So-net無料ブログ作成

5月の末は忙しい^^; [季節]

まぁ今月も終わりに近づいていますが、何しろいろいろと重なってしまい、けっこう忙しい思いをしております。と言っても仕事がらみでは無くて、ほぼ趣味というか道楽というか私事というか^^;。艦これのイベントが終盤を迎え、テニスの全仏オープンとF1モナコGPがあって、さらにチャンピオンズリーグの決勝。しかし決勝でPK戦にもつれ込むのは辛いなぁ^^;。

そしてさらにガルパンのBDが待っているし、という状況です。どれかを少し後回しにせざるを得なくなり、泣く泣くガルパンを積んでおく、という仕儀に至っております^^;。あ、ちょっとだけ目を通したけど。6月を迎えると同時に諸々潮が引いていくのですが、私は31日が出勤なので実質今宵限りの空騒ぎとなりつつ。夜中までなにをやっとるか、と叱責は重々承ります^^;。好きですから^^。艦これのレポートとガルパン劇場版の再見の感想などは、またのちほどに書くつもりでおります^^。

今年のモナコはハミルトン、テニス全仏は錦織敗退 [スポーツ]

F1モナコGPは決勝が行われ、ハミルトンが今季初勝利を挙げました。今季もうひとつペースを掴めないでいたハミルトンですが、ここモナコで勝つというのは、大きいと思います。昨年まで3年続けて優勝していたロズベルクは、7位に終わりました。連覇というものは難しいものです。スタートはウェットコンディションであったということも、タイヤ交換などレースの展開に大きな影響がありました。

テニスの全仏オープンの4回戦で、フランスのガスケと対戦した錦織は、セットカウント1-3で敗れてベスト8進出はなりませんでした。この試合の1セット途中で雨のために中断があり、再開直後からはガスケがペースを握って、2セットを連取しました。

第3セットは錦織が取りましたが、4セット目に入ってブレークを許すと、そのまま押し切られた形です。奇しくもフランスの北と南で雨が勝負を分けたことになります。昨年もフランスのツォンガに敗れ、今年もまたフランスのガスケに敗戦と、アウェイは気にしないと語っていた錦織ですが、やはり声援の重圧も微妙に効いていたのかも知れません。まずは次の試合に向け、心と体を休めて欲しいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

5月最終週はモナコGP、テニスも少し [スポーツ]

テニスの全仏オープン3回戦で、錦織はフェルナンド・ベルダスコとの試合をフルセットの末に勝って、4回戦に進出しました。お互いにブレーク合戦のような展開で、見応えのある試合でしたが、やってる選手にとっては、見応えなんかいいからすんなり勝ちたい、というのが本音だと思います^^;。

2セット取ったあと2セット取り返されるというのは危ない兆候でしたが、3、4セットで押されていた錦織が、4セット目の終盤にペースを取りもどしかけたのちに、5セット目を1ブレークで取って勝つという内容でした。危なげはかなりあったけど、なんとか最後はペースを取り戻していた感じです。次の試合は(元天敵の)ガスケですが、ここ2試合は相手にペースを与えていませんから、その調子で勝ちたいところです。

F1モナコGPは木曜に開幕、例のごとく金曜日を空けたのちに土曜はフリー走行が行われています。大変特殊なサーキットであるだけに、今期も続いているメルセデスの優位も、ここではあまり生きていないようです。少なくともフリー走行ではかなりタイムが接近していて、予選がどうなるかは予断を許しません。

このところモナコはロズベルクが3連覇を果たしている状況で、もし4連覇を達成できれば、来季にはセナの5連覇にならぶチャンスが訪れます。まぁなかなかそう上手くはいかないものだと思いますが、どういう展開が待っているでしょうか。なにしろオーバーテイクの難しいサーキットであるだけに、予選の順位が大変重要です。それとピットワークが勝負を分けることもしばしば起こるレースでもあります。どうなりますでしょうか。楽しみです^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本のお給料日^^ [暮らし]

25日はかなりの数の会社でお給料日ですね。ご多分に漏れず我が社は25日支給で、まずは多数派でございます。25日じゃないっていう企業やもろもろの組織も、それなりにはあるはずですけどね。私が聞いた話では、日本郵政は24日に支給されているのだそうです。人数多いからねぇ^^;。銀行の手間を減らすためにずらしたんでしょうか。

ほかにも20日に出るよという知り合いがいたり、これも聞いた話だけど、自衛隊の皆さんは18日が支給日なのだとか。正式には「俸給」と呼称するらしいのですが。まぁおおよそ月末の少し前が大多数なのかな。なので月末はいろんなご商売が潤ったりするのでしょうね。

