに分かれてますが、かなりの数をRCAに録音しています。2番と8番以外、ということなんですけどね。合唱の入る規模の大きなものが2曲、未録音のまま残されていたわけですが、2番はザルツブルクでの演奏がFMで放送されたりもして、録音の存在はそれなりに知られていたと思います。

録音から22年を経てCDが発売され、さらに6年ほど経ってから入手して聴いているわけです^^;。FMでの放送時に聴いていた時と印象は変わりませんでした。特に記憶に残っていたのが、フィナーレの終わり近くでテンポを落してのスケールの大きさです。このテンポはオケも合唱も大変だろうな、と思いながら聴いた記憶があります。

ほかにはCDで初めて気がついたことですが、VPOの使っているシンバルの音色が独特で、ほかではあまり聴けない音であること。こんな感じの両手シンバルの音は、この曲ではほかに聴けません。たぶん。指揮者の指示なのか奏者の好みなのかは分からないけど。全体の録音は、やや低域がもの足りない感じもあるけど、音楽を聴くのには充分だし、なかなかいいCDだなと思います。もっと早いうちに手に入れておくべきでした^^;。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Rock Your Baby [音楽]

このところは「人称代名詞」がタイトルに入っている曲という繋がりで続けている「この1曲」シリーズ。ちょっといろいろあってあいだが空きましたが、今回は「Rock Your Baby」です。George McCraeが1974年の5月にリリースした曲で、全米1位を獲得する大ヒットになっています。70年代のいわゆるディスコ・ミュージックの初期の名曲となっていますね。

この手の大ヒット曲によくある「エピソード」というヤツがやはり付いてきていて、元々曲を書いたのはKC and the Sunshine Bandのメンバーで、書かれたときは自分のバンドのためだったんですが、音域が合わないということで、ほかの人への提供曲にすることにしたのだそうです。キーを合うように変えて歌うって方法は無かったんでしょうかね^^;。または書く時に音域が合う中でなんとかする、とか。

まぁそれがうまく行かなかったから、提供曲ということになったんでしょうけど。で、歌っているジョージさんは、奥さんと夫婦デュオとして活動したり、ソロでも活動していたんですが、この曲は当初奥さんが歌ってリリースされる予定だったらしいのです。ところが奥さんがレコーディングに遅刻して、その場に居合わせた旦那の方が歌入れしてしまったという^^;。ホントかね。

結局そのままリリースされて、全米1位もさることながら1000万枚を超えるという超メガヒットになってしまったのでした。いろんなことが起こりますねぇ^^;。覚えやすい繰り返しや、シンプルなアレンジで親しまれたってことなんでしょうけど、これほどまでの大ヒットになるとは、曲を書いた人も歌った人も、もちろん考えてもいなかったでしょうね。こういうことがなぜか時おり起こるのが、アメリカの音楽シーンの面白いところなのでございます^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

All The Things You are [音楽]

このところは「人称代名詞」がタイトルに含まれている曲、という繋がりで続けてきている「この1曲け」シリーズですが、今回はJazzの分野から行こうかなということで、「All The Things You are」です。元々は「Very Warm for May」という1939年のミュージカルのために書かれた1曲ということだそうです。

この曲がジャズ・ミュージシャンたちに好まれて、セッションでしばしば取り上げられる曲となっていて、たとえばCharlie ParkerやDexter Gordonのアルバムに収められています。我が家にあるアルバムの中では、「Art Pepper with Warne Marsh」というアルバムに入っていて、CDになった時に「別テイク」もプラスされています。すなわち2回入っていますが、もちろん演奏はかなり違います。

アートさんのアルバムは何枚かあるんだけど、ウォーンさんの方はご本人のアルバムを持ってなくて、この共演盤のみでしか音が聴けません。アルトとテナーの2本のサックスが、文字通り息の合ったプレイぶりなんだけど、ふたりの音色とかソロの「指向」というか好みの違う感じが聴き取れて、なかなか面白いアルバムだな、と思います。

この曲はコード(和声)の面での面白さがあるんですが、セッションで取り上げられる機会が多いのも、どうやらその和声の面白さと関連があるようです。その面からこの曲について書いていらっしゃるサイトもありますから、ここではその方向については省きますが、黙って聴いていてもふたりの奏者の個性の表出が、なかなか面白いアルバムだな、と思います^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