So-net無料ブログ作成
検索選択

You're So Vain [音楽]

次はどの曲にしようかな、と調べていて、まだこの有名曲を書いてなかったことに気づきました^^;。この場合「調べる」というのは自分のブログを検索することであって、書いたものをリストにしたりというような、まめな手間はかけていません。曲名の一部で検索すると、有無はすぐに判明いたします^^。

というわけで、このところは曲名の中に「人称代名詞」を含んでいる、という繋げ方で続けている「この1曲」シリーズは、Carly Simonの恐らくは最大のヒット曲、1972年の「You're So Vain」です。こういう感じのデビューしてわりとすぐに出した曲が最大のヒットというパターン、実によくあることなんですが、その後たどる道すじはその人によって様々です。

すぐに人気が下降してしまう人も多いんですけどね。カーリーさんの場合は、現在に至るまで知名度と人気をある程度保っています。もちろん本国アメリカでの話ですが。80年代にはやや低迷した時期もあるんですが、2000年代に入ってからリリースしたアルバムは、コンスタントにトップ20に食い込んでいます。知名度は衰えていないようですね。

この「You're So Vain」では、アルバムにクレジットされていないものの、コーラスでMick Jaggerの声が聴けることでも有名です。まぁクレジットされていようがいまいが、彼の歌声は一聴して分かりますからね^^。この曲が収められたアルバムのタイトルは「No Secrets」なんだけど、クレジットにはない歌声っていうところは「一応は秘密にしていた」ってことでしょうか。聴けば分かっちゃうけど。

カーリー・サイモンという人は、いかにもアメリカの音楽シーンのシンガーらしい、明るい表情や伸びやかな手足も含めて、「見られる」ということにも積極的な人でした。所属レーベルが同じ系列だったんで、Joni Mitchellとは「ライバル視」されてもいたようですが、ふたりとも「作詞作曲」という点は共通しているけど、音楽の指向はずいぶん違っていると思います。

それでも活躍の時期は似通っているんで、ライバル扱いされるのもうなずけるんですけどね。髪の長さは同じくらいかな^^;。ジョニはギタリストでもあるけど、カーリーはピアノの弾き語りを、特に初期は持ち芸にしていたように思います。たどった道すじもかなりの違いはありますよね。でも、ふたりともひとつの時代を担ったことは共通しているでしょうね。いい歌い手さんです^^。

Love Grows (Where My Rosemary Goes) [音楽]

今回の「この1曲」は、Edison Lighthouseの「Love Grows (Where My Rosemary Goes)」。タイトル長いなぁ^^;。カッコの中も含めたタイトルが正式なもののようですね。なのでこのところのルールである「タイトルに「人称代名詞」を含んでいる」という点もクリアいたします^^;。

にしても時折りこんな感じの「カッコ付き」タイトルの曲ってありますよね。日本でもハイフンであいだを空けて、注釈を付けているようなタイトルってありますけど。まぁ余韻に繋がったりはするのかな。曲そのものは軽快かつキャッチーなメロディの、いかにもヒットいたします、という雰囲気の曲です。

ギターのイントロのあと、親しみやすいメロディが2回出てきてそのあとサビなんだけど、むしろサビよりも地のメロディの方が耳に残るという、出し惜しみ無しのヒット作りっぷりが、すがすがしさを感じます^^;。見事ですな。本国のイギリスでは1970年の1月、アメリカでは同年2月にリースされて、全英で1位、全米でも5位まで上がるヒットになっています。

日本でも70年代を扱ったコンピレーションなどには、しばしば取り上げられてますし、有名曲と言っていいと思います。ところが歌っているエジソン・ライトハウスというバンド、実はこの曲のために集められたバンドで、いわば絵に描いたような「一発屋」。当然ですな。一発のつもりで出たバンドだし^^;。

凄いのは英語版のウィキに「"one-hit wonder" Edison Lighthouse」と書かれているところ。きちんと認識が「一発」なんですよね^^;。英米ではこの手の「1曲のために集まった」バンドはけっこうあります。日本でも時折り出てきますが。うまくヒットが出るとそのまましばらく活動したりもするので、なかなかややこしかったりします^^;。

