So-net無料ブログ作成

笑わん殿下 [スポーツ]

「笑わん殿下」というのは、普段笑顔が少なくて、あんまり笑った顔を人に見せないような人物のことを言うんですが、初代はちょっと昔の政治家のあだ名でした。えーと、この「初代」と言うのは、我が家で呼ばれた人達(まぁ私がそう呼んじゃうってだけなんだけど)という意味です。

二代目はイタリアの指揮者リッカルド・ムーティのことで、ムーティさんも笑顔の少ない人だなと思います。笑っていても目の周りと口元に笑みが浮かんでいる程度。ただ一度だけ破顔一笑している写真を見たことがあるけど、この時はどうやら孫の写真を見せられてのことらしい^^。あ、こんな顔もするんだ、と思いましたっけ。このことは前にも書いたっけ。

三代目としてはサッカーの柴崎岳選手を、我が家では「笑わん殿下」と呼んでおります^^;。まぁ普段から笑顔が少ないわけでも無いみたいで、移籍の会見の写真なんかは、笑顔を見せていますね。ところが試合中には、あんまり笑った顔は見せないみたいです。最初にそう思ったのは、代表の試合でゴール正面からのミドルを決めた時、祝福に集まったチームメイトの輪の中で、にこりともせずに立っている時です。

この時は確か同点のゴールを決めたあとだったので、そのせいで真剣な顔のままだったのかな、と思いました。ところがニュースなどで見かけても、やはり笑ってはいないみたいなんで、その結果三代目と呼ぶことになりました^^;。スペインに移籍したときも、会見ではにっこりしてましたが、しばらくして体調を崩している、環境への順応が遅れているらしい、という話が伝わってきて、「うーむ、なかなか難しいものだ」とも思いました。

幸い調子は取り戻したようで、シーズン終盤には活躍も見せていたようです。チームメイトからは「試合中は集中していて笑顔は無い」みたいな話も伝わってきました。なるほどやはり^^;。そしてシーズン終了後に、さらに移籍してプリメーラで戦えることになったわけです。昇格プレーオフで戦った相手チームへの移籍で、元のチームのサポーターからは、厳しい言葉も出ているようですが、戦った相手からオファーがあるのは認められた証拠ですよね。

移籍先も決して強いチームでも無いみたいで、毎年のように残留争いに加わり、ついに二部に落ちたあと昇格してのプリメーラになりました。これからも厳しい環境での選手生活が続くわけだけど、どうか力を見せてくれればいいなと思います。スペインでの日本選手は、必ずしも力を発揮できないことも多いけれど、うまく溶け込んで活躍して欲しいものです^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。