So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の7件 | -

歳の市を撮ってきました^^ [写真]

12月10日はO宮氷川神社の歳の市、通称「十日町(とおかまち)」です。そこそこ近くに住んでるのに(しかも仕事場はO宮なのに)、一度ものぞいてみたことは無かったな、と思ったので、今年は行って見ることにしました。概要や規模は知っていたんで、あまり混んでいないと思われる、日没の直後から午後6時過ぎぐらいまでの時間帯を目指しての出動です。いちばん混んでるのは、たぶん8時ごろなのかな。

駅を出て150mぐらいで、参道への近道となる斜めに進める道の入り口まで来ます。そこからはすでに屋台が多数出ていて賑やかです。まずは最初に目を止めた、ちょっと凶悪な顔つきの蛸の絵^^。
toka_machi_01.jpg

あんまり可愛くないなぁ、と思いつつも面白くてつい撮ってしまいました。続いては「版権」などは大丈夫なのかというキャンディー屋さんの店先。
toka_machi_02.jpg

大丈夫じゃない気がしてますが^^;。このお店は照明がLEDで、いわゆる「電球色」ではないために、色合いが日中と同じ感じになります。最近は白熱電球ではなくLEDを灯りに使っている屋台も多いんだけど、白色か電球色かは、半々ぐらいかやや電球色が多いかな、というところでしょうか。写真としては色温度の問題もありますが、そこはカメラ任せで^^;。お祭りには付き物の七味唐辛子の屋台もけっこう出てました。売れているのかな^^;。
toka_machi_03.jpg
toka_machi_04.jpg

やがて神社の境内に近くなってくると、真打ちと言うべきか飾り熊手のお店が多数営業しています。
toka_machi_05.jpg

私は知識が無いのだけど、熊手の装飾にもずいぶんと種類があって、それぞれのお店によってかなりデザインが違ってきます。
toka_machi_06.jpg

紅白の梅を模したと思われるものや、鯛や小判や招き猫などのいわゆる「縁起物尽くし」のデザイン。
toka_machi_07.jpg

そして「当世風」なんでしょうか、小ぶりの縫いぐるみの乗ってるものもあって、バラエティに富んでるなぁと思いました。
toka_machi_08.jpg

12月にしては暖かかった時季もありましたがこの日はけっこう寒く、私は午後6時を回ったあたりで引き上げてきたのでした。しばらくぶりに屋台なんぞを見て回ったので、知らない食物やら品物も多く楽しんで来ました。これから、12日には浦和の調神社を中心にした区域、15日には川口でも歳の市が開かれるそうです。そうそう撮影のデータは、ISO3200からISO6400でホワイトバランスはカメラ任せでした^^;。また機会があったら行ってみたいと思うけど、寒いのはやっぱり苦手です^^;。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

山手線の新駅の名前が決まったそうです [暮らし]

正式発表があったそうですね。その名も「高輪ゲートウェイ」だそうで、これにはちょっと驚かされました。長いのとカタカナ入りだということのふたつで。アンケートを取っていたそうなんですけど、結局そのアンケートの結果は特に踏まえず、ということのようです。社内では130位だったとか。まぁやはり日本の得意とする「トップダウン」で決まったのかな。

私は、みんながそれでいいと言うならかまいませんけどね。新駅に降りる機会も少ない気がするし。個人的には「芝浦」とか「北品川」あたりかな、とは思ってました。北品川は京浜急行に駅名として存在してるし、芝浦かなー、という感じでしたね。あと「芝浜」という名前もアンケートに上がっていたみたいで、それも悪くはないな、とも思っていたんですけどね。

おそらくは(想像を出ませんが)やはり「高輪」という「ブランド」を欲しがったのかなぁ、という気がします。「高輪への入口」という意味になりますけど、確かに入り口と言えなくもない位置ですね。SF好きとしては「ゲイトウエイ」シリーズという作品群を思い出してしまいます。1作目はヒューゴー、ネビュラ両賞受賞の人気作品ですね。

新駅の設計は隈研吾さんが行っているそうなんで、まあできた頃にでも見に行ってみようかな、と思ってます^^。駅名が浸透・定着するといいんですけど、どうなるのかなー^^;。

