So-net無料ブログ作成
検索選択

連休も最終日^^; [季節]

個人的にはあまり連休っぽくはないんですが、たまたま今年は6日と7日がお休みで、連休の終盤は仕事から解放されている状況です。毎年こうなるわけじゃなくて単なる偶然なんですが、ちょっとのんびりした気分でいます。これで急に暑くなったりしていなかったら快適なんですけどね^^;。

関東では土曜が暑くて、いきなりのことでちょっと体調に影響ありって感じです。まぁひと言で言えば5月なのに夏負けってことでしょうか^^;。7日は東京ビッグサイトまで出かけようかと思ってたんだけど、ちょっと自制して休息に当てることになってしまいそうです。知ってる方も出てるんで行きたかったんだけど。まぁまた機会もあることでございましょ^^。

南東の方向に雄大積雲^^ [季節]

このくらいの大きさだと「雄大」まではいかないのかも知れませんが。近すぎて大きさが分かりにくいけど、空をバックに盛り上がる雄大積雲です。本日の15時19分撮影。
cloud_0428_2017.jpg

この雲じゃ雨にはなりませんが、こんな様子の雲が多く見られるようになってくると、初夏の気配も感じられるようになってきます。4月も終わりに近づいて、上空に冷たい空気が入れば大きな雲と雷の季節になってきましたね。

大型連休前の時期 [季節]

この時期にしてはちょっと気温は低めかな。意外に肌寒い4月になっているような気がします。もちろん日中はけっこう汗ばむような気温なんだけど、夜になるとかなりひんやりしてきてしまいます。まだまだ春なんであって、初夏のような、夜も暖気が残るということにはならないみたいです。

けっこう寒いので、夜は厚着になってしまうという。昼間に着ているものの上に、日暮れからは着込んでいくという過程をたどります。毎日だからちょっと面倒くさい^^;。休みで家にいるあいだということであって、仕事の時はちょっと事情がちがいますが。連休は毎年のごとくで、カレンダーとは無関係にシフトが入ります。まぁ毎年なんで慣れてます。でもホントにこの時期にしては涼しいなぁ。

4月の夏^^; [季節]

まだ乾燥してますから、夏の暑さとは質が違いますけどね。気温だけで見ればほとんど初夏のようでした。先日は雪になろうか、というぐらいの低温だったのに、一気に初夏まで来るあたりがさすがに関東の4月という気がします。こういう乾いた暑さは嫌いではないので嬉しいんですけどね。

連休も近づいてくる頃になると、気になるのは水源の貯水量のことです。今年の春は4月に入ってからは気温も上がってきて、雪融けの水がかなり貯水池に流れ込んできています。積雪量もけっこうあったので、比較的順調でしょうか。かなりの急カーブで、貯水量が増えています。

昨年の春は春先には貯水量が多かったものの、雪が少なかったせいもあって水量の伸びが悪く、ついに夏には取水制限という事態に至りました。今年は今のところは心配するほどではありませんが、こればっかりは毎年の天候に左右されるわけで、5月と梅雨どきの雨量次第であることは確かです。できれば水不足にならない方がいいに決まってますからね^^;。適度に雨は降って欲しいものです^^。
タグ:気温 水源

ご近所の桜2017 第三報 今年も季節は過ぎていきます [季節]

関東の桜も、南に寄った地域のソメイヨシノはそろそろ散り始めていて、今年も桜の季節が終わろうとしています。とは言えこれからピークを迎える地域もたくさんありますし、桜も種類によってはまだまだきれいに咲こうとしています。今回はご近所と言っても、我が家からは少し離れたところにある小学校に植えられたシダレザクラです。一昨年ぐらいから狙ってたんですが、やっといい感じに撮れました^^。
sakura_2017_06.jpg

まだつぼみも多く、これからピークになるようです。シダレザクラはいわゆる、というべきか「総称」と考えなくてはいけないのだそうですが、種類によってはソメイヨシノよりも早く咲き始めるものが多いようです。この木はまだこれから、という風情が見受けられて、なかなか可憐な雰囲気の枝です。
sakura_2017_07.jpg

花の色もソメイヨシノよりだいぶ濃いめですが、つぼみはさらに色濃く、春がその中に詰まっているような、そんな感慨がありました。そして桜の木の傍らには、こちらも春の花が咲いていました。
sakura_2017_plus.jpg

まわりの花の色合いの鮮やかです。その中に、1本違う種類の草が花をつけていて、存在を主張していました。ちょっと調べてみたところ、どうやら「カラスノエンドウ」という種類の草であるようです。色の対比も面白いので撮ってみました。4月も中旬にさしかかり、桜の季節も過ぎていきますね。いよいよ本格的に春ということになります^^。

ご近所の桜2017 第二報 ゆっくりと七分咲きぐらいまで来ました [季節]

今年はホントに桜のテンポがゆっくりしていると言うか。咲き始めてからこんなに長い時間がかかって開いていく、という時間の経過の感じは、これまであんまり記憶がありません。早めにひらいていく木で七分から八分咲き、ゆっくりの木はまだ三分咲きぐらいではないでしょうか。さて1枚目は近所というほどには近場ではありませんが、職場の近所の用水べりの桜です。
sakura_2017_02.jpg

