So-net無料ブログ作成
検索選択

Make It with You [音楽]

そう言えば時々「このバンドって書いていなかったっけ」と思って、自分のサイトを検索したりします^^;。「この1曲」シリーズは、1アーティストにつき1曲という制限を、自ら課しているというのが理由ですけどね。けっこうな知名度のバンドやシンガーでも、まだ登場していただいていない方たちは数多いんですが。

今回のBreadも、登場していたかを確認してしまったバンドです。もちろんまだだったので、めでたくご登場いただくこととなりました^^。「Make It with You」は、彼らが1970年6月にリリースしたシングルで、全米1位を獲得しています。一般的にはもしかしたら「If」の方が知られている曲なんじゃないかとも思います。

ところが「If」はチャートでは4位止まりで、結果的にブレッドとしてのナンバーワン・ヒットは「Make It with You」の1曲だけでした。そうだったのか、と思いましたね、つい。もっとビッグヒット連発のバンドだったような気がしていましたから。意外にも1位は1曲だけ。

もうひとつこのバンドは、ハーモニーが売りだったように思っていたのですが、何曲かのヒットを改めて聴いてみると、ソロボーカルのDavid Gatesがひとりで歌っているような曲が多いんですよね。きれいな澄んだ歌声を持った、いいボーカリストだと思うけど、ハーモニーを聴かせるというアプローチは、あんまりやってませんでした。

なんかあと付けでの印象があったんでしょうけど、改めてこのバンドを聴いてみると、意外に守備範囲の狭いバンドだったみたいです。あ、この場合の「守備範囲」は曲のバリエーションの広い狭いみたいな意味で使っています。「狭い」と言ってしまうとあまり良くない意味に取れますね、言霊として。まぁきれいなボーカルに「特化」していると、言い換えてもいいですけど^^;。

余談になりますが、彼らの「If」という曲はアメリカのトップ10ヒットの歴史上、長らく「最も短いタイトルの曲」の座を保っていたそうです。1993年に数字ひと文字だけのタイトルの曲が7位にランクされ、ついにその座を明け渡したとのことですが。まぁ発音記号で言えば「If」の方が短いけど。日本には「漢字ひと文字」のタイトルの曲ってけっこうあると思うので、単に短いタイトルと言うとけっこう数がありますね。もっとも表意文字なんだからずるいかな^^;。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Don't You (Forget About Me) [音楽]

このところは「人称代名詞」がタイトルに含まれている曲を繋いでいる「この1曲」シリーズですが、今回はSimple Mindsの1985年の大ヒット、「Don't You (Forget About Me)」です。アメリカでは85年2月にリリースされて、チャートの1位を獲得しましたが、本国イギリスでは85年4月のリリースで、7位までとなっています。英米両国の好みの違いってことなんでしょうか。

ただこの時期のSimple Mindsのアルバムは、イギリスでは軒並みチャートの1位を獲得していますが、アメリカでは85年の「Once Upon a Time」は10位と健闘したものの、あとはあまりぱっとしないセールスでした。やっぱり好みの違いかなー。「Don't You」という曲自体は、Simple Mindsのオリジナル・アルバムには収められてはおらず、当時の映画のサントラ盤に入っています。

面白いことに、この曲は当初Bryan FerryやBilly Idolもレコーディングしていたんだそうですが、結局はリリースに至らず、Simple Mindsのバージョンが全米1位になっています。曲の雰囲気はブライアンの声で聴いてみたかった気もしますけど、どうやら流出も無かったみたいで聴くことはできません^^;。ビリーのバージョンは、のちにカバーの形でアルバムに入ったようですが。

Simple Mindsは現在も活動を続けていて、数年ごとではありますがアルバムも出しています。さすがにアメリカのチャートをにぎわすことは無くなっていますが、本国のイギリスではアルバムがスマッシュヒットを続けていて、それなりの人気は保っているようですね。やはり自分の国って大事なんだと思います。アメリカではシングルがほぼ「一発」なんですけどね^^;。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Ride My See-Saw [音楽]

タイトルに人称代名詞の入っている曲、という繋がりでこのところ続けている「この1曲」シリーズですが、今回はThe Moody Bluesの「Ride My See-Saw」です。1968年の7月にリリースされた彼らの3枚めのアルバム「In Search of the Lost Chord」からの2枚めのシングルです。