「いい曲ができたから、一発当てに行くぜ」っていうのは、70年代ぐらいまではかなり通用していたようですが、だからこその「いい曲」でもあるわけで、きっちりはまって大ヒットの例は数多くあります。英米共に、音楽屋さんがこんな風にヒットを作りに行けると言うのも、面白いものでございます^^。

カツァリスと広瀬悦子で「火の鳥」を聴く [音楽]

17日月曜の夜に、シプリアン・カツァリスと広瀬悦子のふたりのピアニストによる、2台ピアノでのリサイタルがNHK-FMで放送されていました。「くるみ割り人形」の組曲版や、ベートーヴェンの交響曲のピアノ編曲版(リスト編曲のもの)も演奏されていましたが、私が特に面白いと思ったのは、ストラヴィンスキーの「組曲 火の鳥」を2台ピアノで演奏したものです。

「火の鳥」は、もちろんストラヴィンスキーのいわゆる「三大バレエ」の最初の作品です。全曲を演奏すれば1時間弱ぐらいはかかるのですが、作曲者自身が編曲した「組曲版」がいくつかあります。そのうちの「1919年版」といういちばん演奏機会の多い版を、アキレス・ワストルという人が2台ピアノのために編曲したものを、ふたりのピアニストが演奏していました。

ストラヴィンスキーの「三大バレエ」は、あとの作品になっていくほど激しさと、ある種の「野蛮さ」を持った作品になっています。言い換えれば、最初の作品である「火の鳥」は、ある程度のロマン派的な旋律美と、特に前半部分での繊細な(室内楽的な)音楽が聴けるところが特徴です。

「ペトルーシュカ」は大変有名なピアノ独奏版がありますし、「春の祭典」も近年では独奏や2台ピアノでも演奏されていて、聴く機会もありました。ですが、組曲「火の鳥」にも2台ピアノ版があるのは知りませんでしたし、特に組曲前半の繊細なオーケストラの響きが、ピアノでどう表現されるのかはとても興味がありました。

結論から言えば、とても楽しめた演奏でした。木管が活躍する部分での、ピアノの音色のコントロールや、リズム感の面白さといったものがとてもうまく編曲されていたし、演奏のきめ細かさとダイナミズムが過不足なく、楽しめる音楽に仕上がっていました。想像していたよりもはるかに色彩感があって、聴いていて楽しめました。たまたま出会った放送でしたが、面白く聴けて嬉しかったです^^。

Shadow of Your Smile [音楽]

タイトルに「人称代名詞」の入っている曲で繋いでいる「この1曲」シリーズですが、今回はスタンダードの名曲のひとつ、「Shadow of Your Smile」です。日本だと「いそしぎのテーマ」とか、もっとシンプルに「いそしぎ」という名で知られています。元をたどれば映画のテーマ曲なんですが、テーマ曲だけが突出して有名になりました^^;。

曲「だけが」という理由はもちろん映画の本編がさしたるヒットになっていないから。監督はヴィンセント・ミネリ、エリザベス・テイラーとリチャード・バートンの共演(当時は夫婦でした)という作品なんだけど、なんだかすっきりしないと言うのか、ストーリーの着地点があいまいと言うか。ま、凡作なんでしょうね、これは^^;。

ところがテーマ曲(愛のテーマ)は不朽の名曲になってしまうから、音楽の運命なんて不思議なものですな。クラシックのオペラでも、作品そのものはほとんど上演もされないのに、序曲だけは演奏頻度が高いとかってありますからね。どれが、と具体的に指弾するのは、ここではやめときますけど^^;。

最初はインストルメンタルだったんですが、アメリカの音楽業界ですからすぐに歌詞が付けられて歌としても親しまれています。歌としてのカバーも多数ありますけど演奏だけのものも多く、私としては今回はBaden Powellの演奏したバージョンということにしておきます。

