So-net無料ブログ作成

I've Been Wrong [音楽]

前回から人称代名詞の入ったタイトルで、と決めた「この1曲」シリーズですが、「you」で始めたので次は「I」にしてみました。まぁ順番でやるつもりはありませんけど。1966年のThe Buckinghamsのシングル、「I've Been Wrong」です。チャートには入ってないみたい^^;。アルバム「Kind Of A Drag」に収められていますが、リリースはアルバムがあとからのようですから、いわゆる「寄せ集め」アルバムなのかな。

アルバムのタイトルになっている曲は全米1位になってますから、この大ヒットを受けてそれまでのシングルを集めたものなんでしょうね。次のアルバムからはトップ10ヒットが2曲出まして、名声は確立したものの人気もこのあたりがピークだったようで、1970年には一旦活動を停止しています。

その後1980年には再スタートを切って、現在に至るまで活動はしているようです。このバンドの面白いところは、なんといってもそのバンド名。アメリカはシカゴの出身であるにもかかわらず、「バッキンガムス」ですからね^^;。レコード会社側の意向であったということなんですけどね。イギリスっぽい名前にしときたかったということで。

それともうひとつ、ロック史的にはのちのブラスロックと言われたバンドの原型であるところも面白いです。ChicagoやBS&Tのヒントと言うか元の形と言うか。プロデューサーが、のちにブラスロックの生みの親と言われるようになるJames William Guercioだし、レコード会社も同じCBSですからなるほどと思うけど、結局このサウンドはプロデューサーの趣味なんですね^^;。

バッキンガムスはバンドにプラスしてのバックのミュージシャンという形での、「ブラスロック(ポップ)」サウンドですけど、これがバンドとしてのメンバーにブラス奏者を含む形で、ふたつのバンドが相次いで生まれるわけです。そして大きな成功を収めて、プロデューサー共々大変な名声を得ることになります。

ですがこの「I've Been Wrong」という曲は、どちらかと言えばビートルズなどのイギリスのバンドのサウンドに近くて、もしかしたらバンドの嗜好そのものは、こういう音が原型なんじゃないか、と想像させてくれます。メジャーの契約と共に、音もプロデューサーに変えられることを余儀なくされた、と考えるのは斜めから見過ぎでしょうかね。なんかそんな気がしてならないのですけどね^^;。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

梅雨は明けてもちょっともの足りない^^; [季節]

「もの足りない」なんて言うと、たちまち季節をつかさどる女神さんあたりに怒られそうですが。とにかくラニーニャのせいで猛暑になるよ、という話が出ていたわりには、梅雨はやや長引いてしまい、明けたのちの天候も本気の夏には未だなっていない感じです^^;。だからと言って本気になられたりすると、それはそれで困るんだけど。

とにかく暑中見舞いを書き始め、少しずつ投函していく時季となりました。たいした枚数ではないし、暑中見舞いは、既成の夏のデザインのカードに手書きで挨拶を数行、というのがパターンです。今のところ暑さはいくぶん落ち着いていますが、それでも暑いことには変わりません。皆さま体調には充分ご留意を^^。

7月26日と言えばミック・ジャガーの [ひと]

ミック・ジャガーの誕生日でしたね。彼はいくつになったんだっけ。1943年生まれだから73歳ですか。キースも同い年のはずですが、彼は12月だったっけかな。実は義理のいとこが(カミさんのいとこね)ミックと誕生日が一緒でしたから、以前からちょっと不思議な感じがしてました^^;。

60年代に登場してきたミュージシャンの多くは、第2次大戦中の生まれの人がかなりの数になります。特にヨーロッパは1939-45年ですからね、大戦中って。たとえばジョン・レノンは1940年の10月生まれで、いわゆる「バトル・オブ・ブリテン」の真っ只中です。9月中旬に一段落したとはいえ、まだ英国民は一段落していたことを知りませんでした。そんな時期。

