So-net無料ブログ作成
前の7件 | -

Faber-Castell WRITinkを買いました^^ [万年筆]

このところインクや使っていなかった万年筆の、点検と試し書きを少しやっているんですが、ついでにあちこちのサイトをのぞいていると、見たことのない製品に出会いました。Faber-Castellというメーカーは、高級ブランドも別に持っているのですが、一方最近ではローコストの万年筆にも展開しているように思います。その中のひとつ、「WRITink」を買ってしまいました。つい思わずポチっと^^;。

名前の由来が本社サイトにも見当たらないので、想像の域を出ないのですが、writeとinkをプラスして、かつ「writing」ともかけた造語のような気がします。なにやら「指紋」のデザインがコンセプトのようで、外側のスリーブにでっかくプリントされています。
writink_01.jpg

内側の箱は、ごく地味な色合いとロゴが入っているだけのシンプルさで、スリーブとは対照的^^;。
writink_02.jpg

色はブルーにしてみましたが、軸にも指紋のデザインが浮き出しプリントになっています。分りにくいかな。
writink_03.jpg

キャップは黒で、軸と共に樹脂製で、全体の重量としてはかなり軽めの仕上がりです。ニブはFにしてみたのですが、個人的にはちょっと細いかな^^;。このメーカーのニブは、国産万年筆ほどではないにしても、けっこうきちんと太さが設定されています。たとえばLamyだとFでも、国産Mより太いかも、なんてこともありますけど^^;。えーとスチールニブの場合の話。Lamyの18金ニブは入手してないので^^;。

閑話休題、このペンはスチールの黒いニブです。模様が分りにくいので、かなり画像の明度を上げてあります。
writink_04.jpg

手元のFaber-Castellの製品は、ほかにAmbition RhombusBASICのふたつがありますが(その記事にリンクしておきました)、それぞれのニブとは少し模様に違いがあって、どうやら違うラインのニブのようです。やっぱりローコストの製品ってことなのかな^^;。なにしろ送料も含めて、18.41英ポンドですからね。2,600円ぐらい。

試し書きもしてみましたが、ボトルからの「つけ書き」で、書いた感じが分りやすいようにPelikan Royal Blueを使ってみました。細いのとちょっとフローが渋めで、かなり薄い色に感じます。なので濃いめの色合いのPrivate ReserveのElectric DC Blueも書いてみました。
writink_05.jpg

相変わらずの乱筆はどうかご容赦^^;。あー、Castellの綴り間違ってるなぁ。最後のLがひとつしかない^^;。とにかくこのペンは、日本国内であちこち探してみたんですが、どうやら国内には入ってきてはいないみたいです。Gripというやはりローコストなものは、いくつかのお店で見られるんですが。ということで、イングランド東部の「例のお店」で買えたのはちょっとラッキーな気もします。今見に行ってみたらブルーは売り切れてるし^^;。なので一応ホワイトのページにリンクを貼っておきますね^^。
こちらです。
なにしろローコストということもあるのか、キャップの嵌合がなんだかスムースじゃない、とか余りに軽量級でこのメーカーぽくないとか、ちょっと不満もあるのですが、しばらくは使ってみようかなと思っています。国内のお店で、GripのMかBあたりを買ってみようかな、とも思い始めていますが、どうなりますでしょうか^^。

追記:そうそう、書き忘れましたがコンバータもインクカートリッジも付属してません。ただ軸を回すと空のショートのカートリッジが1本入ってました。きちんと適合するヤツ。メーカーで入れてあるのか、お店で入れてくれたのかは分からないんですけど^^;。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

艦これ プレイ日誌:報告39回目 鉄底海峡遙かに [ゲーム]

艦これこと艦隊これくしょんのプレイ日誌も39回め。1月に家を空ける期間があったり、その後もすこしバタバタしていたりで、「2019年冬イベント」のリポートができないままでいました。1月18日でイベントは終了していますが、それ以前に家を空けることが分かっていたために、1月8日には冬イベントは終えていました。ひと月も前に終えていたことになりますが、とにもかくにもリポートはしておかなけりゃ、ということで記録として書いておこうと思います^^;。

その前に昨年の暮れに「仮」の手続きをした艦娘さんがいらっしゃいますので、そのご報告から。
kan_col_39_01.jpg

利根さんに手続きしてしまってから気づいたんだけど、ちょうどクリスマス・シーズンだったことで、利根さんも筑摩さんも、ご覧の通りコスプレのままでの「お式」になってしまいました^^;。もうおふた方はふだんのままですけど。

