So-net無料ブログ作成
検索選択

My Little Suede Shoes [音楽]

このところはずっと「人称代名詞」をタイトルに含んでいる曲を繋いできている「この1曲」シリーズ。今回は前回ジャズからだったので、そのまま勢いをかってジャズの有名曲のひとつ、「My Little Suede Shoes」です。バードことチャーリー・パーカーの書いた曲で、1938年に書かれた「Jeepers Creepers」という曲のコード進行がもとになっている、ということのようです。ジャズの分野ではよくあることらしいんですけどね。

「ことのよう」なんて書き方しかできないのは、私の不勉強の致すところですが^^;。たぶん正解。で、誰のバージョンにしようかな、と思って手元のCDやら音源やらを探ったら、いちばんよく聴いているのはこれ、というバージョンに行きつきました。すなわちSonyy Stittのアルバム「Stitt Plays Bird」に収められているバージョンで。

ソニーさんというサックス・プレイヤーは、ある意味でちょっと不幸な人です。演奏スタイルがチャーリー・パーカーにかなり似ている、ということで「偽者」というかそっくりさん扱いされるという、ジャズの演奏者としては「不名誉」な評価を受けることがあるから。まぁソニーさん曰く、若い頃にパーカーと出会ったときに、お互いスタイルが似ているということは、話に出ていたらしいですけど。

この曲は不思議なことなんですが、「My Little Red Suede Shoes」という「Red」があいだに挟まったタイトルのバージョンも存在しているようです。聴けば同じ曲でおんなじメロディなんですけどね。ちょっとしたジョークかなにかでしょうかね。とにかく私としては、ソニー・スティットというプレイヤーはけっこうなお気に入りで、彼はテナーもアルトも吹くんだけど、どっちもけっこう聴いています。でもなぜかテナーとアルトでは、少し違う持ち味のような気がするんだけど。そこも少し不思議な気がしますね、ソニーさん^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。