水辺と桜というのは、ある種のセットになっている場所も多いんですけど、この場所も用水路の脇に植えられている桜です。人工的に切ったりしていない、自然な枝ぶりが印象的ですね。続いては以前も撮ったことがあるんですが、近所の八重の木です。
sakura_2017_03.jpg

接ぎ木をすると作れるらしいのですが、二色の花が同じ木に咲いていてきれいだな、と思います。次は、我が家が勝手に標準木としている木です。かなり早めに開花が進むので、八分咲きぐらいの感じかな。このくらいで「満開」と言ってもいいんでしょうけど。
sakura_2017_04.jpg

よく見ると枝に鳥が一羽止まっています。小ぶりの鳩ぐらいの大きさでしょうか。少し拡大して明るめに画像を加工してみます。
sakura_2017_05.jpg

私では、見ただけでは種類の特定なんかできませんが、なんという鳥なんでしょうね。じっと観察していると、枝から枝へと移動しながら、花にくちばしを入れています。蜜を吸っているのか、何かを食べているのか。私としては初めて目にすることなんで、ちょっと驚きました。撮影できて良かったなと思います^^。

年度始め [季節]

明けまして、とは普通は言いませんが、新しい季節の始まりを感じる4月の朔日となりました。今年は特に桜の開花の推移がゆっくりとしていて、年度をまたぐ形でお花見ができるかっこうですから、年度始めの気分がなおさら新鮮味が増しているように思います。

ただ桜の花の季節がゆっくりだということは、気温がそれだけ低いということで、4月の始まりも寒さを感じることになりそうです。3月を通しての平均気温は、20何年かぶりの低さだったそうで、そのままの気温の低さで4月を迎えることになりました。お花見に出かけて風邪をひいたりしないように、と言いたいところですが、けっこうひいちゃうんですよね、夜のお花見に出かけたりすると。むしろ「よくあること」なのかも知れませんが、皆さんお気を付けて^^。
タグ: 新年度

ご近所の桜2017 第一報 まだやっとこさ二分咲きぐらいってとこかな^^ [季節]

今年も桜の季節がやってきました。我が家近くの公園で、1本だけほかよりも早めに花が咲く桜の木。この木が今年もいちばんに咲き始め、そしてなんとか二分咲きまできた感じです。
sakura_2017_01b.jpg

開花の直後から気温がやや低めに推移して、咲いたは咲いたけどほとんど花芽のままでいる、という状況でした。きのうと今日とで、どうやら少し花がまとまってきたので、第一報ということで。29日午後2時50分ごろの撮影です。花の季節は短くて、というのは毎年のことなんですが、今年は「やや長い」という感じになりそうですね^^。

我が家周辺も開花宣言^^ [季節]

東京は21日に開花宣言が出て、いよいよ桜の季節にやってきました。我が家周辺でも近所の公園の桜の「標準木」(と勝手に我が家で決めている)が、23日の昼過ぎの確認で5、6輪咲いていました^^。ほんとにこの木だけは早いんですよね、咲くの。というわけで開花^^。

開花後の気温がやや低めに推移するようで、開花してから満開までは通常よりも時間がかかって10日間前後だろうという予想も出ています。つまり東京は月末ぐらい、我が家周辺でも4月の2日か3日ごろが満開になるだろう、というわけです。半分ぐらい咲いてればかなり見映えもしますから、あと数日でお花見が楽しめる感じになりそうですね。いよいよ春ですね^^。

ご近所の桜情報^^ [季節]

今年もこの季節がやってきたのだなぁという感慨のある、桜の花を気にする頃となってまいりました^^。今年はどうなるのかな、と考えるだけでもちょっと幸せは感じますね。我が家近くの公園の桜の木も、なんとなく花芽が少し色を帯びてきているように見えます。春を実感できる現象のひとつです。

この公園の桜、全部で5本植えられているのですが、中では1本だけほかの木よりもおおむね1日かふつか早く花が咲きます。毎年のことなんで、この木が早いというのは統計的にも間違いのないことなのですよ。理由ははっきりしないんですけどね。

ひとつの仮説というか、想像の域は出ませんが、もしかしたらこの1本だけ祖先が違うんじゃないでしょうか。ソメイヨシノは挿し木で殖えるので、すべての木が一種のクローンだという話を聞いたことがあります。すべてがそうだとしても、どこの親木から枝を取って挿し木にしたのかで、咲く時期が違うのかも、という仮説(または想像)です。

つまり早く咲く1本は、湘南かどこかの暖かい地域のソメイヨシノの枝を運んできた。そのほかの(5本のうちの残りの4本)木は、どこかもう少しだけ気温の低めの、たとえば埼玉県の北の地域からやってきたのではないだろうか^^;。だから1本だけ祖先の記憶から、早めに花を咲かせるのである、と。

「樹木の種族記憶って何?」とか言われるとぐぅの音も出ませんが。まぁひとつの想像です^^;。土壌も日当たりもおんなじだろうと思えるので、こんな考えが持ち上がってくるのですよね。果たして本当にそんなことが起こり得るのかは、何とも言えませんけど。とにかくこのいちばん早く花を咲かせる木に数輪の花が開けば、我が家周辺の開花宣言となります。あ、もちろん我が家で勝手にそう宣言して楽しんでるんですよ、はい^^。もうすぐです^^。