翌日の追記:「芝浜」はけっこう評判いいみたいですね。ただ地域的には少し位置がズレてるという話もあるようだけど。ごくシンプルに「高輪港南」みたいな無難な名前にしておけば、という意見も出ているとのこと。東京の某大学みたいに、何年かして「名前がなじまなかった」とか言って改名したりするかも知れませんね^^;。どうなりますかねぇ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いよいよJ1最終節 [スポーツ]

2月の末に開幕してからW杯による中断を挟みつつ長いシーズンを戦ってきたJ1が、いよいよ明日最終節を迎えます。各試合共に14:00キックオフ。すでに長崎と柏の2チームが降格となることは決まっており、例年であれば残り1チームが降格することになる、はずでした。

今シーズンのケースは、ややレアであるということになりますが、J2で4位に入ったFC町田がJ1ライセンスを持っていない、という事情によって、J2の3、4、6位のチームのトーナメントを行い、J1の16位チームが昇格プレーオフの勝ち抜けチームと、入れ替え戦を行います。今年からの新しいルールに基づいての「J1参入プレーオフ」となりました。

J1の16位チームとなる可能性があるのは、横浜F、磐田、湘南、鳥栖、名古屋の5チーム。33試合も戦ってきて、5チームがここにいるというのも、大変なことだとは思います。どこかで勝ち点を1点上積みしていれば、この争いには入らずに済んでいたはずなんですけどね。

勝ち点41に横浜Fと磐田、勝ち点40に湘南、鳥栖、名古屋ということなんですが、得失点を比べてみると磐田の-12がいちばん下ということになってしまい、仮に全チームが同勝ち点で並べば、もっとも不利なのは磐田ということになってしまいます。そうならないためにも、なんとしててでも引き分け以上に持ち込みたい、というのが磐田の目論見だということでしょう。

一方J2のプレーオフでは、すでに大宮の敗退が決まってしまい、2日に行われる横浜FCと東京ヴェルディの試合の勝者が、J1の16位チームと戦うことになります。いずれにしても、最後の最後まで厳しい試合を戦うことになった各チームの健闘を祈りたいと思います^^。

1日夕刻の追記:書いてしまうからいけなかったのでしょうか。それとも「言霊」のなせるわざなんでしょうか。J1の残留を争っていた5チームは、すべて勝ち点41で並んでしまい、磐田が16位となってJ2の昇格プレーオフの勝者と戦うことになりました。磐田は、一時リードを奪いながら追いつかれ、ロスタイムにオウンゴールで失点して敗れてしまったのでした。悔しさはひとしおとも思いますが、気を取り直して次戦を戦って欲しいものです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

左利きの指揮者 [音楽]

左利きというか、左振りってことになるわけですけど、指揮棒を左手に持って振る指揮者のことですね。先日からちょっと調べたいことがあって、あちこちのぞいていたら、大阪の高校の吹奏楽部の顧問の先生が、左振りだってことに気づいたわけです。その方面ではかなりの有名校ですし、野球も大変な強豪。なんて書くと名前を伏せる意味は無くなりますけど^^;。

私としては知っていた「左振り」は、シベリウスの交響曲の指揮で大変有名な、パーヴォ・ベルグルンドさんぐらいでした。シベリウスの交響曲全集を3回完成したことで知られています(全部持ってます^^。これ、ちょっと自慢してます^^;)。

クラシック音楽の世界では、基本的に「左利き」を認めないと言うか、すべての楽器は右利きを基本として演奏されることを前提に作られています。フレンチホルンのようにピストンを左手で操作するのは例外に近いことになります。これはピストンが発明される前に、右手を楽器のベルに(朝顔のような広がってる部分のことですね)差し込んで、音程の調節などをしていたから。

ワーグナーチューバという楽器も左手でピストンを操作しますが、これはホルン奏者が持ち替えて演奏することを前提にした楽器だから。よく見ると、ユーフォニアムなどの形とは違った、不思議なレイアウトになっているのが判ります。ブルックナーの交響曲やワーグナーの(後期の)作品などの演奏時に見ることができます。

