So-net無料ブログ作成
検索選択

有頂天家族2 全編の感想など その2 [アニメ]

一応前夜に続いての記事でございますので、ま、よろしければ前日の分からどうぞ。シーンとカット割りの苦労は並大抵では無かっただろう、と書きましたけど、それと同時に原作には無い部分を注意深く足していくことも、アニメとしての完成度の上で大事なことだったのでしょうね。

特に原作では、主に矢三郎の一人称視点で書かれていますから、アニメの中で描写として足されている部分を見て、初めて腑に落ちたようなこともありました。たとえば天満屋をおどかすために熊に化けたのに、幻術に惑わされてしまう場面。警官の前にのっそりと立った時がいちばんの危機だったんですが、そこで飛び出したのが海星でした。
uchyouten2_04.jpg

このシーン、原作だといまひとつどうやって切り抜けることができたのかが、ちょっと分かりにくいのですが、とにかく鴨川に落されたことにはなっています。恐らくは熊のままで^^;。アニメでは熊化して熊三郎になっている矢三郎の正面から、海星が突進して「一瞬にして化けの皮が剥がれ」て、煙にまぎれて逃走するわけです。

なにゆえに化けの皮が剥がれたのか、についてはこの段階では説明してはいないのですが、理由はのちに本編で明らかになります。海星はそれを見越した上で、「正面から」熊三郎に接近し、熊化しているとは言え矢三郎の本質は変わらなかったために、無事に帰還を果たします。矢三郎自身は「まだ」化けの皮と海星の関連に気がついてはいませんでしたが^^;。

同じように矢三郎の視点を補っている部分として、地獄から戻った矢三郎と弁天が、三階建て電車に入った直後、一瞬ですが海星が見届けているカットがあります。このあと海星は、何かの姿に化けて電車に侵入したのだろう、と思うのですが。
uchyouten2_05.jpg

このカットがあったので、その後の海星の行動は描写はされていなくとも、早雲の最期(偽)のシーンに海星がふいに現れる理由が腑に落ちます。彼女はずっとすべてを見ていたのだろう、と。弁天と行動している時の矢三郎が、危なっかしくてたまらないんでしょうね、彼女にとって。そう思うと、第1期での金曜倶楽部を抜け出したあと、屋根の上の散歩がお開きになったときに、梯子になって現れた海星が、どうしてそこにいるのかがわかります^^。

矢三郎は気づいてはいなかったんだけど、「見守られて」いたわけですよね^^。大事にしてあげないとね、彼女のことは。ね、矢三郎君。ふたつ前の記事にも書きましたが、第2期全体が、このふたりの恋の場面で閉じられるのは、まことに意味深いものだと思います。第2期冒頭が総一郎と桃仙の恋とその成就で開始されたように、「毛深き恋の物語」にふさわしく、第2期の掉尾を飾るのは矢三郎と海星の「恋の始まり(たぶんここから)」なんですよね。
uchyouten2_06.jpg

そうそう矢二郎にも、もしかしたら(というかたぶん確実ですが^^;)恋の始まりが訪れています。ふたりの相性はぴったりなのではないか、という暗示が会話(というかほぼ星瀾のひとり語りだけど)の中にちりばめられていて、特に星瀾の心の気配は明確な気がします。明らかに惚れられてるよ、矢二郎君^^。
uchyouten2_07.jpg

このふたりの物語も、行く末が気になりますね^^。そうなると矢四郎君にも、恋人とまではいかなくとも「ガールフレンド」ぐらいは現れていいような気もします^^;。まぁ理系の女の子がいいんじゃないかなと。いるかな、理系の狸^^;。森見先生に大いに知恵を絞ってもらわないと。

「恋」といえば弁天と二代目との関係性も気になるところです。まぁ一応赤玉先生も絡むことは絡んでますけど^^;。弁天にせよ二代目にせよ、あれほどの怒気を放つような感情のほとばしりは、ちょっと普段の行動や会話からは想像できませんよね。すなわち「相手に対して冷静ではいられない」というわけでしょうか。これはちょっとしたきっかけがあれば「恋」なんですけどねぇ^^;。