アルバムは全英5位とまずまずのヒットになりましたが、この曲は全英では42位までと、ヒットと言うほどのところまでは行きませんでした。ムーディ・ブルースというバンド名を聞いて思い浮かべるイメージとは、ちょっとかけ離れた感じのコーラスのきれいな曲です。この曲で彼らを代表させちゃっていいものかは、少し考えたんですけどね。

歌詞を読んでも何だかよく意味の取れない内容なんですが、もしかしたら裏の意味があるのかも知れませんね。あんまり考えずにサウンドを楽しむことにしてます^^;。ムーディ・ブルースは、この時期からアルバムのヒットが続くようになり、プログレッシブ・ロックと言われるジャンルでの地位を確立していきます。

ところが70年代の後半からは、サウンドを変化させて、いわゆるプログレからは離れていくようなサウンドを作るようになっていきます。この頃から本国イギリスでの人気よりも、むしろアメリカでの人気とセールスが上回っている、という状況になっていくという変遷をたどります。現在も活動は続いていますが、アルバムは2003年を最後に発売されていません。日本での知名度はやや低いものの、息の長い活動を続けるバンドではありますね^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

You've Got Your Troubles [音楽]

「ザ・フォーチュンズ」という名前を最初に聞いたときには、なかなか洒落たというかある意味願望のこもったバンド名なのかな、と思ってました。確かにデビューからしばらくののちには大ヒットが出るんですが、そのあとは続けてはさほど大きなヒットに恵まれず、大ブレイクとまでは行かなかった感じです。バンド名の願いが届いたのは中くらいまでってとこでしょうか。

今回の「この1曲」シリーズは、この「幸運」という言葉ををバンド名にしたFortunesの大ヒット「You've Got Your Troubles」です。1965年8月にリリースされて、全英で2位、全米でも7位というかなりのヒットとなりました。メロディラインとコーラスのきれいな、スマートな曲という感じで、前奏と間奏の軽い音色のトランペットも含め、ちょっとバカラック・サウンドを連想させます。

さほどのヒットには、と書きましたけどメンバーチェンジののち、1971年には「Here Comes That Rainy Day Feeling Again」が全米15位まで上がるスマッシュヒットになっています。なぜか本国イギリスでは50位にも入らないのですが、こっちの曲の方が日本では知られているような気もしますね。アメリカで流行ると日本でもヒットするのは確かだと思います。

このバンドもご多分に漏れず、メンバーの変遷を繰り返しており、結成ののちデビューした時のメンバーだった5人は脱退したり亡くなったりして、現在のバンドにはひとりも残ってはいません。活動そのものは「ザ・フォーチュンズ」として続いていて、ライブを行っているとのことです。60年代に数多くデビューしたイギリスのバンドのうちでは、「細く長く」かも知れませんがとにかく現在も健在、というバンドです^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

プラッソンの「ビゼー管弦楽曲集」 [音楽]

ミシェル・プラッソンという指揮者は、フランスの音楽を数多くレコーディングするという仕事で知られています。ベルリオーズ以降、という区切りにはなりますが、かなり知られた作曲家から知名度の低い人に至るまで、相当量の録音があります。先日彼の録音した、「ビゼーの管弦楽曲集」と銘打たれた3枚組のCDを手に入れて楽しんでいるところです。
bizet_plasson.jpg

ビゼーの最大の成功作は、もちろん「カルメン」だと思うけど、私にとってのビゼーは「アルルの女」の音楽と明るい曲想の交響曲とがいちばん好きな作品です。特に「アルル」はお気に入り。この3枚組のCDの2枚めは、その「アルルの女」の劇伴の版が収められていて、いわゆる組曲としての「アルル」とは違った、劇の伴奏音楽としての「アルル」を聴くことができます。まぁこれの面白いこと^^。

本来の劇伴奏の音楽は、かなり断片的なものも含まれているらしいけど、一応「再編版」という形で、何曲かをセットの形にするようなやり方で演奏されています。合唱の加えられている曲もあって、よく耳慣れたメロデイがいきなり合唱で歌われてびっくりしたりもします^^;。