ミックの生れた頃になると、大戦中ではあるもののいくらか状況は好転していて、少なくともドイツ軍が今すぐ上陸してくる心配はしなくて済んでた時期でしょうね。そういう時期に生れて、戦後に育っていって50年代の半ばごろからのロックンロールの台頭を、中学から高校生ぐらいに経験した世代なわけです。そりゃミュージシャンになるヤツも出てきますって^^;。などと時代に思いも馳せるミックの誕生日なのでございました。

You Keep Me Hanging on [音楽]

しばらくのあいだ「タイトルに動詞を含んだ、できれば命令形の曲」というくくりで繋いできましたが、だいぶ長いことやってる気もしてきたので、方向を変えます^^;。前回たまたま「Shock Me」という曲でしたから、ちょうどいいやってんで「タイトルに人称代名詞を含んだ曲」でしばらく行ってみようかな、ということに決めました。まぁ単数・複数とかいろいろあって、タイトルに含んでいる曲はものすごくたくさんあるはずです。

で、1曲目はVanilla Fudgeの1967年のデビューシングルで、同年のデビューアルバムにも収録されている「You Keep Me Hanging on」です。この曲は元々はThe Supremesの1966年のヒット(全米1位)ですが、ヴァニラ・ファッジは早くも翌年にカバーしたことになります。ただし曲名は、スプリームスでは「Hangin'」という省略形になっていますけど。ちなみにヴァニラ・ファッジのバージョンは全米6位。

さらに1986年にはKim Wildeのカバーしたバージョンが全米1位になっています。すなわち結局ヴァニラ・ファッジのシングルは、6位というスマッシュヒット止まりでした。もっともアレンジのユニークさや重量感はなかなか見事なできで、のちのちのバンドに大きな影響を与えてもいます。

たとえばイエスが結成されてファースト・アルバムを作るときの、音作りのイメージは「ヴァニラ・ファッジのサウンドの上にCS&Nのコーラスを乗せる」というものであったようです。イエスのファーストアルバムはサウンドもコーラスも、少しずつ違ってはいるけど、確かに上記のイメージに近いものはあります。

ヴァニラ・ファッジは活動を続けるあいだに5枚のオリジナル・アルバムを作りますが、セールスという面からいえばファーストがいちばんヒットしたことになります。1970年には短い活動期間で一旦解散しますが、のちに再結成も行われており、断続的に活動は続いています。

メンバーだったカーマイン・アピスとティム・ボガートは、一時期「最強のリズム隊」とも呼ばれて、いくつかのバンドをこしらえています。Cactusや、ジェフ・ベックと組んだBeck, Bogert & Appiceはそれぞれごく短い活動期間ながらも、アルバムはヒットしていますから、バンドしてはヴァニラ・ファッジよりも成功していたと言えます。がしかし、のちの音楽シーンへの影響の大きさから言えば、ヴァニラ・ファッジもまた偉大なバンドのひとつだったように思います^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

配信開始 [ゲーム]

22日の丸一日、日本中のマスコミで「ポケモン」という単語を、いったい何回報道したんでしょうか^^;。なにしろここまで関心を呼ぶとは、さすがに予想もしていませんでした。アメリカで先に配信され、盛り上がりと騒動とがあったからこそ、日本国内でもマスコミが盛り上がっているわけですけど。

日本では夏休みの開始とほぼ同時に(地域によってのずれは少しありますが)配信を始めるという配慮を見せていますが、もちろん海外からのニュースが国内に流れて、大いに話題になることもある程度は計算してのことでしょうね。少し遅らすことで、情報が先に大量に入るということでしょう。

この2、3年は特にジバニャンの勢いに押されて、ポケモンは少し影が薄い感じもありましたが、少なくともこの数日の世間の話題ということにかけては、トップの座を占めています。海外で話題になるということが、いかに大きなパワーになるものかがよく分かります。しばらくは話題のトップにいることでしょうね。私はね、スマホ使ってないから、とりあえずは無関係なんですよ^^;。

関東未だ梅雨明けせず^^; [季節]

九州から東海まで梅雨明けが発表されたのに、関東はまだ梅雨が明けていません。特に梅雨明けを待ちかねているというほどではありませんけどね。東海まで明けているということは、富士山は明けたけど箱根はまだってことですかね^^;。へ理屈ですけど。箱根は神奈川ですから関東。では伊豆は梅雨明けしているのかな。

