So-net無料ブログ作成

「はっぴいえんどマスターピース」のこと^^ [音楽]

友人からメールが来て、暮れに買った「はっぴいえんどマスターピース」が、かなりいい感じだよ、とのこと。これは、はっぴいえんどの1枚目と2枚目のアルバムをそれぞれCDとアナログディスクに資料を付けて、ボックス仕様にしたものです。しかし、私としてはなぜ2枚だけなのかという疑問はありました。解散までにスタジオで制作したアルバムは3枚ありますからね。

いろいろな経緯があって、1枚目(通称「ゆでめん」)と2枚目(もちろん日本音楽史上名高い「風街ろまん」)はURCから、3枚目はベルウッドから出ていたので、そういう事情によるものだとは分かってますが。そしてサードについても、暮れにアナログ盤が発売されてはいるんですけどね。ただ、両レーベルの「温度差」みたいなものはありますね^^;。

サードはそれぞれのメンバーの曲を持ち寄った、あえて言っていいなら「寄せ集め」の内容。史上揺るぎのない名盤と言われている「風街」と比較しちゃいけないし^^;。もっとも「風街」だって1枚目の「ゆでめん」にしても、曲づくりの基本は大瀧さんと細野さんのそれぞれ個別のもの(「風街」とサードには鈴木さんの曲も、ですが)です。

ですがやっぱり「緊密度」というものが違っているんですよね。3枚聴けばおのずと分かる気はするけど。1枚目の持っている尖鋭感が、「風街」では適度にリラックスして完成度を増している。で、3枚目はさらにリラックスというか^^;。海外録音であったことも手伝ってか、いわゆる「音」という面では最高レベル。1枚目は4トラック、2枚目は8トラックで録音されましたが、3枚目に至って最新鋭の16トラックが使えたということだそうです。

だけど中身はなんとなく「オムニバス」アルバムな感じなんですよね^^;。結局何が言いたいのかというと、ありていに売り上げでは、恐らくサードが低いのではないか、と思われるのです^^;。なのでどうしても発売元の温度が低いという。私もサードのアナログだけだと手は出ませんね。

私としてはアナログ盤は完全にコレクターアイテムになっちゃいますから、手は出にくいかな。再生装置がね、ブランクがあるからカートリッジがたぶん劣化してるし^^;。でも新規マスタリングのCDと資料だけでも手元に置きたいかも知れません。ちょっと考えましょう^^;。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0