アコースティック・ギター1本で演奏されていて、自由なテンポの揺らめきが美しく、そして感情の溢れた名演になっています。ギターは何を使っているのかな。クラシック・ギターの音なんですけど、ちょっと音色に鋭さもあるので、もしかしたらフラメンコ・ギターかも知れません。両者はほぼ同じものなんですが、両方弾く人に言わせると、明らかに音色が違うそうです。

厳密にはフレットの高さの調整も違うのかな。フラメンコは音色が軋む(いわゆる「ビビる」)のも、音のうちという調整をするらしいんですよね。友人のK君曰くですから、本当にそうなのかは未確認なんですが^^;。ギターソロでの演奏としては、もうひとつJoe Passの演奏したものも大好きです。

こちらはたぶん普通のクラシック(ガット)・ギターでの演奏で、柔らかくまろやかな響きと大変優しいタッチが、素晴らしい出来になっています。キーはおんなじだと思うんだけど、音色のせいなのか微妙にチューニングが違っているような感じがします。いわゆるA=440なのかが少し違うみたいな。バーデンさんの方は少し高いような気がしますが、耳のすごくいい方に確かめて欲しいものでございます^^。

When a Man Loves a Woman [音楽]

今回の「この1曲」シリーズは、Percy Sledgeの「When a Man Loves a Woman」です。ポップス史に残る、大変な有名曲ですなんですが、この曲で書き始めてしまってから気づいたけど、このところの縛りである「人称代名詞」は、入っているのかな、これって^^;。Man、Womanは人称ではないような気もしてきましたが、はて。

まぁ歌の中身は、ごく個人的な失恋ソングとして書かれたようですから、つまりは「私とあなた」についてのタイトルってことでいいとは思いますが^^;。こうやって「自分で作ったルール」を、うっかり破りながら夜汽車は走っていくのでございます^^;。

この曲は1966年4月にリリースされて、全米で1位にまで上る大ヒットになりました。その後も多くの映画のサウンドトラックに使われたり、たくさんのアーティストにカバーされています。曲を書いたのはパーシー・スレッジ自身なんですが、レコードが発売されるときに曲のクレジットは違う人物ふたりの名となっています。

パーシー自身が、以前に世話になったバンド仲間に、曲のクレジットを譲ったからなんだそうですが、そういうことができるのですねぇ^^;。結果としてカバーも含めたこの曲の作詞・作曲の印税を、作者自身は一銭も受けとっていないんだそうです。そんなことってあるんですね、ホントに。

ちなみにパーシーのその後は、スマッシュ・ヒットは出ていますが全米1位という曲は、ついにデビュー曲の「When a Man Loves a Woman」だけ。結果としては「一発」に近い状況ですが、それでも大ヒットを1曲持っているというだけでも、大変なことなんですよね。しかも史上に残る名曲ですからね^^。

First I Look at the Purse [音楽]

このところはタイトルに「人称代名詞」の入った曲という繋がりで、「この1曲」シリーズを続けています。今回はThe J. Geils Bandが1972年に発表したライブアルバム「”Live” Full House」から、「First I Look at the Purse」です。冒頭を飾る黒っぽくてハードなナンバーですね。

元々は彼らのデビューアルバムに入っていた曲ですが、さらに元をただせばMotownで60年代初めから活動していた、The Contoursの1965年のシングルです。The Contoursのバージョンは、なるほどモータウンの音と雰囲気を持った曲に仕上がっています。

J. Geils Bandの最初のスタジオバージョンは、これもソウルフルなボーカルが聴きものなんだけど、バックの音はどっちかと言えばソウルよりはロックっぽい仕上がりで、いかにもデビューなんで仕上げをきちんとやりました、という感じ。これがライブだと、ちょっとチューニングが怪しいし、スピード感重視のいかにもなライブです。やっぱりライブの方が好きかな。

ただし録音はちょっとおとなしい音で録られていて、バランスはいいけど迫力はもう少しかな^^;。もしかしたらキーボードの音とかは、あとから追加して入れ直したりしてるのかも知れません。80年代ぐらいまでは、ライブアルバムでも音を整えてあとからかぶせを入れるなんて、よくある話でしたし。