まぁ静岡県に属しているとは言え、頼朝の挙兵の出発点が伊豆であったことでも分かりますが、地政学的には伊豆は関東です。特に半島の東側は。んー、気象学的にもそんな感じでしょうね。まぁ南に寄ってますから、関東の中では特殊な位置ではあるわけですけど。

閑話休題。一応毎年梅雨明けを待って、暑中見舞いを書いたりするわけだけど、梅雨明けが遅れると立秋が近づいてくることになります。あんまり期間が狭いのもちょっと急き立てられる感じで、できれば避けたいところ^^;。年賀と違って暑中見舞いは、数枚ずつ書いては投函するスタイルにしてます。梅雨は明けても葉書は五月雨で出すという^^;。

でもなんだかあと数日は梅雨明けの気配がありません。明けるのを待たずに言い訳を含めて、書いてしまおうか、とただいま思案中です^^;。水源の貯水量を考えると、とにかく関東北部の山沿いは、降ってくれた方がいいのですが、こればっかりはどうなることか。とにかく今少し梅雨は続くようですね。

Shock Me [音楽]

今回の「この1曲」シリーズはKissの「Shock Me」。1977年のアルバム「Love Gun」の3曲目に収められています。アルバム自体は全米4位まで上がるスマッシュヒットになっていますが、「Shock Me」はシングルカットされていません。ただし「100 Greatest Guitar Solos」というランキングで50位にランクされていて、その方面でちょっと知られている曲のようですね^^;。

Kissはストレートなハードロックを身上としているバンドですが、ステージのセットやライブの際にメイクをしたりという、どちらかと言えばバンドの音楽とは違うところで有名だったりします。日本で新聞などが紹介するときには「メタルのバンド」といった言われ方をするのですが、いわゆるヘビー・メタルのバンドとは言えないように思います。

やはりアメリカのバンドらしい音を持ったハードロックでしょうね。メロディの作りも大変にキャッチーで、ヒットの要素はきちんと押さえているあたりが、いかにもアメリカンバンドです。日本にもファンが多く、来日も10回以上しています。最近ではももいろクローバーZと楽曲をリリースしたり、来日時にももくろがゲストに招かれたりもしています。

長く続いたバンドによくあるメンバーの入れ替わりも、それなりに経験はしているのですが、中心になるジーン・シモンズとポール・スタンレーのふたりは結成以来在籍していて、このふたりがいる限りはバンドしての存在感も不変であろうと思います。アメリカらしいロックバンドの典型のひとつとしてこれからもあり続けるでしょうね^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アンドレ・クリュイタンスのベートーヴェン交響曲全集 [音楽]

私にとっては長年の宿題だった、という感慨もあるCDボックスを、とうとう購入しました。特に大げさなものじゃないのですが、5枚組のベートーヴェンの交響曲全集です。指揮はクリュイタンス、オケはベルリン・フィル。BPOにとっては、初めてのベートーヴェン交響曲全集ということになるのだそうです。当時の常任であったカラヤンではなくてクリュイタンス。録音は1957年の暮れから1960年の3月にかけて6回に亘って行われています。
symphonies.jpg

何故なのかは分かりませんが、とにかく就任して3年めだったカラヤンを差し置いて、クリュイタンスとの全集録音に踏み切ったわけで、「謎」扱いする人も見かけたことがあります^^;。以前に聞いた話なんですが、当時のEMIは戦前の名残で、社内は3か国(イギリス、ドイツ、フランス)に分かれていて、それぞれの録音チームが制作を行っていたのだそうです。定期に客演したクリュイタンスに好印象を持ったBPO側の希望で、この全集が録音されたとのこと。

クリュイタンスは、厳密にはEMIフランスの所属であったために、EMIドイツは返礼としてシューリヒトをEMIフランスに「貸し出し」て、パリ音楽院管弦楽団とのベートーヴェン交響曲全集が完成された、というのがその「聞いた話」の全貌ですが、私はかなり信じていい話だと思っています。まぁレコード会社の「話題作り」だった可能性も否定はできませんが^^;。

