So-net無料ブログ作成
検索選択

Don't Push Daddy [音楽]

いろいろあって途中が少し空きましたが、今回の「この1曲」シリーズは「Don't Push Daddy」。Illinois Jacquetの曲なんですが、私が持っているのはいわゆる寄せ集めベストみたいなCDで、演奏のデータはさっぱり分かりません^^;。その中の1曲がこの曲です。タイトルはなんだか適当に付けちゃってるみたいな感じもあります^^;。

そもそもこのジャケーさん、初めて知ったのは以前にピーター・バラカンさんの番組でなんですが、「ジャケー」っていう姓がそもそも不思議でした。フランス語風に発音するのが正解のようですが(あの発音にうるさいお方がそう発音してたし)、アメリカ南部の出身だとしても、ちょっと珍しい気がしました。でもって名前は「イリノイ」なんですからね。ニックネームだろうなとは思ってました。

ところが調べていくうちに分かってきたのですが、ジャケーさんの本名は「Jean-Baptiste Illinois Jacquet」で、ファーストネームがジャン-バプティスト、ミドルにイリノイときて、ジャケーさんでございます。フランス人じゃん、この感じって。またはフランス系。まぁアメリカで出自をあれこれ言うのは、多少問題もあるらしいけど。

で、母方にスー族(アメリカ・インディアン)の血が流れていて、「イリノイ」はインディアン語で「優れた」という意味なのだそうです。州の名前じゃなくて。というか州の名前ももしかしたらインディアン語からの由来なんじゃないかとは思います。あー、最近は「インディアン」も使わないようになってきているようで、アメリカ先住民という言い方が多くなってきているようです。これらの件はなかなか複雑ではございますが。

さて、そのジャケーさんの名前を聞いたときに、私が最初に耳から連想してしまったのは、「じゃけぇ」「じゃけー」などと発音される、西日本の一部で話されている方言の語尾のこと^^;。言ってるのがバラカンさんなんだから、まさか日本語の方言では無いよね、と思いつつも、語感がますます不思議に思えて、しばらくは混乱していました。

山口の下関とか広島県の一部ですよね、「じゃけぇ」。私の耳は「イリノイじゃけぇ」と聞き取って、混乱したわけです。そうじゃないよね、と思いつつも、ですが。検索してみて疑問は氷解するのですが、まぁお名前で印象に残ってしまったミュージシャンでございます。テナーサックス奏者ですね。

ここでもうひとつレッテルと言うか記号と言うか、スタイルの呼称と言うべきなのか「テキサス・テナー」という言葉が登場します。まぁこれもある種のニックネームなんでしょうけど、テナーを大きな音で吹きまくるスタイルのことを差す言葉みたいですね。まぁ曲名を検索すると出てくる某動画サイトで聴いてもらうと、雰囲気は掴めます^^;。

なにしろイリノイさんが吹いているテキサステナーという、語感の面白さでけっこう勝負できるかな。まぁ連想して面白がっているのは私だけかも知れません。ビートは4つなんですが、ジャズというよりは歌の入らないR&Bみたいな感じもあって、なかなか楽しい音楽であることは確かです。私はかなり楽しんで聴いています^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

連休初日は晴れて風 [季節]

前日降り続いた雨が上がったと思ったら、かなりの風が吹き続けて、肌寒い連休の初日になりました。今年の春は、なんだか気温の低い日が多いような気もします。暖かな日もあるんですが、三寒四温の「三寒」の方がぐっと気温が落ちて、ひんやりするという感じ。

毎年特に連休と言っても出勤の日も多くて、ほぼ連休の実感はありませんが、今年は初日とふつか目はお休みです。5月に入ったとたんに仕事ですけど^^;。まぁ毎年似たようなものです。特に出かけることも無く、淡々とシフトをこなす日々でございます。連休が明けたらちょっと出かけたりもするつもりでいますけど^^。

小松姫 [歴史]