それに比べると賞与の場合は6月の初めぐらいから、8月のかなり遅い時期までさまざまで、かなりバラけてるみたいです。年末はそうでもないんでしょうけど。ほぼ全部が12月中に集中するようですからね。はい、今月も25日がやって参りますねぇ^^。
タグ:給料日 給料

隣家の猫、未だ姿を見せず [猫]

隣家と言ってもちょっと離れているお宅の猫なんですが、出産が近そうだと思っていたら姿が見えなくなり、その件を記事にしてからひと月余りが経過しました。その後未だ姿を見せてはくれず、いったいどうしていることやら。おなかの子の父親と目されているキジトラ君は、我が家の周囲でしばしば見かけるのですが。

大型連休を過ぎ、妙に暑い日々が続いているこの頃に至っても、所在が確認できないでいます。こういったことは、近所の話題としてはやや扱いが難しくて、うっかりしたことは聞けないでいるわけです。いくらなんでもそろそろ姿を見せてくれたって、いいはずなんですけどね。うーん、ホントにどうしているのだろう。

目には青葉 山ほととぎす 初鰹 [季節]

初句は「目には」なんですね、この句。ちょっと覚え違いをしていました。鰹は今年はまだ食べてないな。けっこうさかな好きなんですが、食べないままで季節が過ぎてしまう年もわりとありますから、さほどには意識していないってことですね^^;。旬だから食すわけでもないけど美味しいから好きです。

青葉については黙っていても目に入ります。わが街は幸いにも比較的緑の多い街並みで、目につく緑はたくさんあります。問題はほととぎすで、これはなかなか難しい。ただわが街では時折郭公の声は聴くことができます。一度や二度ではありませんからね。少なくとも7、8回は耳にしていると思います。もちろん幹線道路から少し離れていないとだめだけど。

五月は気温も天候も大変いい季節だと思いますが、歌舞伎や落語であんまり舞台になっていないんですよね。「花見」「真夏、暑さの盛り、盆」「紅葉」「暮れと正月」は題材としてよく使われるんですけどね。五月が舞台の落語ってあったかなぁ。ご存じでしたらご教授を^^。
タグ:初鰹 初夏 五月

Show Me the Way [音楽]

今回の「この1曲」シリーズはPeter Framptonのシングルで「Show Me the Way」。ちょっとややこしいのは、彼のこの曲名のシングルは2種あって、しかも2年立て続けにリリースされていることです。1975年にはスタジオアルバムからのシングルカット、翌76年の2月には前月に出ていたライブ・アルバムからのシングルカットで2種めが出ています。

もちろん大ヒットとなって大変有名なのは、ふたつめのライブ・バージョンのシングルで、全米6位になりました。このヒットに引っ張られるような形で、アルバムも大ヒットとなり、アルバムチャートで1位を記録しています。しかし6位ですかねぇ。なんかもっとヒットしていた感じもしますけど。ロングヒットだったのかな。

ピーター・フランプトンは10代の頃からポップスターとして知名度がありましたが、言うなればルックスの良さで得ていた人気という面が強い人でした。76年のライブ・アルバムのヒットは、日本から見ているとちょっと唐突な感じもあったようですが、実際のところは地道にツアーを行って、人気が盛り上がっていったみたいです。

そのツアーでの演奏を収録したライブから、シングルとして出た「Show Me the Way」がヒットして、大きなセールスに結びついたわけです。その後はあまり大きなヒットには恵まれず、やや地味な存在にはなってしまいましたが、現在でも活動を続けていて知られています。

アメリカの音楽シーンというのもたいしたもので、40年前とは言え全米を席巻したことのあるミュージシャンは、けっこうライブなどでも活動していけるようです。ピーターも白髪のお爺ちゃまになっていますが、なるほど若い頃はさぞや甘いルックスであったことであろう、という雰囲気の「童顔のお爺ちゃま」で、今も活躍中でございます^^;。

ご興味のある方は、彼の名前で画像検索してみてください。若い頃と最近のとが入り混じって表示されてるのを一目見れば、うーむなるほど、と唸ってしまうこと受け合いですから。人間、時として二物をもって生まれて来るものなのだなぁ、と多少の羨望も交えつつも感心してしまうのでございます^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

エリック・サティ生誕150年 [音楽]

当サイトとしては比較的珍しく、日付がぴたりと合っているので、この作曲家のお話を。ドビュッシーよりは少し年下で、ラヴェルよりは9歳年長という人で、なんとなくあの辺の人なんだというのは分かりやすいと思います。ある意味なかなかに不思議な音楽を創造し続けた作曲家で、日本では(なんて大きな言い方をしますが)初期のいくつかのピアノ曲といくつかの歌曲が大変人気があります。