私は以前にクリュイタンスとBPOの組み合わせで、5番のCDを聴いていたので、いずれの日にかこの人の全集は手に入れようと思ってました。思ってても何年もかかるのは毎度のことですが、ふとある日新品を安く見かけたので、かなり衝動的にポチったのでした。

全体の演奏の長所としては、やはりBPOの音が魅力があることと、思い入れ過ぎないある種の爽やかさのある音楽づくりかな思います。また時として5番の第4楽章の開始からアッチェレランドをかけて、次第に速くなっていくというような表現もあります。あんまり聴かない表現のような気がしますね。全体としてはピリオド奏法による演奏の洗礼を受けた現代では、「時代遅れ」の演奏なのかも知れませんが、これはこれで魅力のある演奏だなと思いました。いいお買い物でした^^。

追記:書いたあと少し思い出したことを。カラヤンは1951年から1955年にかけて、フィルハーモニア管とベートーヴェン全集を作ってますね。この間54年にフルトヴェングラーが亡くなって、カラヤンはBPOにやって来ることになりますが。結局EMIとしては「カラヤンはこないだ作ったばかりだし」という意識もあったのかも。ちなみにEMIイギリスでの制作だったと思います。

カラヤンのこの全集と昨日書いたシューリヒトの全集は、どちらもちらりほらりと聴く機会もあり、かなり好きな部類の演奏だなと思ってます。いずれどっちも手を出してしまいそうな気がしています^^;。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

雷雨襲来^^; [季節]

今年もこの季節がやって来たのかという気がしますが、14日の午後は我が家周辺に雷雲がやって来て、かなりの雨になりました。雨もさることながら雷が何回か近くで轟き、季節だなぁという気分です。水源のあたりにもいくらかは降ったようですから、ちょっとは足しになったのかな^^;。

嫌いな人も多いと思うので申しわけないですけど、私は実は雷はちょっと好きなんですよ^^;。もちろん高い山の上で、雷に遭遇したら好きだとは言えないと思いますが。むしろ怖い。まぁ都市部というか人里にいるから、そんなことも言えるのは確かです。とにかく今年もいよいよ夏に向かうわけです。「オリンピックの年は猛暑である」という説もありますけど、今年はどうなるんでしょうね^^;。

永六輔さんのこと [ひと]

永六輔さんが7月7日に亡くなっていた、というニュースが入ってきました。放送作家として放送に関わり続け、作詞家として多くの歌を世に送り出し、文筆家としても活躍していました。私としては多くの作詞を手がけた、音楽面での活躍が一番印象的で、作曲家・ピアニストの中村八大さん、歌手の坂本九さんとのいわゆる「六八九トリオ」は名作を多く残しています。

特に「上を向いて歩こう」は、訳詞やカバーをされたわけでもなく、オリジナルの楽曲のままでビルボード誌での全米1位を3週続ける(1963年6月15日付から)、という日本の楽曲としては唯一無二の大記録をなしとげています。ただしタイトルはアメリカで知られている、ということなのか「Sukiyaki Song」に変更されてはいましたけど。

永さんの言葉で印象的なのは「角をひとつ曲がればそこは知らない旅先だ」といった要旨の言葉です。あるいは出演していた浅田飴のCM中での言葉だったようにも思います。私は写真を撮るために街歩きをしている時に、この台詞を時々思い出し、知らない街で知らない街角を曲がるときに、心の中で唱えたりしてました。

1985年に日航機の事故(いわゆる御巣鷹の尾根の墜落事故)で坂本九さんが亡くなり、1992年には中村八大さんも亡くなって、永さんは「俺ひとり生きてる」という旨の発言もしていました。なんのなんの、そう言いながらも著作でヒットを飛ばし、ラジオでも元気な声を聴けたりもしていましたが、近年はほぼ闘病を続けていた状態だったようです。2016年7月7日83歳没。ご冥福をお祈りいたします。どうか安らかに。