このJ・ガイルズ・バンドは、アメリカのバンドとしては希なことですが、ほぼメンバーチェンジ無しで活動を続けています。結成は1967年ですが、直後にキーボードが入れ替わったあとは、1985年に活動をいったん停止するまで、同じメンバーで続いています。ただボーカルのピーター・ウルフだけは、活動停止の少し前に脱退していますが。

のちに再結成されたときには、ボーカルも含めてのオリジナルのメンバーが集まり、短い活動時期を何度か繰り返したあと、本格的に再結成の形で現在も活動中です。ドラマーは一度だけ再結成に参加したけど、その後は加わっていませんが、それを別にすればメンバーチェンジはほぼ無しですからね。アメリカのバンドとしては、本当に希有なケースのひとつかな。ギターのJ. Geilsはここ2、3年は活動を共にしてはいないようですけど。自分の名前が付いているバンドなのにね^^;。

Make It with You [音楽]

そう言えば時々「このバンドって書いていなかったっけ」と思って、自分のサイトを検索したりします^^;。「この1曲」シリーズは、1アーティストにつき1曲という制限を、自ら課しているというのが理由ですけどね。けっこうな知名度のバンドやシンガーでも、まだ登場していただいていない方たちは数多いんですが。

今回のBreadも、登場していたかを確認してしまったバンドです。もちろんまだだったので、めでたくご登場いただくこととなりました^^。「Make It with You」は、彼らが1970年6月にリリースしたシングルで、全米1位を獲得しています。一般的にはもしかしたら「If」の方が知られている曲なんじゃないかとも思います。

ところが「If」はチャートでは4位止まりで、結果的にブレッドとしてのナンバーワン・ヒットは「Make It with You」の1曲だけでした。そうだったのか、と思いましたね、つい。もっとビッグヒット連発のバンドだったような気がしていましたから。意外にも1位は1曲だけ。

もうひとつこのバンドは、ハーモニーが売りだったように思っていたのですが、何曲かのヒットを改めて聴いてみると、ソロボーカルのDavid Gatesがひとりで歌っているような曲が多いんですよね。きれいな澄んだ歌声を持った、いいボーカリストだと思うけど、ハーモニーを聴かせるというアプローチは、あんまりやってませんでした。

なんかあと付けでの印象があったんでしょうけど、改めてこのバンドを聴いてみると、意外に守備範囲の狭いバンドだったみたいです。あ、この場合の「守備範囲」は曲のバリエーションの広い狭いみたいな意味で使っています。「狭い」と言ってしまうとあまり良くない意味に取れますね、言霊として。まぁきれいなボーカルに「特化」していると、言い換えてもいいですけど^^;。

余談になりますが、彼らの「If」という曲はアメリカのトップ10ヒットの歴史上、長らく「最も短いタイトルの曲」の座を保っていたそうです。1993年に数字ひと文字だけのタイトルの曲が7位にランクされ、ついにその座を明け渡したとのことですが。まぁ発音記号で言えば「If」の方が短いけど。日本には「漢字ひと文字」のタイトルの曲ってけっこうあると思うので、単に短いタイトルと言うとけっこう数がありますね。もっとも表意文字なんだからずるいかな^^;。

Don't You (Forget About Me) [音楽]

このところは「人称代名詞」がタイトルに含まれている曲を繋いでいる「この1曲」シリーズですが、今回はSimple Mindsの1985年の大ヒット、「Don't You (Forget About Me)」です。アメリカでは85年2月にリリースされて、チャートの1位を獲得しましたが、本国イギリスでは85年4月のリリースで、7位までとなっています。英米両国の好みの違いってことなんでしょうか。

ただこの時期のSimple Mindsのアルバムは、イギリスでは軒並みチャートの1位を獲得していますが、アメリカでは85年の「Once Upon a Time」は10位と健闘したものの、あとはあまりぱっとしないセールスでした。やっぱり好みの違いかなー。「Don't You」という曲自体は、Simple Mindsのオリジナル・アルバムには収められてはおらず、当時の映画のサントラ盤に入っています。