いずれにしても、森見先生がすでに宣言しておられる通り、「第三部」が書かれるであろうことは、我々にとっては「既定のこと」でございます^^;。その映像化が成されることを、心より期待しつつ、今回の第2期(と第1期)を繰り返し見ながら、待っていたいと思います。改めてスタッフ、キャストの皆さま、お疲れさまでした。楽しい作品をありがとうございます。心よりお礼申し上げて、第3期を待ちたいと思います^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

有頂天家族2 全編を通じての感想など その1 [アニメ]

最終回を迎えた「有頂天家族2」ですが、改めて全編を見返してみて、感じたことなどを書いてみようと思います。以前もちょっと書いたけど、原作が100ページほど増えているのですが、結果的に話数は一回分減ってしまうという構成上の厳しさがありました^^;。それゆえシーンの数を厳選してゆき、尺に合わせてのカット割りなどを組み立てていく作業は、想像を絶する大変さだったであろうと思います。

一方で、ストーリーを滞りなく進めるためには、多少の説明的なカットも加えつつ、原作には無い部分を付け加えたりもしています。追加するのはもちろん必要最小限に留めてはいるものの、特に第1話では登場人物の紹介のような部分も含めて、その構成は至難を極めたのではないか、と想像しています^^;。初回を見ながら、大変そうだなぁとつくづく思ってました。

こういう作業って、どうやってこなすんでしょうね。原作を読み進めつつ、カードのようなものに書き留めていくんでしょうか。それとも原作に基づいてラフコンテみたいな感じで、スケッチを作っていくようなことなのかな^^;。要するに「文字」なのか「絵(カット)」なのかは、ちょっと気になります。単なる好奇心ですけど^^;。

1期からの登場人物群に加えて、2期から登場したキャラも加えてお話は進行していきますが、1期から出ていたキャラの中では、長男・矢一郎の株は大いに上がった、と私は思っています。いささか感情的になりやすく、慌てるシーンもあった1期に比べて、2期ではその決断力と突進力とが、充分に発揮されての活躍となっています。もちろん玉瀾というよき思い人を得て、心が充実したのは大きいはずです。

私が忘れられないシーンのひとつ、夜になって矢三郎を探しに出た回想の中で。
uchyouten2_02.jpg

夜の自然に圧倒されそうになった玉瀾は、このシーンの直後に矢一郎の暖かさに触れることになります。このできごとの時に、心はもうすでに「ほぼ恋人」になってたんですよ、早い話が^^;。そして物語の終盤近く、矢一郎が爆発させた怒りを、当然のことと柔らかく受け止め、虎となって走る矢一郎と行動を共にするこのシーン。
uchyouten2_03.jpg

このふたりのいちばんのいい場面でしょうね、ここって。室内から外へと場面が転換しつつ、感情と動きとが一体となって描かれていく見せ場になっています。

さて、なにしろ書きたいことはたくさんあるので、あとは明晩に続けてしまうことにします^^;。まだまだこの作品についてはいろいろな感慨がありますからね。一応ここまでということで。続く^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

有頂天家族2 最終回 [アニメ]

全12話の放映を終えて、「有頂天家族2」が最終回を迎えました。日曜と月曜は仕事で家を空けていたので、ちょっぴり遅くなっちゃいましたが、まずは最終回のことを書いてみたいと思います。Bパートが始まって「その後のこと」を描いたシーンが続いていきますが、あれ妙に尺が残っているな、と思い始めたところで合点がいきました。ここのシーンが始まったとたんに、これを最後に持ってきたかったんだと分かったから^^。
uchyouten2_01.jpg

このシーンが省かれていたのは、どうしてなんだろうとずっと思ってたんで、そういうことかと思わず膝を叩きそうになりましたよ。確かに原作の最終部分は、余韻を残したいいラストなんですけど、アニメ的には難しいシーンだなと思ってたし。まぁ何しろ3作めも書く予定でらっしゃるはずだから、それを見越したラストって感じになるのはありますけどね。