それとは別に「組曲版」の「アルル」も第1組曲が収められています。「カルメン」の組曲も第1組曲が収録されてますけど、どうして第1だけなんだろう、とちょっと考えてしまいました。「アルル」の第2組曲(ギロー編)にはほかの作品から転用された曲が入っていたり、カルメンの第2組曲にはアリアも入っていたりしますからね。そのあたりの事情かなと思います。

交響曲やほかの管弦楽曲も含めて、こういう紹介のされ方をしているCDがあるのはありがたいなと思います。なにしろわりと若くして亡くなった作曲家で、作品が演奏される時でもかなり他人の手が加えられた版が存在しているようですし、オリジナルに近い響きはどんな風であったのかを知ることができる楽しさがありますね。じっくりと聴いていくつもりでいます。

Is There Something I Should Know? [音楽]

このところ人称代名詞の入ったタイトルの曲で続けている「この1曲」、今回はDuran Duranの「Is There Something I Should Know?」。辛うじて「I」が細く見えますでしょうか^^;。この原題タイトルでは分かりにくいけど、「プリーズ・テル・ミー・ナウ」という邦題だと、ははーんと思い当たる方も多いかもですね。邦題なのにカタカナ表記の英単語が並んでいる、というのはけっこうレアな部類でしょうね。

曲の歌い出しのところで、いきなり「Please Please Tell Me Now」という歌詞が出てきますから、日本国内での発売時のタイトルがここから採られたわけでしょう。確かにここのフレーズは覚えやすいし。なかなか上手な作戦です。ただし国外ではこの曲名では通じないでしょうね。ファンならわかるとも思うけど。

デュラン・デュランと聞くと、つい「バーバレラ」という映画のことを思い出しますが、そもそもDuran Duranというバンド名が、この映画に由来しているのだそうで、だとすれば連想自体はいっこうにかまわないってことになります。映画の方は、Jane Fonda姐さんが宇宙での冒険で色々と面白いことになっちゃう、というけっこう「きわもの」映画でございます^^;。というか、たぶん映画作品全体がある種のパロディなのかな。

このバンドは1981年のデビューから、1980年代を代表する活躍を続けますが、なんとなく80年代いっぱいの活動のような気もしていました。そうではなくてずっと活動も続いていて、90年代に入ってからもヒットが出てる、というのは今回調べるまで意識していませんでした。その90年代のヒットを聴いたら、ちゃんと曲を知ってたり^^;。ダメじゃん^^;。

まぁ何曲か聴いていくと、いかにも80年代のサウンドで、ドラムの音色とかは、あちこちに影響を与えているように思います。こういうのは誰がやり始めたか、っていうのは特定しにくいし、彼らが最初なのか確かなことは分かりませんけどね。デュラン・デュランから派生したバンド、「The Power Station」の音も含めて、サウンド面での影響はあちらこちらに見えていて、やはりひとつの時代を築いたバンドだな、と思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

I'm Not in Love [音楽]

タイトルの中に「人称代名詞」を含んでいる、というくくりで繋いでいるこのところの「この1曲」シリーズ。今回は1970年代を代表する名曲のひとつ、「I'm Not in Love」です。1975年5月に10ccがリリースしたシングル。元々は同年3月のアルバム「The Original Soundtrack」に収められていた曲ですが。しかしまぁ、このアルバムのタイトルは、ちょっとふざけてる感じがありますね。

メロトロンという楽器があるのですが、その実体は楽器というよりはむしろ「鍵盤の付いたオーディオ機器」という感があります。えーと、数十センチの磁気テープに、鍵盤の数だけ音程を合わせた、弦楽器とフルート、あるいは人の声をテープを3トラックに分けて録音しておき、鍵盤を押すことで磁気ヘッドをテープに接触させて、電気的に音を鳴らす仕組みを作ってあるものです。

鍵盤から指を離すとスプリングだったかゴムだったかが、元の位置まで磁気テープを引っ張って戻す仕組みも組み込んであります。もちろんテープ1本につき磁気ヘッドがひとつずつあって、少し横移動するように作ってあり、3種の音を鳴らし分けることができます。隣り合った音同士ならミックスすることも可能。初期のイエスやジェネシス、キング・クリムゾンなどの曲で、メロトロンの音が聴けます。

