So-net無料ブログ作成

Let's Live for Today [音楽]

このところ動詞の入った(命令形の)タイトル、という繋がりで続けている「この1曲」シリーズですが、今回は今回は命令形ではなくなっちゃいました^^;。Grass Rootsの「Let's Live for Today」なんですが、いわゆる「Let's構文」ですね。この形って正式にはなんて言うんだろうって調べたら「使役構文」のひとつ、ということらしいです。中学以来の疑問がひとつ氷解^^;。

だってねぇ、その時の教師は「Let's構文」って言ってたんですよね。まぁ調べたら確かに使役です。Let usの省略ですからね。「我々に・・・・させる」が直訳で、慣用句なんで「・・・・しよう」と訳すのが普通なわけです。閑話休題。「Let's Live for Today」は1967年の5月にリリースされて、全米8位まで上がっています。スマッシュヒットですね^^。

この曲にはいろいろと話題があって、オリジナルはThe Rokesというイタリアで活動していた「イギリスのバンド」が1966年にリリースした(らしい)「Piangi Con' Me」という曲。歌詞はしっかりイタリア語^^;。Grass Rootsはこれをカバーしたわけで、これがそこそこのヒットになったわけです。このヒットがあってThe Rokesも英語バージョンを作ってリリースしたんだそうですよ。そりゃやるよね^^;。

さらに日本のザ・テンプターズが「今日を生きよう」というタイトルでカバーしています。直訳ですな^^;。最近になって同名の異曲が出ているようなんで、そっちの方が検索で出やすいかも知れませんが。いわゆるGS時代のカバーは、必ずしも本人たちの好みで選んだ曲とは限らなかったようです。系列会社の洋楽から雰囲気がマッチしたものを選んで歌わされる、といったケースも多かったみたいですね。

版権のこともあるんで系列の方が楽、ってのはあるかな。カーナビーツやジャガーズ(いずれもフィリップスのバンド)がデイヴ・ディー・グループ(これは日本だけでの略称ですが。Fontana Recordsに所属。日本ではフィリップスから発売)の歌をカバーしたりとかね。蘭Philipsももはや姿を消してしまいましたが。

ややこしいのは、「Let's Live for Today」のリフレインの部分(元歌にもありますが)はThe Driftersの「I Count the Tears」のリフからのほぼ「パクリ」^^;。リフ以外はまったく違う曲なんですがね。おいしいところだけ貰っちゃったという感じでしょうか。この手のことはよくあるんですよ、実は^^;。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0