アニメとしては2期を締めくくるエピソードとして、この会話の場面が来るのが嬉しかったです。ふたりの関係性をはっきりと示して、そして未来をも想像させるものになっていますからね。こういうラストにしたい、というスタッフの気概のよくわかる展開でした。この作品については書きたいことがたくさんあるので、2、3日ののちに改めて全編のことを諸々書くつもりでいますが、まずはスタッフ、キャストの皆さんに感謝を。ありがとうございます。お疲れさまでした^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

エロマンガ先生 最終回 [アニメ]

12話めが先ほど放映されて、「エロマンガ先生」が最終回を迎えました。例のごとく原作は未読のままで、アニメを見通したわけです。この作品のタイトルって、けっこう狙っているんですが、作品を見終えると「狙った」感じはあまり受けずに、むしろすがすがしい気分があふれていると思えます。ひとわたり主な登場人物が描かれるオープニングのここの絵が、作品を良く表してますよね。
e_manga_01.jpg

タイトルについては多少の気恥ずかしさも無くはないのですが、かと言って某局のように「Eマンガ先生」というのは、やはり作品そのものに対しての過剰な反応なんじゃないかと^^;。紗霧自身が、このペンネームに正面から向き合うことがちょっと難しいみたいですけど。

私としては、登場人物たちの行動や性格が、「真っ直ぐなこと」という部分に感心してました。中高生の「恋愛ごっこ」とか言う人もいそうだけど、私はこの「真っ直ぐ」を保ち続ける人物群がひどく気に入っています。その「真っ直ぐ」は、お互いにぶつかり合うこともいずれは起こるのかも知れませんが、まずはそれぞれが心と気持ちとを素直に語り続けられる、という作品の描写がすがすがしいと思いながら見ていました。

9話10話とエルフ、ムラマサがそれぞれに心をあふれさせ、そして11話で兄妹がそれぞれどのようにしてお互いを知り、同じものをめざすようになったのかが描かれます。ここまででも充分に「最終回」でもいいのかも知れませんが、もうひと騒ぎ起こるところがこの作品らしいと言えばらしいのかな。最終回のラストの絵が、やはりこの作品の象徴のようでもありますね^^。
e_manga_02b.jpg

これだけ周りの女の子たちが「真っ直ぐ」なのに、けっこう古い馴染みのはずの本屋の子(智恵)が、なにごとも表明しないのは不思議だなと思っていたんですが、やはり最終回できちんと気持ちを伝えていますね^^。ちょっとごまかして「お金目当て」みたいなことも言いますが、何のことはない、最初から正宗のことは想っていたんだろうね。正宗君、これで5人めだぜ^^;。

「マサムネ」に対抗して「ムラマサ」というペンネームにしたらしい、ということなんだそうですが、どっちも「名刀」の名であることはご存じかと思います。まぁ「村正」は時として「妖刀」扱いもされてますけど。あんまり言われて無いみたいだから書いときますが、「ラノベ天下一武闘会」の参加者には「獅堂国光」と「長船真弓」の名も見えていますが、「国光」「長船」共に刀工の名です。名前と苗字の違いはあるけど。

残るひとりの「さいれん(はあと)」さんは、たぶん刀の名とは無関係かなと思いますけどね^^;。獅堂さんはのちに登場してきますが、長船さんは未登場のままでした。原作だとどうなのかな。登場してるんでしょうか。小説やマンガの登場人物の名が、日本刀から採られているというのは、ほかには聞かない気がします。

アニメ作品全体として、丁寧な絵作りは特筆ものでした。やや明るめのトーンで強い原色が多くなりすぎないような色彩設計も合わせて、明るい絵柄が楽しめました。「紗霧専任」のアニメーターさんがいたり、「服飾デザイン」というスタッフが置かれていたりと、細かな気遣いが見て取れます。たとえばアニメとしては、こんな髪の質感は描くのが大変だと思うのですよ。
e_manga_03.jpg