面白いことに、この曲は当初Bryan FerryやBilly Idolもレコーディングしていたんだそうですが、結局はリリースに至らず、Simple Mindsのバージョンが全米1位になっています。曲の雰囲気はブライアンの声で聴いてみたかった気もしますけど、どうやら流出も無かったみたいで聴くことはできません^^;。ビリーのバージョンは、のちにカバーの形でアルバムに入ったようですが。

Simple Mindsは現在も活動を続けていて、数年ごとではありますがアルバムも出しています。さすがにアメリカのチャートをにぎわすことは無くなっていますが、本国のイギリスではアルバムがスマッシュヒットを続けていて、それなりの人気は保っているようですね。やはり自分の国って大事なんだと思います。アメリカではシングルがほぼ「一発」なんですけどね^^;。

Ride My See-Saw [音楽]

タイトルに人称代名詞の入っている曲、という繋がりでこのところ続けている「この1曲」シリーズですが、今回はThe Moody Bluesの「Ride My See-Saw」です。1968年の7月にリリースされた彼らの3枚めのアルバム「In Search of the Lost Chord」からの2枚めのシングルです。

アルバムは全英5位とまずまずのヒットになりましたが、この曲は全英では42位までと、ヒットと言うほどのところまでは行きませんでした。ムーディ・ブルースというバンド名を聞いて思い浮かべるイメージとは、ちょっとかけ離れた感じのコーラスのきれいな曲です。この曲で彼らを代表させちゃっていいものかは、少し考えたんですけどね。

歌詞を読んでも何だかよく意味の取れない内容なんですが、もしかしたら裏の意味があるのかも知れませんね。あんまり考えずにサウンドを楽しむことにしてます^^;。ムーディ・ブルースは、この時期からアルバムのヒットが続くようになり、プログレッシブ・ロックと言われるジャンルでの地位を確立していきます。

ところが70年代の後半からは、サウンドを変化させて、いわゆるプログレからは離れていくようなサウンドを作るようになっていきます。この頃から本国イギリスでの人気よりも、むしろアメリカでの人気とセールスが上回っている、という状況になっていくという変遷をたどります。現在も活動は続いていますが、アルバムは2003年を最後に発売されていません。日本での知名度はやや低いものの、息の長い活動を続けるバンドではありますね^^。

You've Got Your Troubles [音楽]

「ザ・フォーチュンズ」という名前を最初に聞いたときには、なかなか洒落たというかある意味願望のこもったバンド名なのかな、と思ってました。確かにデビューからしばらくののちには大ヒットが出るんですが、そのあとは続けてはさほど大きなヒットに恵まれず、大ブレイクとまでは行かなかった感じです。バンド名の願いが届いたのは中くらいまでってとこでしょうか。

今回の「この1曲」シリーズは、この「幸運」という言葉ををバンド名にしたFortunesの大ヒット「You've Got Your Troubles」です。1965年8月にリリースされて、全英で2位、全米でも7位というかなりのヒットとなりました。メロディラインとコーラスのきれいな、スマートな曲という感じで、前奏と間奏の軽い音色のトランペットも含め、ちょっとバカラック・サウンドを連想させます。

さほどのヒットには、と書きましたけどメンバーチェンジののち、1971年には「Here Comes That Rainy Day Feeling Again」が全米15位まで上がるスマッシュヒットになっています。なぜか本国イギリスでは50位にも入らないのですが、こっちの曲の方が日本では知られているような気もしますね。アメリカで流行ると日本でもヒットするのは確かだと思います。

このバンドもご多分に漏れず、メンバーの変遷を繰り返しており、結成ののちデビューした時のメンバーだった5人は脱退したり亡くなったりして、現在のバンドにはひとりも残ってはいません。活動そのものは「ザ・フォーチュンズ」として続いていて、ライブを行っているとのことです。60年代に数多くデビューしたイギリスのバンドのうちでは、「細く長く」かも知れませんがとにかく現在も健在、というバンドです^^。