さて、いきなりですがE1のエンディングです。
kan_col_39_02.jpg

今次作戦は三段階ではあったんですけど、中身はすべてふたつのパートに分かれていましたし、ルートを作るための出撃なんかもあって、実際のところは6.5パート、という感じでした。それでもE1は乙作戦でしたが速やかに進行しました。日数が限られることが分かっていたので、E2とE3は丙でしたけどね。まずは無事に峯雲さんが着任となりました。
kan_col_39_03.jpg

ご縁の深い皆さんたちとの記念撮影です。
kan_col_39_04.jpg

なんだかおっとりとした表情が印象的ですね。続いてただちにE2へ突入開始となりましたが、新年気分もそこそこに三が日もプレイを続けます^^;。突入して何回めかであっと驚く涼月さんがご着任。
kan_col_39_05.jpg

お名前通りの涼やかな美貌の持ち主でいらっしゃいます。実装からは1年余りを経てのご着任で、私としては嬉しくて満足してしまったような感じになっちゃいました。とにかく同型の皆さんも含めての着任記念撮影です。
kan_col_39_06.jpg

潮さんが入っているのは、駆逐艦筆頭ということで。そしてE2もフィニッシュを迎えます。
kan_col_39_07.jpg

ラストは中破の状態ながら衣笠さんであったかと思います。記憶がちょっと曖昧^^;。そしていよいよ激戦となったE3へ。後半のボス戦では連合艦隊で一航戦と二航戦の組み合わせでフル出動という、私個人としては初めての編成となりました。そのさなか、赤城さん、加賀さん、蒼龍さんが損傷し、飛龍さんが健在で反撃を期すという、聞いたことのあるような局面が起こったりもしました。
kan_col_39_08.jpg

ただ、編成した戦力に余裕があったこともあり、思っていたよりは遙かに早く最終局面にたどりつくことができました。フィニッシュを決めてくれたのは妙高さんです。画像がいいタイミングで撮れてます^^。
kan_col_39_09.jpg

こういう時の妙高さんって、本当に頼りになるんですよね。そして無事に日進さんがご着任となりました。
kan_col_39_10.jpg

衣装といい喋り口調といい、なかなかのユニークさを発揮していると思います。水上機母艦の皆さんと記念の撮影です。みんなあんまり育ててないなぁ^^;。
kan_col_39_11.jpg

どうしても水上機母艦という局面にぶつかっていないこともあって育てられないんですよね。これは言い訳です^^;。

今回の作戦は、何しろ持ち時間が少ないことは分かっていたので、全力で駈け抜けた感じでした。実際のところ1月7日の時点で、作戦海域は突破し終えていました。9日からは家を空けることが分かっていたので、短い時間でしたがいわゆる「掘り」にも出撃しましたが、残念ながら着任を見ることはできませんでした。せっかくのチャンスなんで、照月さんを狙っての出撃を繰り返したんですが、不首尾に終わりました。

作戦を通じて、全艦無事に終えられたことは何よりだったと思います。今回のMVPは、まずE3の最終局面で遺憾なく力を発揮してくれた嵐さんと萩風さんの両名。同じくE3での連合艦隊で、その真価を発揮してくれた一航戦と二航戦の各艦娘の皆さん達、赤城さん、加賀さん、蒼龍さん、飛龍さん。いずれも見事であったと思います。着任を見たのは3名ということで、私としては少し寂しい気はしますが、まずは次の作戦を待ちたいと思います。ご閲覧ありがとうございます^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大坂なおみさん、優勝おめでとう^^ [スポーツ]

何かとてつもないことが起きたなぁ、というのが偽らざるところですね。2セットめの終わりに集中を切らしかけて取られちゃったときは、正直厳しいかも知れんな、とも思いましたがね。3セットめに入ってからは、ブレークひとつで押し切ったあたり、終盤の落ち着きも含めてたいしたものだと思います。

とにかく、とにかく、大坂なおみさん優勝おめでとう。授賞式のスピーチもチャーミングだったよね^^。重くてカップをそばの机に置いちゃうとか、あなたらしくて最高です^^。
naomi_win.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アジアカップ2019、始まりましたね^^ [スポーツ]

いきなりオーストラリアが負けたりと、ちょっと波乱含みの始まりでしょうか。我らが日本代表も攻撃の中軸を担っていた中島選手が、負傷のために離脱するなど、こちらもちょっと想定外の状況です。追加招集の乾は、中島とは少しタイプが違っているような気もするし、ポジションもどうなるのかな、というのは1戦めの心配ごとではあります。

