So-net無料ブログ作成

Pentaxのレンズ、50mm F1.7を手に入れました^^ [写真]

ペンタックスは銀塩時代の愛用機なので、やはり親しみはありますよね。先日オークションで50mmF1.7をポチっと落してしまいました^^;。ずいぶん安く落せたんで、出品した人に申しわけないくらい(と、一応言っておきます^^;)。ただ、若干曇りとチリ、ホコリはありますよ、ということだったんだけど、確かに明るい光にかざすと、薄く曇りがリング状に周辺部に見えます。1段ぐらい絞ると影響は無いみたいで、使用上はそんなに気にしなくていいけど。
pen_50mm_f1_7_01b.jpg

マイクロフォーサーズはいわゆる「オールドレンズ」、マニュアル・フォーカスのフィルムカメラ時代のレンズの相性がいいらしい、という話を聞きつけていたので、明るいレンズを1本仕入れたかったのですよ。昔は50mmF1.4も持ってたんだけど、売っちゃったんですよね、かなり以前に^^;。ま、F1.7で妥協。安かったし^^;。あと家のどっかにRicohの50mmF2があるはずなんだけど、すぐには出て来そうになし^^;。

あとはPentaxだと24mmF2.8を持ってます。ほかはトキナーの90mmF2.5の単焦点と、シグマの80-200mmF3.5-F4が、やはりどこかに埋もれておりまする^^;。で、現在の愛用機LUMIX DMC-GX1と組み合わせて使うのに、アダプターを買いました。そうそうE-PL6は結局色の出具合がいまひとつしっくり来なかったのと、メニューがやや使いにくかったので、ちょっと前に手放しております^^;。
pen_50mm_f1_7_02.jpg

このアダプターも、某巨大通販サイトでは安価な部類の製品なんですが、びっくりするぐらいガタも無いしピタリとセットできるので、感心しています。まぁペンタックスは、この手のアダプターとは相性いいようなんですよね。少なくともキヤノンやニコンのユーザーは、あんまりいい評価を下してないみたいですが、ペンタックスユーザーは、わりと褒めている感じです。とにかくボケ具合を見たいのでちょっとテストしてみました。
pen_50mm_f1_7_pho_01.jpg

感度はISO160で搾り開放です。シャッターは1/4000。のレンズの曇りの影響もあって、フレア気味というか、結像が甘いと言うか。
pen_50mm_f1_7_pho_02.jpg

半段絞ってF2ということになるのかな。すでに曇りの影響もほぼ感じられません。1/3200で切れてるはず。ボケがすごくいい感じです^^。
pen_50mm_f1_7_pho_03.jpg

これはF2.8で1/2000です。少しボケはうるさくなり始め、ただピントの合ってるところは(あんまり無いけど)かなりシャープになってきます。続いて、
pen_50mm_f1_7_pho_04.jpg

F4で1/640です。なぜか1/640。少し日が陰ったのかな。ピントが合っていればかなりシャープに写ります。ただボケはかなりうるさくなってきていますね。変化がすごく判りやすいのが面白いところ。

というわけで、なかなか面白い使い方ができそうなレンズを手に入れたなぁ、という気分でいます。今度出かける時には、持ち出していろいろ撮ってみようと思っています。少し涼しくなったらね^^;。

追記:
カメラに装着した感じも見たい、とおっしゃる方がいたのでGX1に装着の図^^。
pen_50mm_f1_7_03.jpg

ぱっと見のバランスは悪くなく、しっくりとなじんでいます。がしかし最近のレンズに比べると、やはり重たい^^;。持った感じは、以前の銀塩時代を手のひらに思い起こさせる重みがありますね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。