テープオーディオの時代をくぐっていない人には、こういった説明でも何のことやらさっぱり分からないとは思うんだけど、長々とどうしたのかと言えば、「I'm Not in Love」という曲には、10ccのメンバーの声を録音したテープを使って、メロトロンと同じようなやり方でコーラスを作っているからなんです。違うところは、この曲ではスタジオワークによって、人声のコーラスが作り上げられている点です。詳しくは曲名で調べると、某データサイトに書かれてます^^;。

書いてあるとは言っても、やっぱり分からないでしょうね、磁気テープでの録音を知らないと。ただ10ccというバンドは、この1曲で大変な成功を収めたことも確かです。歌詞のことを言えば、「not in love」の訳し方で決まっちゃうんだけど、まぁ「恋には落ちてない」ぐらいのところでしょうか。「僕は恋に落ちてない」。と言いつつ、実は相手への想いが存在しているわけですけど。

「恋してない」と言い続けながら、「外堀を埋める」努力も続けているみたいな、そんな感じの歌詞です。実は「とってもすごーく恋してる」という歌だと思って聴くと、なんとなくウェットな歌いぶりが理解できますよね^^;。強がって言ってるわけじゃなさそうです。ホントに恋してるんだけど、「恋しくはない」といいながらも気を惹きたがっている、という^^;。

10ccというバンドは、4人組みの時にこの曲を大ヒットさせたんですが、このあとふたりのメンバーがバンドを離れてしまいます。半分になっちゃったんで「5cc」じゃん、とか言われちゃうんですが、残ったメンバーは人員を補充して「The Things We Do for Love」というヒットも飛ばしています。意外にしぶとい^^;。まぁ「I'm Not in Love」のヒットがあれば、この世界では充分やっていけるとは思います。名曲でしかもカバー多数ですからね。ロック史に残る大ヒットでしょうね^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

In the Time of Our Lives [音楽]

ここしばらくのテーマとして、タイトルに「人称代名詞」を含む曲を繋いでいる「この1曲」シリーズですが、今回はアメリカで1960年代の終り頃に活躍したバンド、Iron Butterflyの「In the Time of Our Lives」です。一般には「へヴィ・ロック」とか「サイケデリック」とか呼ばれているタイプのバンドなんですが、一種のプログレの走りとも言えそうな気がしています。

同じレーベルにいたヴァニラ・ファッジもそうなんだけど、良く言えばちょっと構えを大きく取って、悪く言えば「大仰な」サウンドと歌とで、ある種の様式を表現している、というバンドなんですけどね。醸し出しているムードは、少しあとのBlack Sabbathあたりにヒントを与えているように思います。ごく大ざっぱに言うと、へヴィ・メタルの源流のひとつとも言えるかな。

それはともかく、「In the Time of Our Lives」は、彼らの3枚めのアルバム「Ball」の冒頭に収められている曲ですが、印象としてはむしろ4枚めのアルバムになった「Live」の冒頭の演奏が面白いですね。エフェクトで歪んだ音色のギターとキーボード、重々しいベースとドラムス、意味有りげな声で歌うボーカルという具合に、なかなかのオリジナリティを発揮しています。

このバンド、主な活動は1967年から69年ごろという短い期間なんですが、その後に再結成されてからはほぼ現在に至るまで活動を続けています。もの凄いのはその再結成後に所属していたメンバーの数で、と言ってもバンドはせいぜい6人編成プラスサポートのメンバーなんですが、延べ人数がとんでもない数なんです。

ちゃんと数えてないけど、50人ほどの名が並んでいますから、ご興味が有りましたら英語版のWikiをご覧になってくださいね^^;。私もこんな状況になっていたなんて、全然知りませんでした。まぁアメリカでは良くあることではあるんですが、再結成のあとはライブのたびに違うメンバーをサポートに入れたりしてるんでしょうね。そもそも再結成してることも、私は知らないでいたんですけど^^;。

初期のメンバーはのちにCaptain Beyondに参加したりもしていて、さらにロック史に名を刻んでいます。このキャプテン・ビヨンドと言うバンドもオリジナル時は短命ながら、なかなか面白い個性のバンドなんですが、そのあたりはまたそのうちに^^;。それから「Iron Butterfly」というバンド名は、もしかすると「Led Zeppelin」という名前のヒントになっているかも知れません。まぁ私はかなり確信してますけど、この件^^;。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Up Where We Belong [音楽]

