So-net無料ブログ作成
検索選択

ご近所の桜2017 第一報 まだやっとこさ二分咲きぐらいってとこかな^^ [季節]

今年も桜の季節がやってきました。我が家近くの公園で、1本だけほかよりも早めに花が咲く桜の木。この木が今年もいちばんに咲き始め、そしてなんとか二分咲きまできた感じです。
sakura_2017_01b.jpg

開花の直後から気温がやや低めに推移して、咲いたは咲いたけどほとんど花芽のままでいる、という状況でした。きのうと今日とで、どうやら少し花がまとまってきたので、第一報ということで。29日午後2時50分ごろの撮影です。花の季節は短くて、というのは毎年のことなんですが、今年は「やや長い」という感じになりそうですね^^。

我が家周辺も開花宣言^^ [季節]

東京は21日に開花宣言が出て、いよいよ桜の季節にやってきました。我が家周辺でも近所の公園の桜の「標準木」(と勝手に我が家で決めている)が、23日の昼過ぎの確認で5、6輪咲いていました^^。ほんとにこの木だけは早いんですよね、咲くの。というわけで開花^^。

開花後の気温がやや低めに推移するようで、開花してから満開までは通常よりも時間がかかって10日間前後だろうという予想も出ています。つまり東京は月末ぐらい、我が家周辺でも4月の2日か3日ごろが満開になるだろう、というわけです。半分ぐらい咲いてればかなり見映えもしますから、あと数日でお花見が楽しめる感じになりそうですね。いよいよ春ですね^^。

ご近所の桜情報^^ [季節]

今年もこの季節がやってきたのだなぁという感慨のある、桜の花を気にする頃となってまいりました^^。今年はどうなるのかな、と考えるだけでもちょっと幸せは感じますね。我が家近くの公園の桜の木も、なんとなく花芽が少し色を帯びてきているように見えます。春を実感できる現象のひとつです。

この公園の桜、全部で5本植えられているのですが、中では1本だけほかの木よりもおおむね1日かふつか早く花が咲きます。毎年のことなんで、この木が早いというのは統計的にも間違いのないことなのですよ。理由ははっきりしないんですけどね。

ひとつの仮説というか、想像の域は出ませんが、もしかしたらこの1本だけ祖先が違うんじゃないでしょうか。ソメイヨシノは挿し木で殖えるので、すべての木が一種のクローンだという話を聞いたことがあります。すべてがそうだとしても、どこの親木から枝を取って挿し木にしたのかで、咲く時期が違うのかも、という仮説(または想像)です。

つまり早く咲く1本は、湘南かどこかの暖かい地域のソメイヨシノの枝を運んできた。そのほかの(5本のうちの残りの4本)木は、どこかもう少しだけ気温の低めの、たとえば埼玉県の北の地域からやってきたのではないだろうか^^;。だから1本だけ祖先の記憶から、早めに花を咲かせるのである、と。

「樹木の種族記憶って何?」とか言われるとぐぅの音も出ませんが。まぁひとつの想像です^^;。土壌も日当たりもおんなじだろうと思えるので、こんな考えが持ち上がってくるのですよね。果たして本当にそんなことが起こり得るのかは、何とも言えませんけど。とにかくこのいちばん早く花を咲かせる木に数輪の花が開けば、我が家周辺の開花宣言となります。あ、もちろん我が家で勝手にそう宣言して楽しんでるんですよ、はい^^。もうすぐです^^。

春なのに寒い^^; [季節]

まだ春ではない、ということなのかも知れませんね。こんなに寒くなるとは思っていなかったのですが、まだ3月の初旬なんだから、油断してはいけないという戒めなのかな。体の方はいったん緩みかけていましたから、こういう感じでの寒さの戻りはこたえます。まだ今ごろだと「寒の戻り」ということばはふさわしくはない気もしますが。

毎年のことのように季節の変わり目には、似たような感想がありますが、こればっかりはいたしかたありません。実際少し暖かい日々があったにもかかわらず、また寒さが到来するのもやはり毎年のことなんでしょうね。人間都合の良くないことは、つい忘れてしまいます。ここで体調を崩したりしてはたまらないので、皆さんもどうかご用心^^。

3月の雨 [季節]

乾燥しきった冬もようやく雨らしい雨が降ってきています。あ、これは特に埼玉での話で、関東でもほかの都県は、少し降った日も1日かふつかあったみたいですけど。埼玉は弱い雲だと山梨の山地に雨を降りつくしてしまって、埼玉はほとんど降らないということが起こります。ほかの関東各都県は全部雨なのに埼玉だけは曇りだったりとか。

「April Shower」という言葉がありますけど、「春のにわか雨」という意味なんだそうです。文字通り「4月の雨」と考えても、欧州で柔らかい雨が感じられるようになるのは4月ごろからだと思えば、なるほど関東の3月の気候と欧州の4月の気候が、かなり近いものなんじゃないかと思います。もっとも気圧の配置によっては、雪になったりもしますから、「柔らかい雨」なんて言ってられなくなっちゃいますけどね^^;。春も近いですね^^。

埼玉の雨の予報は空振り^^; [季節]

