So-net無料ブログ作成

I Remember Clifford [音楽]

6月の末にクリフォード・ブラウンの命日のことを書きましたから、いずれはこの曲のことも書かなくちゃと思ってました。タイトルに人称代名詞の入った曲として今回取り上げるのは「I Remember Clifford」、Benny Golsonが1957年に作曲したバラードです。1956年に亡くなったクリフォード・ブラウンのために作られた名曲。

様々なアーティストによって録音され、歌詞も付けられてボーカル曲としても親しまれています。誰のバージョンがいいのかなとちょっと考えましたが、やはりこのバンドだろうかということで、Art Farmer & Benny Golson Jazztetのバージョンで、ということにいたします。

1960年の2月に録音されたアルバム「Meet the Jazztet」に収められていますが、アート・ファーマーの柔らかく暖かな音色が、曲想にぴったりで短いながらもいい仕上がりになっています。「Jazztet」って、彼らの造語のようですが、トランペット、テナーサックス、トロンボーンという3管編成で、厚みのあるサウンドが聴けます。

このBenny Golsonという人、テナー奏者でもありますが、作曲・編曲の面でもいい仕事をたくさんしたようで、ジャズシーンから離れて、TVドラマの音楽を作っていた時期もあるんだそうです。でもサックスの演奏だけで見ても、なかなかいいプレイヤーじゃないでしょうか。この曲でもトロンボーンと作るハーモニーが主ですけど、存在感があります。

同じアルバムの中で聴けるソロは、バリッと吹きまくるハードな音で、面目躍如なんじゃないかな。アルバムとしても短めな曲が多くて、ソロをたっぷりと聴かせるというアプローチじゃないけど、アレンジの妙も発揮されていて、トータルとしていいできのアルバムだと思います。「I Remember Clifford」、月のきれいなこの季節にいい雰囲気の名曲なのではと思いますよ^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0