この少し前に曲調が変化して、やがてこの絵が現れるんですが、髪の質感と動きやTシャツのしわの具合とかも含めて、ホントにかわいく描けてるなぁと、毎回感心していました。

原作のストックはまだあるみたいですし、2期はかなりあり得るんじゃないかと思います。そうなると登場人物も増えたりと、いろいろ大変なんじゃないかなとは思いますけどね^^;。私としてはこの人が大いにお気に入りなので、ぜひもう一度会いたいものだと思ってます^^。
e_manga_04.jpg

スタッフ、キャストの皆さん、本当にお疲れさまでした。楽しめる作品をありがとうございます。2期を期待しながら楽しみに待ちたいと思います^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

無線LANルータが作動停止^^; [コンピュータ]

「作動停止」という言葉を使うほどでも無いのかも知れません。まぁ「壊れた」ってことなんですけどね。20日の昼間に、いきなりネットとの接続が無くなってびっくりしました。普段まったく存在を意識しないままで使ってますからね。デバイスマネージャで調べたりとか、PCをまず疑うという行動を取りましたが、違うんであちらこちらを眺めたらルータのパイロットランプが消えていました^^;。

実は消えてるんじゃなくて、「赤点灯」になってたんですよね。普段は緑で。でもなんだかとても点灯が暗いので、気が付きませんでした。まぁギラギラと赤く輝いていたら、それはそれで衝撃度は高いかな^^;。PCからのケーブルのみをモデムに繋いでみても、反応がありません。しばらくぶりなんで忘れてたんだけど、プロバイダのIDとパスワードを入れてやらないとね。

それも忘れてるほどに、通常起こらないことだから少し慌てていたようです。そのまま仕事に出なくてはいけなかったので、いったん放置して外出。カミさんはTV経由でネットからの情報を時々見るくらいなので、無くてもかまわないんですよね。帰ってから機種を選んで注文を出しました。我が家の場合、主に有線LANが3系統で、無線はノートが2台、スマホは1台という機器の数ですから、安いものでかまいません。

といっても下限は心配な感じなので、その少しだけ上の機種です。Buffaloの安いヤツ。届いて復旧で何ごともなく動いています。壊れた機械は7年前ぐらいから使っていた製品で、考えてみれば365日24時間電源が入ったままなんですから、そりゃまぁ「壊れたくなる時」もあるかも知れません^^;。バラして中の基板を確かめようと思ったら、マイクロの六角レンチ星形レンチでないと開けられないので、ちょっと思案中です。我が家にもあったはずだけど、六角。どこに置いてあるんだっけなぁ^^;。
追記:六星形でした。正確にはなんて呼ぶのかな。これは持っていないんで、結局放置ですね^^;。でも開けてみたいなぁ。安物でいいから探してこようかな、星形。

フレームアームズ・ガール 最終回 [アニメ]

12話に亘って続いてきた「フレームアームズ・ガール」が最終回を迎えました。カレンダーの感じからだと、もしかしたら全部で13話作るのかな、とも思っていたんですが、最近のセオリー通りの12話完結ということのようです。私としては初回でオープニングの歌が気に入ってしまってましたから、その歌の中身がきちんと最終回に生きていたのが、すごく嬉しかったですね。特にこの瞬間が。
fa_girls_01.jpg

「心が通じ合う」と言えば、使い古された言葉なのではありますけど、それが特に11話から引き続いた「ラストバトル」の結末や、エンディングのやりとりに生きていて、つくづくいいなと思いました。

毎回の楽しみのひとつに源内あおの服装のバリエーションがあって、基本的には活動的な服装なんだけど、季節の移り変わりとも連動していて、それぞれに楽しませてもらいました^^。
fa_girls_02.jpg

