So-net無料ブログ作成
検索選択

けものフレンズ、第10話まで^^ [アニメ]

今期のアニメの中では、きちんと見ていると言えば「けものフレンズ」なんですが、当初は3Dアニメということを聞いて二の足を踏んでいた作品でした^^;。ただ公式サイトのキャストの膨大な出演者の数とかを見ていて、どういう作品なのかなとは思ってました。あ、例のごとく作品そのものへの事前の知識はほぼありませんでしたけどね。

まぁ3話あたりまでたまったら見始めるつもりでいたら、なんだかネットでざわざわしているらしい、というウワサが少し耳に入ってきて、それからあとは見始めるまではなるべく情報は遮断しておこうとしてました。1話めが、予想以上にのんびりとした雰囲気で、どうしたものかなと思いながらも見続けてましたが、けっこう楽しめています。

なんとなく「子供向け」アニメを見てるみたいな気分にはさせられましたが。一方で登場キャラクターたちのことについては、いろいろ考えることもありました。たとえばかばんちゃんは、見ている我々からは明らかに「ヒト」であることは、1話めから分かっているんですけど、作中ではどんな「フレンズ」なのかが探求される対象になっています。ヒトなんですけどね^^;。

我々ヒトが、自分自身を「ヒト」として認識するのは、どういう状況なのか(年齢や環境など)とも考えました。一方で「サーバルだよ」と、いきなり自己紹介できる、という自己認識はどのようにして生じているのか。そもそも作品の世界は、どのような存在なのか。1話めからいろいろと考えることになってしまいました。

そういう考えが正しいのかどうかを確かめるために見ていた、という気もしてはいるんだけど。わりに早い話数で、「ツチノコ」まで登場してきたので、まぁなんでもありなのかとは思いました^^;。ツチノコが「絶滅」なんて言葉をさらっと口に出したので、「この世界は滅亡した地球から生命体を少しずつ残らず移した「箱船」なんじゃないだろうか」とも考えました。

誰がそうしたのか、と言うと「人類が知らない叡智を持った存在」が行った、ということになるんだけど。まぁSF的思考ですね。ヒトをヒトとして認識しているフレンズも登場してくるので、ある時期まではヒトとの接触はあったようだ、とも思いました。またペンギンたちが「初代、2代目」のグループがあったと言っていたので、この世界の「生と死」は、どのような認識のされ方をしているのかな、とも考えたりしました。

お話としては、のんびりとしたテンポで進んでいくんだけど、あちこちでかばんちゃんが「ヒト」としての知恵を発揮していく、というあたりはやはり「子供向け」アニメ風かなぁ、とも思ってました^^;。毎回のゲスト声優さんたちがなかなか楽しめましたね。小林ゆうさんの「怪演」ぶりとか、ガルパン劇場版のキャスト同士の下地紫野さんと大空直美さんとか。このふたりは、ガルパンの中では直接の会話はしてはいないんだけど。

作中でマーゲイとかスナネコとか、けっこう猫族が多くでてくるんで、スタッフに猫好きがいるのかなとも思ったり。わりとマニアックなチョイスだしね。まぁ寒冷地に舞台が移動してきたら、キツネやオオカミも登場したので、ああなるほど地域による住み分けってことなのかな、とちょっと納得もしました。

とにかく10話めまで来て、残りの2話でストーリーの結末が語られるのかな、というところも見えてきていますが、果たしてどんな展開と決着が待っているのか、見届けたいと思います。かばんちゃんがヒトとしての認識を確立できるのか、あるいは「2期」も作れるような、少し含みを残したラストになるのかも、ちょっと注目しています^^;。どうなりますでしょうか^^。

追記:これもわりとさらっと言及されていることなんだけど、「サンドスターが、動物や「動物だったもの」に触れると、フレンズが生まれるんだ」と語られています。かばんちゃんがどのようにしてやって来たのか、ということについての悲しい想像が、私の心に頭をもたげてきていて、どうしようかとも思います。最終話でそのあたりが語られるのか、また「穴の空いた帽子」の謎は語られるのか。それこそドキドキしながら最終回を待っている状況なのでございます。

Ride My See-Saw [音楽]

タイトルに人称代名詞の入っている曲、という繋がりでこのところ続けている「この1曲」シリーズですが、今回はThe Moody Bluesの「Ride My See-Saw」です。1968年の7月にリリースされた彼らの3枚めのアルバム「In Search of the Lost Chord」からの2枚めのシングルです。

アルバムは全英5位とまずまずのヒットになりましたが、この曲は全英では42位までと、ヒットと言うほどのところまでは行きませんでした。ムーディ・ブルースというバンド名を聞いて思い浮かべるイメージとは、ちょっとかけ離れた感じのコーラスのきれいな曲です。この曲で彼らを代表させちゃっていいものかは、少し考えたんですけどね。

歌詞を読んでも何だかよく意味の取れない内容なんですが、もしかしたら裏の意味があるのかも知れませんね。あんまり考えずにサウンドを楽しむことにしてます^^;。ムーディ・ブルースは、この時期からアルバムのヒットが続くようになり、プログレッシブ・ロックと言われるジャンルでの地位を確立していきます。

ところが70年代の後半からは、サウンドを変化させて、いわゆるプログレからは離れていくようなサウンドを作るようになっていきます。この頃から本国イギリスでの人気よりも、むしろアメリカでの人気とセールスが上回っている、という状況になっていくという変遷をたどります。現在も活動は続いていますが、アルバムは2003年を最後に発売されていません。日本での知名度はやや低いものの、息の長い活動を続けるバンドではありますね^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Lamy SafariとAl-starの2017年新色^^ [万年筆]

