So-net無料ブログ作成

大学ラグビー 関東対抗戦 帝京-明治 およびJ2の経過も [スポーツ]

大学ラグビーの関東対抗戦、帝京-明治の試合は14時にキックオフ。今季の当番校は帝京のようですね。前半を終了したところで、21-8と帝京がリードしています。帝京は3トライ3ゴール、明治は1トライ1PGという得点です。途中経過は折々書いていきます。

サッカーJ2も全試合14時キックオフで最終節が始まっています。自動昇格を争うチームの、前半終了時の状況は、現在1位の札幌がホームで金沢と0-0、2位清水はアウェイで徳島と1-1、3位松本はホームで横浜と1-1で、各チーム共に同点という経過になっています。こちらも得点に動きがあればお伝えしたいと思います。

ラグビーは後半1分帝京がトライ、ゴールで28-8となっています。

J2松本と横浜は、5分に松本がゴールを上げてリードしましたが9分には横浜がゴール、2-2と譲らぬ展開になっています。

帝京-明治は帝京が後半17分トライ、ゴールも成功して35-8とリードしています。

14:35現在、ラグビー対抗戦、J2ともに得点は動いていません。

J2徳島-清水は、後半28分清水がゴール、2-1と勝ち越しています。

帝京-明治は帝京が後半40分にトライ、ゴール成功で42-8となりました。

帝京-明治は明治が後半45分にトライ、ゴールも成功して42-15となりました。
そのまま試合終了、帝京42-15明治でした。帝京は次戦に筑波と、明治は次戦は早稲田との伝統の一戦となります。

J2松本-横浜は後半37分に松本がゴール、3-2と勝ち越しています。

サッカーJ2はその後得点が動かないまま試合終了、札幌-金沢は0-0で引き分け、徳島-清水は2-1で清水が勝ち、松本-横浜3-2で松本山雅が勝利しています。この結果1位から3位までの順位は前節と変わらず、1位札幌と2位清水がJ1へ昇格、松本はプレーオフに回ることになりました。

また、前節まで最下位にいた金沢が引き分け、21位の北九州が敗れたために、順位が入れ替わって北九州が自動降格、金沢はJ3の2位栃木と入れ替え戦に臨みます。ギラヴァンツ北九州は、2014年は5位、昨シーズン7位と比較的安定したシーズンを送っていたのですが、今季はついにJ3降格が最終節で決まってしまう結果となりました。

以上、駆け足ながらラグビー関東大学対抗戦とサッカーJ2の状況をお伝えしました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0