So-net無料ブログ作成

Pelikan Edelstein Sapphireを買いました^^ [万年筆]

発売された時から何年経っているのか覚えていませんが、とうとう手を出してしまいました^^;。Pelikan EdelsteinのSapphireです。もちろんずっと気にしてはいたんですが、いろいろ調べてみた限りでは、同じPelikanのRoyal Blueとかなり近い色合いで、Royal Blueがあれば事足りるのではないかと思ってましたからね。

でも違いがあることは確かだし、なにしろボトルのデザインがね^^;。インク・マニアの心をくすぐるのですよね。買うならSapphireというのは以前から決めていました。
pelikan_ink_01b.png

少し前に新しく仕入れたスキャナの色具合が、今ひとつ信用できない感じなんで、カメラで撮影しています。これも目で見た色合いとは少し違ってますけど^^;。比較のためにRoyal BlueとCaran d'AcheのBlue Skyも撮ってあります。
pelikan_ink_02b.png

できるだけ近い色合いになるように加工したんですが、モニタによっての色の違いもあって、必ずしも正確とは言いきれません。まぁWeb上のインクの色合いは大なり小なり不正確ですけれどね^^;。一応の目安ということで。やはりPelikanのふたつはかなり似た色合いなのは見て取れると思います。それに比べるとBlue Skyはやや明るい感じですね。

ボトルとしても引き合いに出されるのはCaran d'Acheなのでございます。ただし正面にはラベルが貼られているので背中側から。
pelikan_ink_03.jpg

こうやって見ると、改めてCaran d'Acheの底の厚さがよく分かります^^;。なにしろ30mlしか入っていないし。ペリカンは50mlです。ひとつ気がついたのはEdelsteinの箱の裏側に記された文字。「EXTRA SOFT INK」とありますが、「SOFT」ってなんでしょうね^^;。フローがスムース、と言う意味合いでの「ソフト」なのかな。よく分かりません。
pelikan_ink_04.jpg

とにかく手元に置いた時の気分は、かなりいい感じでございますが、インク好きなのか「インクボトル愛好」なのかは、なんとも言えなくなってきました^^;。ネットで物色していると、ボトルのデザインが気になるというのは、まんまとメーカーの策に乗せられているのかも^^;。まぁそれも悪くは無いな、と思うこのごろでございます^^;。

追記 2月17日:スキャナの取り込みの設定のノウハウを、なんとか確立できたので、改めて色のサンプルを上げておきます。やっぱりこちらの方が色がいいですね^^;。
pelikan_ink_sc_01.png

比較のためのPelikan Royal BlueとCaran d'AcheのBlue Skyも同じく改めて取り込んであります。
pelikan_ink_sc_02.png

書き忘れてましたが、いずれもボトルからのつけ書きですから、いわゆる「新鮮な」状態のインクの色で、使ったペンはいつものように、いずれもFaber-Castell Ambition Rhombus、ニブはMです。Edelsteinが彩度が高いこと、Caran d'Acheはやや明るいことが見て取れると思います。ペンの中でいわゆる「濃縮」が進むと、もっと落ち着いた(彩度が落ちて濃い)色合いになってきますけどね。ペリカンはその時の色まで計算して作ってるんじゃないかと思うくらいに、いい色になります。以上、追加でございました^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0