So-net無料ブログ作成

大学ラグビー早明戦とJ1昇格プレーオフ [スポーツ]

3日は関東大学ラグビー対抗戦の明治-早稲田の一戦が行われました。今年の当番校は明治であったようです。両校の対慶應戦の結果と試合内容などから、早稲田がやや有利なのかな、と思っていたのですが、開始早々に明治のセンター梶村がインターセプトからトライ(ゴール)で7-0という滑り出し。早稲田も一度は追いつきますが、この最初のトライが、早稲田の攻めに微妙な影を落していたように思います。

明治バックス陣にボールがわたると、大きなゲインを許し兼ねない、という意識が早稲田の攻めの伸びやかさを僅かに削いでいたように思うのです。現に明治はバックスで鮮やかなトライを後半にも決め、FWは双方互角に近い攻防ながら、バックスの攻撃がきっちりと結果を出した明治が、結局はこの一戦をものにしました。早稲田は珍しくラインアウトでミスをするなど、細かいミスもあって、ややリズムに乗り損ねた気もします。この結果早稲田は、大学選手権の初戦で東海と対戦することとなりました。

J1昇格プレーオフは、スコアレスドローという結果で、シーズン上位の名古屋が昇格を果たしました。前半は福岡に得点のチャンスがあったのですが、シュートがバーを叩くなどゴールを決めきれず、結果としてはドローとなりました。シュート数では福岡が上回っていたのですが、得点に繋がりませんでした。この結果、名古屋は1シーズンでJ1に復帰、福岡は惜しくも復帰がなりませんでした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。