ここ何年かはなかなか見ることも無かったNHKの大河ドラマなんですが、今年の「真田丸」はカミさんが見てみたいと言ったことと、私も興味深い題材だったので、録画して時間のある時にふたりで見ています。戦国末期の複雑な政治史的事情と、人間関係がどう描かれるかが面白そうだったので。

お話はワンクール(13話分)が終わってもなかなか進行していかず、未だ天正十四年(1586年)夏の九州攻め直前というあたりで、お話が始まって4年半ほどが経過したところです。最終的に慶長二十年の大坂夏の陣(1615年5月)がクライマックスであるとすれば、途中で描かれない「戦国の大事件」もありそうです。現時点でさえ「賤ヶ岳」や「小牧長久手」は一瞬も描かれてませんからね^^;。

さて先日の放送では、のちに真田信幸の正室となる小松姫(本多平八郎忠勝の娘)が登場しましたね。吉田羊さん演じるところですが、のちの夫の信幸を大泉洋さんが演じているので、「洋羊カップル」ということになります^^;。これってやっぱり意識的に脚本の三谷さんが配役してる気がしますけど、どうなんでしょうね^^。

先日調べていたら、小松姫は江戸時代初期に病を得て、湯治に出た旅の途中で亡くなっています。その亡くなった場所が私の街の隣のK市で(私の住んでいるのもK市なんですが)、墓所も隣のK市の寺にあるそうなんです。もっともお墓は3か所ぐらいに建てられているらしいのですが。なんだか近所に地縁があって、ちょっと驚いています。お話もこれからどうなって行くのか、楽しみにしたいと思います。

武満徹 「系図」を聴く [音楽]

普段から演奏会のスケジュールを調べたりはほとんどしないので、NHK交響楽団の第1833回定期のプログラムのことも知らないでいました。スラットキンさんの指揮での、ちょっとユニークな組み合わせの曲目が並んでいたのですが、たまたまNHK-FMを聴いていたので、公演の生中継を聴くことができました。

2曲目が武満徹作曲の「系図(ファミリー・トゥリー)―若い人たちのための音楽詩」でした。ちなみにここでの表記はNHKの演奏会の案内の表記に従います。この曲は、以前にも一度テレビでだったと思うけど、聴いたことがあって、その時はその響きや朗読される詩の言葉の連なりに感心したものでした。

ところがその夜の(22日の夜の)FMでの放送を聴きながら、どういうわけだか始まってすぐにじわりと涙がにじんでしまったかと思うと、そのあとはほとんどずっと止めどなくこぼれる涙を抑えることができないでいました。何かが、と言ってしまえばあとから考えてのことになりますが、やはり音の響きのしなやかさと詩の言葉の出会うところの何か、に心が反応してしまったのだろうと思います。

詩は「家族」を詠い、そして世界と向かい合う/溶け合おうとする「私」を詠っています。音楽は「私」を包み、時を超えて流れていく永遠の何かを奏で続けています。先日からの地震での報道が、私の心に影響を与えているのかも知れません。そこでもまた「家族」が出会わなくてはならなかった運命が多くあったことだろうと思うのです。

そうして聴きながら、演奏会場で聴いていたら周りに迷惑をかけていただろうな、むしろ家で放送を聴きながらであったのは助かった、なんてことも頭をよぎりました。静かに泣いているのならいいんですけどね。とてもそれだけじゃ済まなかったし。声は上げませんでしたけど。

あとから思ったことですが、語りの山口まゆさんの声も透明でいいけれど、ここは坂本真綾さんの声で聴いてみたいな、とも思いました。もっとも作曲者は12歳から15歳の少女が読むのが望ましい、と語っていたそうですので、指定からは外れてしまいますが。

朗読される詩は谷川俊太郎さんの作品の中から選ばれたものですが、言葉に湿り気の無い乾いて透明な響きで紡がれるもので、確かに少女の声は似合うと思います。あ、ここでは「乾いた」は「ドライな/素っ気ない」という意味では無くて、ある種の客観視された対象への「乾いて」いる言葉、と使っているつもりです。念のため。