「人称代名詞」が入ったタイトルの曲で繋いでいる「この1曲」シリーズは、今回は極め付きの名曲「Up Where We Belong」です。Joe CockerとJennifer Warnesのデュエットで、1982年の映画「An Officer and a Gentleman」の中で歌われて大ヒットしました。映画の邦題は「愛と青春の旅だち」と言えば、ああなるほどあの映画と思う人も多いのかな。

ジョー・コッカーさんは、ウッドストックのコンサートでの熱唱で有名になりましたが、その後はなかなか大成功とまではいかない経歴だと言えるでしょうか。独特のしわがれた声は、一度聴いたら忘れ難いものを持ってはいるんですが。聞いた話ですが、なんだか大酒飲みだとかで、活動が停滞していたりする時期もあったらしいです。「Up Where We Belong」の大ヒット以降は、比較的順調な活動だったようですけど。

ジェニファー・ウォーンズさんは、私はかなり一時期贔屓にしてまして、「Famous Blue Raincoat」と「The Hunter」という2枚のアルバムが手元にあります。ストレートで素直な歌声の持ち主なんですが、確かにアメリカの音楽シーンで生き抜くには、少し「アクの強さ」みたいなものが不足してるのかな。もっとも元々寡作というか、アルバムも3、4年に1枚から時として8年ぐらいあいだが空いているという、マイペースぶりではありますが。

最近は目立った活動も無いみたいで、元贔屓としてはちょっと寂しいのですが、アメリカではよくあること、と言ってしまえばそれまでなのかも知れません。カーラ・ボノフといいこの人といい、いい歌い手さんなんだけど、歌声に「ひと押し」が足りないってことなんでしょうか。私は好きなんだけどなぁ。もっともカーラさんの方は日本ではかなりの人気を保ってはいるんですけどね^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

My Name is Jack [音楽]

タイトルに「人称代名詞」の含まれている曲で続けている、「この1曲」シリーズですが、今回は「My Name is Jack」。Manfred Mannが1968年にリリースしたシングルです。全英8位、全米では104位とのことですが、まぁヒットしていたのはイギリスでだけ、ということでしょうか^^;。歌の歌詞は、読んでみてもいまひとつ判りにくいもので、もしかしたら裏の意味とかあるのかな^^;。

このマンフレッド・マンというバンドの名は、ややこしいことにバンドのリーダーの名そのものと同じだったりします。すなわちキーボードとボーカルを担当している人がバンド・リーダーでマンフレッド・マンという人なんですよね。まぁ芸名ではあるんですが。英米のバンドではこの手のややこしいことが時折あります。

バンドそのものは1963年に活動を開始して、1964年の「Do Wah Diddy Diddy」が全英・全米で1位になったりもしていますが、メンバー・チェンジを繰り返しながら結局1969年までで解散しています。のちに少し名を変えて再編されたりもしていますが、そのあたりはちょっと割愛^^;。

で、書いておきたいのは、まずこのバンドの歴史の中で、短いあいだながらジャック・ブルースが在籍していたということ。脱退したのちにクリームを結成して、一躍名を知られるようになるわけですが。「My Name is Jack」をレコーディングした時には、すでにジャックは(ええとべーシストのジャックさんのことです。タイトルとの兼ね合いでややこしい^^;)脱退していますが、そのあとに加入したベースがクラウス・フォアマンという人でした。

このクラウスさん(ドイツで生まれたのだそうです。姓の読みは英語風に「ヴーアマン」とも)は、デザイナー、イラストレーターもこなす人だったんですが(というか元々そっちが本業)、Manfred Mannに加入したのと同じ年に、The Beatlesのアルバム「Revolver」のジャケット・デザインを手がけています。「かの有名な」と枕詞を付けたくなるぐらい、よく知られたジャケットですね。

ベースもなかなかの腕で、「My Name is Jack」を最初に聴いたときに私は、「ああジャック・ブルースが弾いてるんだ」と思い込んでいました。かなりよく動くベースで、独特のスタイルを持っています。音楽活動も続けますが、デザイナーとしての仕事も続けているようで、最近では日本のGLAYのジャケット・デザインを手がけたりもしています。世の中いろいろな人がいるものだ、と思ってしまいますね^^;。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