何しろ1月9日だったかに降って以来、埼玉には雨が降っていないらしくて、もう4週間近く降水ゼロということになります。雨が続けば困ることもあるんですが、降らないとなればそれはそれでやっぱりちょっと^^;。久しぶりの雨になるのかという予報でしたが、結局埼玉県はあんまり降らなかったみたいです。

少なくとも我が家の周辺では曇っただけというお天気でした。関東でも神奈川や東京は降ったみたいなんですけどね。雲の移動の方向にもよりますが、山梨の山地の上で雲が雨を降らせ、その雲は水分が減ったまま埼玉へやって来るということが、時おり起こります。今回もそういう雲の動きだったってことでしょうね。節分と立春も過ぎて、「ひと雨ごとに春」とか言いたいんですけどね。雨は空振り^^;。
タグ:節分 立春 2月

今年もひと月が過ぎて行きます [季節]

1月も早くも月末で、2月に入ろうとしています。暦の上ではすぐに節分と立春という、春の扉を開く日がやって来ますが、なかなかどうしてここからの冬が長いんですけどね。ただ、12月の初旬の頃から見たら、驚くほどに日没が遅くなり(毎年のことなんですが、やはり気がつくと驚きます)、太陽も高くなって確かに春が近づいている実感はあります。

まぁそうこうしているうちに、かなりの花粉が飛んでますよ、なんて季節になってしまいます。私にとっての春は、1年を通じていちばん好きな季節なんですが、花粉のことだけは困っているわけです。これさえなければ、文句無く最良の時季なんですが。今年の花粉の量はどんなもんなんでしょうね。関東は少なめという予想は出てますが、どうなりますでしょうか。ま、今年も一ヶ月が過ぎていきますね。
タグ:花粉 春近し

この冬でいちばん寒いかも知れない^^; [季節]

我が家周辺の最低気温が氷点下になることは珍しくありませんが、それでも-5℃を下回るのは1年に二、三度あるかないか、というところです。今夜はどうやらそれが来てしまいそうで、昼間から気温も上がらずに寒いなぁと思っていたら、夜半過ぎにはすでに-3℃を下回りました。どうやらこの冬でも恐らくはいちばん寒いということになりそうです。

冬のあいだずっと寒い寒いと言い続けるのも芸が無いんだけど、実際寒いものは寒いです^^;。ただ、この寒さが過ぎると、今度は急に気温が高めになってくる、という予報も出ていて、今度の週末はわりに暖かくなるらしいから、季節と言うものは分からないものですね。まぁ1月も月末にさしかかり、冬の先もちょっとだけ見えてきている気がします。花粉のことを別にすれば、いちばん好きな季節の春も近づいている、というのを励みに寒さに耐えることにいたしますか^^;。
タグ:氷点下 寒波

満月と十五夜 [季節]

月齢と月の形は必ずしも一致はしていないわけだけど、満月は十五夜と同じでいいのかな。満月は「望月」を意味してるんだとすると、「欠けていない月」は必ずしも十五夜に出てはいませんね。新月を一夜めと数えて15番目の夜が十五夜ですけど、たとえば今年の1月の十五夜は12日の夜となりますが、月齢は南中時に13.8だそうです。

つまりまだ少しだけ、満月にまではなりきっていないということですね。という風に定義していけば、十五夜は満月とは言い切れないことになります。ただし「お月見」を十五夜にするんだ、ということなら満月ではなくともかまわないのかな。古来十六夜も好まれているのは、この辺の事情がありそうです。

そうそう、十六夜は少し遅れて上がってくることから、「ためらい」の気分を秘めているので、古代・中世での和歌を詠む時の「ためらう心」の象徴にもなっていたみたいです。恋に踏み出しきれない「ためらいの気持ち」を十六夜に託したり。なるほど少し遅れて姿を現す、だから気後れしてためらっている、という感情ですね^^。

一方では「14番目の月」というユーミンの歌が、「恋が成就する直前の充実感と期待感」を歌っていて、なるほどこちらはむしろ積極的な心の動きを表現しています。満月(望月)になる直前の気分ですよね。月の動きと形の変化は、古代からいろんな見立てをされてきて、人の心の移り変わりの象徴にもなっているわけです。

シェイクスピアは「月は形を変えるから不実である、だから月に誓いを立ててはならぬ」とか書いてますけどね。まぁ人の心は移りゆく、ということでしょうかね^^;。それもまた真実ではありますけれどね。

2日の夜の月と金星 [季節]

関東の三が日はおおむね晴天に恵まれて、比較的暖かいお正月になったように思います。画像はお正月2日の宵の口の月と金星です。かなりいい構図だったんで、いろんな人が撮影して公開してるとは思いますが、遅ればせながらも、私も撮ってるぞということで^^;。
m_and_v_0102_2017.jpg

感度を上げてるんで、ちょっとぼんやりと言うか甘いと言うか。本当はもう少し長いレンズで感度は少し低くして、三脚をちゃんと立てて、絞りをF8とかF11とかに絞って撮った方が、鮮明になるとは思うんですけどね。とっさに手持ちでなんとかしようとするから、こんな感じで^^;。35mm換算で200mmぐらいのレンズで撮るべきなのかな。できれば単焦点で、とか言い出すときりはないんですが。まぁとにかく今年も始まりましたね^^。
タグ: 金星 三が日