とにかくまたしてもFMでいいものを聴かせてもらったわけで、タイミングが合ったのは嬉しいことでした。自分からすすんで機会を得たのではなくて、偶然が出会わせてくれたということには、感謝したいと思います。いい時間を過ごすことができました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今期のアニメ視聴 [アニメ]

年度始めからすでに3週間を経過していますが、今期に見る作品はどれにしようかな、というのはまだ決めかねています。気になりそうなものは録りだめておいて、ある程度あとからまとめて、というパターンなんですけどね、いつも。岡田さん水島さんタッグの「迷家」は、とにかく見ると決めています^^;。まだ見始めてないけど。

それと年明け頃には想定外だったけど、「魔法つかいプリキュア」の主人公ふたりが、堀江さんと高橋さんのコンビということなんで、とにかく録りだめている状態です。2月からだったかで、もう10本以上進んだんだっけ^^;。見始めると一日4、5本は楽に見ちゃうこともあるんで早いんですがね。プリキュア・シリーズはまともに見たことが今までありませんでした。

タイトルを見て、東映動画としては「おジャ魔女」以来ひと回りしての、「魔法少女」ということになるのかな、という感じもしますからね。まぁ見てみるつもりです。もうひとつ「ユニコーン」は、気になることもあったので初回に目を通しましたが、どうやら描き足しなどは無さそうなんで、見送ることにしました^^;。

あれだけ精度の高い作画だと、描き足すのも大変だろうし。あと「3月のライオン」は3月スタートじゃなくて秋になるらしいので、それは楽しみに待つことにします。見渡したところそんなところで、今期は比較的本数は少ないのかな、と思います。何か気がつけばプラスする可能性はありますけどね^^。

隣家の猫、姿見えず [猫]

出産が近いのではないか、と気を揉んでいた近所の猫が、この3、4日姿を見せていません。強風が吹いたりもしていたので、あるいはどこかの家で保護されているのではないかとも思います。または自力で安全な場所を見つけているのかも知れません。

取りあえず特にお付き合いも無いので、以前に身を寄せていた近所の家に、「猫どうしてます?」なんて尋ねるわけにもいきません^^;。聞いちゃえば早いんだけどね。とにかく次に見るときには、仔猫を引き連れている姿であって欲しいものだと思います。願わくば近いうちにね^^。
タグ: ねこ

週末のスポーツから [スポーツ]

テニスのモンテカルロ・マスターズは、結果だけ見ればナダルの順当勝ちでしたが、内容的にはモンフィスも大いに健闘していたと思います。ただ第3セットに入ってからは足を気にして精彩を欠いてしまい、圧倒されてしまった形。怪我までは行かないまでも、試合中に筋肉が痛み出すといったことはあると思います。

ナダルはこのところしばらくやや不調と言える成績であったと思いますが、ここで結果を出したことになります。元々クレイ・コートは最も得意としていたわけですから、全仏に至るクレイ・シーズンでは復調してくるでしょうね。クレイは錦織も相性が悪くないようで(芝よりは)、いい成績が残せるといいなと思います。

F1は3戦目までを終えて、ロズベルクが3連勝と波に乗っている感じです。ハミルトンはやや運も味方せず、というところで昨シーズンの勢いは、今のところ影を潜めています。次戦のソチはハミルトンが連勝中ですが、ここで巻き返せるのか、という局面になりそうです。

いずれにせよ今季もメルセデスを止められるチームは出ては来ない感じですから、あるいは今季のうちにロズベルクにチャンピオンを取らせてしまおう、ということかも知れません^^;。はたしてどう展開していくでしょうか。
タグ:F1 テニス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

街角の礼拝堂 [写真]

先日通りかかった建物の形が面白かったので、仕事の合間を縫って撮影してきました。とある学校の中の建造物で、礼拝堂ということだそうです。
reihaido_01.jpg