島田フミカネさんのツィートによれば、どうやらあおの服装をコーディネイトする専門の人を置いていたらしいので、なるほどこんな風に毎週の服装が、バラエティに富んでいたんだと納得できます。

エンディングでの見交わす視線が、この作品の結論とでも言うかテーマと言うか。
fa_girls_03.jpg

轟雷の「心」が育っていく、その道すじがこのお話全体のテーマでもありました。それにしても「苗字」を貰って「源内轟雷」になる、っていう発想はなかなか思いつかないなぁ。あおが照れるのも無理ないかな。

「源内あお」ってもちろん本名なんだろうけど、自分たちの娘に「あお」って名前を付ける両親はどんな人なんでしょうね^^;。まぁ「ぶきこ」もなかなか凄いからなぁ、苗字との韻も含めて。結局人間はこのふたりしか出てきませんでした。このあたりの徹底ぶりはなかなか見事^^;。

「回収」が怖いみたいな発言があったわりには、旅に出るという発想が出てくるのも、彼女たちも成長したのかなと思います。買物に出て平然と品物を買ってきたりもできるってことは、この社会は「彼女たち」の存在がすでに完全に許容されている世界ってことなんでしょうね^^;。旅には「充電くん」は連れてかなくていいのかー、とか軽く突っ込みは入れながら見てましたが。

FAガールズの設定だけはあっても、ストーリーは完全にオリジナルということですから、作る側の苦労は大変であっただろうと思います。途中はけっこう遊びながらも、山場はきちんと組み立てられていき、轟雷の成長と共にラストを迎えるというストーリーは、予想はできたもののあちこちで上手に裏切られて、楽しませてもらいました^^。

大ラスに出てきた「新キャラ」とおぼしき素体については、私には分かりませんが、2期または劇場版の可能性もおおいにありえると思います。楽しみにしながら待ちたいと思います。まずはスタッフ、キャストの皆さん、お疲れさまでした。楽しめる作品をありがとうございました^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

Somebody Help Me [音楽]

「人称代名詞」をタイトルに含む曲というくくりでこのところ続けている「この1曲」しりーずですが、今回はたった3語のタイトルに、代名詞ふたつと動詞ひとつというけっこうな比率でございます^^;。「Somebody Help Me」は、イギリスの60年代のバンド、The Spencer Davis Groupが66年3月にリリースしたシングルです。全英1位に2週留まるスマッシュヒットになっています。

前にもManfred Mannのところで書きましたけど、グループ名はバンドリーダーの人物に基づいて名付けられています。まぁこちらは「Group」という「断り書き」がプラスされていて、まだ分かりやすくはなってますけど。60年代を中心に活躍したのち、70年代には活動再開、さらに現在もリーダーのSpencer Davisを中心として、活動は続いているようです。まぁ彼さえいれば、グループ名は名乗れますからね^^;。

このバンドは一時期Steve Winwoodが在籍していて、のちに彼がたどったバンド活動はロック史上重要なできごとになっています。すなわちEric Claptonと一緒にBlind Faithを結成したからなんですが、このバンドはアルバム1枚を残したのみの活動でした。ただスティーヴのソウルフルなボーカルは、Spencer Davisと共に活動していた頃から、定評がありました。

Spencer Davisのバンドは、いわばポップ・ロックの域に留まってはいますけど、けっこうな数のヒットを出していますしが、スティーヴが抜けてしまうと結局人気が傾いてしまいます。60年代に多く出現したイギリスのバンドの中では、ボーカルセンスの良さで独自の地位を占めていますが、のちの時代に影響を与えた、という要素はあまり無いですけどね。でも忘れてはいけないバンドのひとつだと思っています^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

曇り空とあじさい [写真]

あじさいの写真を撮るなんて「さほど興趣はおぼえない」、とか数日前に書いたんですが、その言葉がまだ空中に浮遊しているようなタイミングで、あじさいを撮影したのでございます^^;。近所に咲いているのを見て、なかなかきれいなものだなぁと^^;。
ajisai_01.jpg