当サイトとしては相変わらず、特に情報としては早くありませんが、今年もLamy SafariとAl-starの2017年の新色が発表されています^^。まずはサファリから。
lamy_safari_2017.jpg

少し青味の入ったかなり彩度を抑えた濃厚なグリーンで、ペン軸の表面はつやの無い梨地で仕上げてあるようです。どうやら同色のインクも一緒に出す、という戦術は今年も続いているようで、ボトルとカートリッジの同色インクが発売されるとのことです。色の名は「Petrol(ぺトロール)」と銘打たれているようですが、これまた今年も日本ではピンと来ない感じの色名でございます^^;。

アルスターはPacificと名付けられていますが、こちらは日本でも耳に馴染んだ単語なので分かりやすいかな^^;。
lamy_alstar_2017.jpg
こちらは緑の入ったブルーですが、かなり明るい色に仕上がっているようです。青と緑の中間的な色(青寄り)と言っていいでしょうか。どうやら同名のインクも発売されるようで、明るく澄んだ色合いのブルー(やはり緑味が入ります)ですね。

私としてはどうするかちょっと考えていますが、どっちかと言えばAl-starの色の方が好みに近い気がします。発売してもしばらくは買えそうですし、少し経っても大丈夫だとたかを括って、現物をどっかで見てから買うなら買おう、というスタンスでいるところです^^;。どっちにしても早く現物は見てみたいですね^^。

御一行1000人様御宿泊 [ひと]

1000人ぐらい、と言うことのようなんですけどね。はっきり何人と発表があるわけでも無いらしいので。まぁ憶測に近いものを無責任に書いてしまいますが、都内のホテルには御一行様およそ1000人が3泊4日でご滞在とのことのようです。ホテルも一か所じゃ足りないでしょうから、分宿ってことなんでしょうね。

移動のためにハイヤーなども確保してあるのだそうで、相当な額の出費になるようです。どっちが持つのか、折半なのかという下世話な話はさておき、受け入れる側もいろいろ大変でしょうね。お国柄もあるので、恐らく大部分の随員は男性であろう、というのはいくらか気楽なのかも。

もうひとつお国柄ということで、食べてはいけない食物などには気を使いそうです。もっともホテルは慣れてるんだろうな、そのあたり。いずれにせよ15日までの予定ということらしいので、都内各所は交通規制や警戒もありそうです。もしかしたら秋葉原あたりに買い物に来たりもするんだろうか。とすれば離日前日の14日とかはありそうな日なんだけど^^;。

春は曙 [暮らし]

冬よりも早く曙を見ることができるから「春は曙」。そういう季節にやっとなってきた、近づいてきた、という意味がこもっているのだ、と私は思っています。共に暮らし歌を詠んだりお喋りをしながら過ごす夜も、明ける時となればお開きになる、そんな時刻がやって来るのが早まって、春が近づき冬が去っていくのだ、と。

そんな暮らしをしていた平安の頃も、今の私たちも、春が来るのは楽しいものです。体も楽になるし^^。夏になればなったで、それなりに困るのも確かなんだけど、それでも寒いよりはいいんじゃないか、と寒さの中では思ってしまうのです、やはり。もうあと少しなんですけどねぇ^^。春は近し^^。
タグ:春近し

You've Got Your Troubles [音楽]

「ザ・フォーチュンズ」という名前を最初に聞いたときには、なかなか洒落たというかある意味願望のこもったバンド名なのかな、と思ってました。確かにデビューからしばらくののちには大ヒットが出るんですが、そのあとは続けてはさほど大きなヒットに恵まれず、大ブレイクとまでは行かなかった感じです。バンド名の願いが届いたのは中くらいまでってとこでしょうか。

今回の「この1曲」シリーズは、この「幸運」という言葉ををバンド名にしたFortunesの大ヒット「You've Got Your Troubles」です。1965年8月にリリースされて、全英で2位、全米でも7位というかなりのヒットとなりました。メロディラインとコーラスのきれいな、スマートな曲という感じで、前奏と間奏の軽い音色のトランペットも含め、ちょっとバカラック・サウンドを連想させます。

さほどのヒットには、と書きましたけどメンバーチェンジののち、1971年には「Here Comes That Rainy Day Feeling Again」が全米15位まで上がるスマッシュヒットになっています。なぜか本国イギリスでは50位にも入らないのですが、こっちの曲の方が日本では知られているような気もしますね。アメリカで流行ると日本でもヒットするのは確かだと思います。

このバンドもご多分に漏れず、メンバーの変遷を繰り返しており、結成ののちデビューした時のメンバーだった5人は脱退したり亡くなったりして、現在のバンドにはひとりも残ってはいません。活動そのものは「ザ・フォーチュンズ」として続いていて、ライブを行っているとのことです。60年代に数多くデビューしたイギリスのバンドのうちでは、「細く長く」かも知れませんがとにかく現在も健在、というバンドです^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

春なのに寒い^^; [季節]

まだ春ではない、ということなのかも知れませんね。こんなに寒くなるとは思っていなかったのですが、まだ3月の初旬なんだから、油断してはいけないという戒めなのかな。体の方はいったん緩みかけていましたから、こういう感じでの寒さの戻りはこたえます。まだ今ごろだと「寒の戻り」ということばはふさわしくはない気もしますが。

毎年のことのように季節の変わり目には、似たような感想がありますが、こればっかりはいたしかたありません。実際少し暖かい日々があったにもかかわらず、また寒さが到来するのもやはり毎年のことなんでしょうね。人間都合の良くないことは、つい忘れてしまいます。ここで体調を崩したりしてはたまらないので、皆さんもどうかご用心^^。