傍らの桜がかなり散ってしまったというタイミングが、ちょっと惜しかったのですが、それでも彩りを添えてくれています。独特の形に興味があったのですが、この学校はどうやら仏教系とのことらしいので、なるほど一種の仏塔の形を模しているのかな、と思います。
reihaido_02.jpg

打ちっぱなしの部分と粗い仕上げの部分とが混在した、壁面のコンクリートの造作は、質朴な印象を与えてくれます。壁面のプレートの表示から、完成してから23、4年が経っているようですが、外観からはもう少し年月が経過しているような感じを受けます。この学校は昨年に移転してしまっていて、この場所がどうなるのか私は知りません。果たしてこの建物は保存されるのでしょうか。

注: 特に「撮影禁止」といった表示も無かったように見受けましたので、撮影して記事として公開はしましたが、もし何か問題があるようでしたら、お知らせください。

Shout [音楽]

タイトルに動詞を含んでいて、できれば命令形の曲を繋いでいる「この1曲」シリーズ。今回は同名曲も多い「Shout」です。エクスクラメーション・マークを付けたものも入れると、何曲かあるみたいですね。歌ったのはTears for Fearsで、1984年11月に「イギリスでは」発売されています。翌年1月に全英で4位。

さて、ここからがちょっとややこしくなりますが、次のシングルである「Everybody Wants to Rule the World」がイギリスでリリースされたのが85年の3月で、こちらは同年4月に全英2位に達しています。そしてそのままの勢いで、なのか全米では6月に2週に亘り1位に輝きます。

これを追いかけるような形で「Shout」がアメリカでシングル・リリースされるのが85年6月初め。そしてこちらも8月に至り全米の1位を3週に亘って獲得します。つまりヒットとしての順番が、イギリスとアメリカでは入れ替わっているわけです。日本ではたぶんアメリカに引っ張られる形で、「Everybody Wants to Rule the World」が先にヒットしてるんじゃないかな^^;。

イギリスのバンドなのに、全英ではついに1位を獲得したシングルは無く、なのに全米では上記の2曲が1位を獲っています。まぁこの2曲だけなんですが^^;。ほかに全米トップ10位以内が2曲あるのですが、日本ではほぼ「2発屋さん」。本国イギリスではヒットは出てるんですけどね。

さらにこのバンドの不思議は、ジャケットとかPVの感じがデュオのように作られているように思えること。確かにふたりの中心的なメンバーが主導しているのは間違いないのですが、ほかにも正式なメンバーはいました。この辺が流動的で、結局のところはRoland OrzabalとCurt Smithのバンドという扱いになるみたいです。

結局カートが脱退して、ソロ・プロジェクトになっちゃうんですが、80年代以降はこうしたふたりバンドや、ソロ・プロジェクトといった形態をとるバンドが激増してきます。スタジオでのレコーディング技術の進歩から、曲作りがしやすくなっていったのが理由でしょうね。ライブはサポート・メンバーを入れてやればいいわけですからね。Tears for Fearsもこうしたバンドの先駆けのひとつなんだと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

隣家の猫、出産間近^^ [猫]

たぶんですが。隣家と言うか近所と言うべきか、お隣じゃないけどすぐのところに出入りしている猫ですね。白に少し黒が入っています。この子がどうやらおなかが大きいのかな、と思っていたら、しばらく前から見る見るうちに兆候が明らかになってきて、この一週間ぐらいはもう今か今かと思える感じになってきました。

両足を畳んで坐っているとね、おなかがサイドに張り出していて、前弩級戦艦のバルジみたいな、なんて言っても分からない人が大多数とは思うけど、あんな風です^^;。父親はおそらくキジトラのあいつで、そう言えばこないだ様子を見に来てましたっけ。感心な心がけです^^。たぶん初産だと思うんだけど、大丈夫かな。まぁ祈るしかありませんが、無事に生れるといいな、と思いつつ見ているこのごろです^^。
タグ: ねこ