閑話休題。考えるに左手で指揮棒を振る場合に、四拍をどういう振り方にするのか、というのは問題になるんじゃないか、と思うわけです。1拍めを縦に振り下ろすのは同じとして、次の拍をどっちに振るのか。具体的には、普通の右利きの人だと上から右斜め下へ、つまり体の外側に出るように振って、のちに左へそして右上に斜めに行って四拍を振り終えるわけです。

まぁプロの指揮者の場合は、明確に三角の形が見えるように振る人は少数な気もしますが^^;。実演で知っている限りでは、秋山和慶さんの振りは大変きれいに三角が見える感じがして、オーケストラの指揮者のうちでは珍しいくらいに振りが明瞭に見て取れるように思います。

先ほどの高校の顧問の先生もベルグルンドさんも、動画サイトで見ていても、振り方がどうやっているのかはちょっと分かりにくく、2拍めの手がどっちに降りてるのか、判別はできませんでした。ほかには左で振ってる人っていないのかな、と少し探していたらクリスティーナ・ポスカ(Kristiina Poska)というお方を発見^^。女性の指揮者です。1978年、エストニア生まれ。

この人がねぇ、左で振って振り方が右とは逆なんですよ。すなわち2拍めは左下に降りてから右へ行く。まぁ右利きと線対称なんですけどね。体の外側に向かって降りて、という動作としては同じですね。私が心配になるのは、オーケストラの奏者の皆さんはまごつかないかな、ところなんですよね。まぁ慣れちゃえばいいことなんでしょうから、余計なお世話な気もしますが。

オーケストラの楽器奏者だと、それぞれのパートで一緒に演奏するという観点からは、楽器を逆に構えるということはほぼ不可能でしょうね。フルートなんかは構造的に不可だし。弦楽器もそうでしょうね。ポール・マッカートニーさんなんかの例は、稀有な例外だと言えますが、楽器を習得し始めた時に左で弾き続けようとするのは、それなりの意思を必要としそうです。

指揮者はただひとり指揮台に立っているわけで、左で振ること自体は難しくはないんでしょうけどね。でもやっぱりかなりの例外的存在であることは確かです。プロの指揮者の場合は特に、いろんな楽団で指揮する機会が多いわけで、オケの側でも多少は苦労しそうですしね。もし実演とかで見かける機会があったら、稀有な例を目の当たりにしている、ということになりますね^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新しい眼鏡を作りました^^ [暮らし]

先日眼鏡を新調しました。「新調」とは言っても、今まで使ってたのと併用するんで、まぁ気分で使い分ける感じですかね。私の目はちょっと度数が独特で、左は素通しのレンズが入ります。右は近視プラスちょっと乱視というものですが、眼鏡屋さんにとっては素通しの分は安上がりのはずなのかなー、とか思います^^;。
glasses_01.jpg

安売りチェーンとして有名な「Z」というお店で作ったんですが(画像を見ればイニシャルにする意味無いけど^^;)、薄型レンズに、とかハードコーティングとかのオプションのお薦めを振り切って^^;、標準のレンズで安く仕上げる、という「儲からないお客」でございます^^。眼鏡のでき具合は、特に不都合も無くなかなかの使い心地で満足してます^^。使っていくうちに耐久性に問題が出なければ、すごくいいお買い物ができたかな、と思います^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一の酉 [季節]

本日は「一の酉」なんだそうです。ずいぶん早ぇな、いきなりかい。11月に入った途端だからね。寒さもまだまだ深まってはいないし、まだ「酉の気分」には早い気もするけど、今年もいよいよ暮れに向かってる、てことですかな^^。早いよね、月日は。

いきなり一の酉ということは、当然今年は三の酉まであるわけで、そういう年は火事も多いという言い伝えもあります。だんだん慌ただしくなる時季だけど、火の用心は忘れずに^^;。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

埼玉の夕刻に虹 [季節]

埼玉中央部は午後4時前ぐらいに暗くなって、雨が降りだしました。少しやんだかなと思っていたら、東の空に虹。
rainbow_01.jpg
rainbow_02.jpg

色数がかなりきちんと見えてるので、見映えがしますね。ちょっと久しぶりに見た気もします。やっぱりいいですね、気持ちが洗われるようで^^。
タグ: 通り雨
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の7件 | -