すなわちそれ以外の作品群はあまり演奏される機会がなく、舞台作品などは「黙殺」されていると言ってもいいかも知れません^^;。あ、もっとも私は舞台に一生懸命通っているわけでも無いので、いわば「勝手な印象」に過ぎない可能性はあります。本国フランスではどうか分からないけど、バレエなんかほとんど上演されないような。

自分でそんなことを書いておいて、持ってるCDはピアノ曲集が3枚ほど(少し室内楽が含まれてますが)。それも「ベスト・オブ」なんていうだらしないものなんで、大きな顔はいたしません^^;。あ、譜面は2冊ほどあるぞ。ほとんど弾いてないけど。

サティの作品については、彼自身が「BGM的に聴かれること」が嫌ではなかったようですから、正面から向かい合って聴くことよりも少し半身で音楽に対した方が、いいのかも知れません^^;。それこそ「家具のように」そこにあることを望んで、そういう曲も書いた人ですから。なかなか簡単には正体を見せてくれない作曲家さんであると思っています^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

欧州サッカー各国リーグもほぼ終了 ちょっとテニスも 速報マレー優勝 [スポーツ]

主要リーグはほぼ終了して、各国リーグとも優勝チームが決まっています。まぁプレミアのレスター優勝という、驚天動地クラスのできごとを除けば、それぞれお馴染みさんの優勝という結果に落ち着きました。欧州各国ともによほどのことが無ければ、だいたいある程度上位常連のチームの中から優勝が決まりますね。

プレミアではニューカッスルとアストン・ヴィラという、けっこう馴染みのある名前が降格の憂き目を見ています。両チームとも古豪と言ってもいいでしょう。優勝経験もニューカッスルは両大戦間が最後ですが、アストン・ヴィラは1980年代に入ってから、一度リーグ制覇があります。もっともその前はと言えば第一次大戦前という話になってしまいますけど。

男子テニスのイタリア国際決勝は、マレーがジョコビッチから1セット目を奪ってリードしています。2セット目もマレーが1ゲームブレークに成功していて、有利に試合を進めています。今大会のジョコビッチは、0-6でセットを取られたり、ラケットで自分の足を叩いて痛めてしまったりと、らしくない感じですがどうなりますでしょうか。まぁこれまで一度も優勝できていない全仏オープンを前に、少しナーバスになっているのかな、もしかして^^;。

01:50 マレーが6-3、6-3のストレートで勝ちました。ジョコビッチは、少し集中を欠くシーンもあった感じです。やっぱり全仏前だからかな。なんとも言えませんが、昨シーズンには出場したマスターズ1000の大会は全部優勝したジョコビッチを降しての優勝は、マレーにとって嬉しいことと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Let's Dance [音楽]

ここしばらくタイトルに動詞を含んだ(できれば命令形の)曲、という括りで繋いできている「この1曲」シリーズ。今回は「Let's」ですから命令形ではありませんが、ということについては以前にも書きました^^;。まぁ動詞は含んでいますから、これでご勘弁をということで。

David Bowieの曲は、これまでほかの曲の記事で言及していることはあるんですが、これまでアーティストとしては登場させていませんでした。この曲はどうだっけ、と調べてみて、彼が未登場であったと気づいたのでした。今年の初めには追悼記事も書いていますが。えーと、実はわざと触れないことにしている人やグループ、けっこうありますけどね^^;。

「Let's Dance」は1983年の同名アルバムの先行シングルの形で、83年3月にリリースされています。全米・全英で1位を記録して、彼の曲の中ではおそらく最大のヒットということになると思います。アルバムも同じ年の4月にリリースされて、大ヒットになりました。

彼がデビューしてから70年代に多く手がけてきたストーリーを持ったアルバムよりも、80年代に入ってからのアルバムがよりヒットしているわけです。ある意味では皮肉なことなのかも知れないけど、デヴィッド・ボウイというアーティストが、ポップ・シンガー(ライター)としても大変優れている証とも言えます。

80年代に入る頃には(特にイギリスでは)大スターであったわけで、しかもこのアルバムでは新しい要素も取り入れて、これまでのファン層プラスさらに新しいファンも獲得しています。文字通りの「新境地」を開いたアルバムとシングルヒットだったわけで、ここからの数年は人気の面での絶頂期であったようにも思います。映画出演なども含めて、本当の意味で大スターでした^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