もっとも決定力という点はあまり心配しなくていいかな、とも思います。ツボでボールを受けたときの乾は、落ち着いたシュートを打ててましたからね、ワールドカップで。2得点の1点めはカーブをかけ、2点めは無回転、というように瞬時に判断してゴールを奪っています。見ていて「この位置なら乾」と思えるエリアがあるので、うまくボールの受け渡しがいけば、得点チャンスは多いと思います。いずれにせよ、1戦めが楽しみですね^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

明けましておめでとうございます [季節]

新しい年が明けました。おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
毎年のことではありますが、今年の年賀の画像です。例年通り、イラストとレイアウトはカミさん、PC取り込みや文字デザインと仕上げは私です^^。
nenga_2019.jpg

皆さんにとって今年がいい年でありますように。これから寒さも続きますが、どうかご自愛のほど^^。
タグ:新年 年賀 2019
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Pressed Rat and Warthog [音楽]

今回の「この1曲」は、来年の干支にちなんだこの曲です。と言うか、欧米ロック、ポップスに曲の数は満天の星ほどもありますが、タイトルに「イノシシ」が入ってる曲は、おそらくこの曲だけ。空前絶後、唯一無二。まぁ「来年の干支」というテーマでこの曲を紹介できるのも、今年の年末というチャンスを逃すと、あと12年待つことになってしまいます^^;。

なので、このシリーズはひと組のアーティストは1曲のみの登場とする、という原則を立てておりますが(そして「ほぼ」守ってきておりますが)、ここはCreamに2度めの登場をお願いすることにいたします。なにしろ「この1曲」シリーズの最初期にCreamがいますからねぇ。でも曲名もさることながら、こういう構成と言うか造りの曲も、そうそうは見かけないですよね。

このグループの3枚めのアルバムにあたる「Wheels of Fire(スタジオ録音とライブの2枚組)」の、スタジオ盤の方のB面1曲めに、この曲が収められています。あ、もちろんアナログ盤での話で、CDなら5曲め。Ginger Baker, Mike Taylorの共同で作られた、とクレジットされています。Mike Taylorさんはピアニストらしいですね。とにかくバンドの演奏の上に「語り」が乗っかって、詞は三連まで「語られた」のちに、インストの音が盛り上がりつつフェードアウトするという構成です。

詞の英文を見ても内容は非常に解りにくくて、まぁある種の「象徴詩」なのかなとも思いますけど、「幻覚的な夢を思い出して書いた」とか言われれば、はいそうですかという感じ^^;。邦題は「ねずみといのしし」で、さ来年の干支のねずみも含まれてますが、ねずみをタイトルにした曲はそれなりにありますから、この曲のイノシシほどには希少ではありませんね^^;。

あ、ちなみに正確には「Warthog」は「イボイノシシ」のことだそうで、我々が普通「イノシシ」と呼んでいる種とは、ちがう種類の動物です。イボイノシシの分布はほぼアフリカの南側の地域に限られますが、イノシシはユーラシア大陸からオセアニアの一部と北米の一部、そしてアフリカの北部となります(人が持ち込んだ地域も含まれているようですが)。まぁこの際多少の生物学的齟齬は振り捨てて^^;。なにしろ曲名として存在するのは、たぶんこの1曲だけですからね。

さて、そういうわけで今年も暮れようとしていますが、関東では暖かな日々を楽しんでいた12月前半がウソのような、寒々とした日々が続いています。少し寒さがゆるむ日も来るようですが、なにしろ寒さは続きますから、体調にはお気をつけてお過ごしくださいね。どうか良いお年をお迎えください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

藤田淑子さんが亡くなりました [ひと]

声優の藤田淑子さんが28日に亡くなった、というニュースが入ってきました。「一休さんやキテレツなど」を演じて、という紹介がされています。私としては初期の「トムとジェリー」のジェリーの声が記憶に残っています。第1期めの「鉄腕アトム」でも、一時清水マリさんの産休中だったかのあいだ、代役を務められていたようです。

声優として演じられていたのは、どちらかと言えば「少年声」、しかも低めの声ではなくて、わりに高い方の声域を持っていらっしゃいました。若々しい、と言うのもちょっと変かも知れませんが、声変わりがまだ済んでいない、という風情の少年の声を感じさせてくれました。その点、やや低めの声で演じる野沢雅子さんや田中真弓さん、最近では三瓶由布子さんや田村睦心さんたちの「少年」の声とは少し違った、やや中性的な味わいもあったと思います。

数年前から体調を崩されて、療養を続けていらしたとのことですが、比較的若いと言っていい年齢で亡くなられてしまいました。2018年12月28日、満68歳没。心よりご冥福をお祈りいたします。どうか安らかに。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の7件 | -