こういうタイプの、大きめの花の咲いた中に小さな花がある種類は、以前からなかなか可憐でいいものだと思っていました。たまたま見かける機会があったので、何枚か撮りました。
ajisai_02.jpg

調べてみたら「ガクアジサイ」と総称される種類なのだそうで、むしろ日本古来の原種あじさいはこちらなのだそうです。これをヨーロッパ人が持ち帰って、改良したものが日本に再度輸入されて、小さな同じ大きさの花が毬のように咲く品種が、むしろ普通の種類として見られるようになった、のだそうです。
ajisai_03.jpg

私は色と大きさにコントラストが付くガクアジサイの方がきれいだなと思いますが、専門に育てているような寺院の庭などの、色合いが多彩なあじさいの花の写真を見ると、それもきれいなものだと思います。今回はたまたま近所で見かけて撮りましたけど、そのあと調べて知ったことも多く、面白かったです^^。古くから親しまれている季節の花として楽しめました^^。

プロフィール画像を変えてみる^^ [コンピュータ]

ことの起こりはTwitterのアイコン画像の表示窓が、丸形に仕様変更されたことなんですけどね。さすがアメリカ企業だけに、前触れなしにいきなり、かつ恐らくユーザーの意向で元に戻すなんてことは、まず無いだろうという。元の普通の四角がいいとかどうとかじゃなくて、突然どうしたのか、という疑問は付いてきますねぇ、やっぱり。

四角いアイコンだからそういう風にレイアウトしてあって、ぎりぎりのラインはここ、みたいなデザインになってる場合もあるんで、突然丸くされると苦労した意味を踏みにじられることも、気分としては無くはないというところでしょうか。まぁ、とある「なりきりbot」を作ってツィートしてるんで、そのアイコンはいろいろ造りで苦心もあったからなんですがね。自分のはひとつしか無かったけど。

そのひとつしか無いこれまでのアイコンを、いったんとりやめて新しいものを作りました。元のはかなりいい加減に作った「フェンダー・ジャガー」の画像のものでしたが、単純に「紋所」風のものに変更しました。ただしモノトーンでは無くて、色が付いたデザインにしてみました。もちろん「丸く」見えないように形は工夫しました^^;。

Twitterに使うものは白バック、Web用は黒バックです。色は気分でまた変えるかも知れません。あ、そうか何色か組み合わせを変えたものを作っておいて、時々変更するのも悪くありませんね^^;。暖色系、寒色系、パステルトーンや鮮やかなものとか。うーむ、少し作ってみてから考えます^^。

眼鏡を作ろうか^^ [暮らし]

私の目は度は弱いものの近視と少しだけ乱視とが混じる、ちょっとやっかいな目です。これは右眼の話で、左は視力が出にくいので、眼鏡は左目が素通しという、ちょっと変わったものになっています。今使っているものはだいぶ前に作ったものなんだけど、度はまだ合ってるし、充分に使えます。ただ時間帯や疲れ具合によって、見づらいような感じがしてしまうという状態。

やはり眼鏡が合っていないのか、という疑問もあって、1本作ろうかなという機運が、盛り上がってきてます^^。私の中で。ちゃんと検眼をしてもらって、新しい眼鏡を使ってみたら、やはり今のはちょっと合ってないな、ということになるのかも知れません。ただ、普段は眼鏡無しで充分行動可能だし、基本的には運転用ということになります。まぁ買物の時とかは、かけた方が品物の判別はしやすいけど。

ファッション性にもブランドにもまったくこだわりは無いので、いわゆる安売りメガネ屋さんでいいだろう、といろいろ調べて、かなり知られているZかJかのどっちかでいいのかな。どちらのチェーンも、比較的近くにお店があるので、ネットで当たりを付けておいて、お店に行ってみようと思います。店員さんの対応の感じが、いい雰囲気だと嬉しいけど。ネットで見る限り、フレームの趣味はZの方が私の好みのものが多そうなんで、まずはそっちから攻めてみることにしましょうか^^。