So-net無料ブログ作成
検索選択

艦これ プレイ日誌:報告33回目 5月の北の空をめざして [ゲーム]

さて、艦これこと「艦隊これくしょん」の33回目の報告は、5月イベントについてです。けっこう長かった気もしますが、終わってしまえばあっというまの感じでもあります。いきなりですがE1からE3までのフィニッシュ画面から^^;。
kan_col_33_01.png

kan_col_33_02.png

kan_col_33_03.png

いずれも乙作戦で進行しています。思ったよりも順調ではあったのですが、それでも個人的な時間の無さから、日程はけっこう逼迫していました。E1ではドロップでひとみさんことイ13さんが着任。
kan_col_33_04.png

前回イベントでは双子姉妹着任まで到達することができずにいたので、嬉しいご登場となりました^^。E3での着任となった春日丸さんと、ドロップで登場した択捉さん。
kan_col_33_05.png

kan_col_33_06.png

ふたり同時ってことになりましたね。春日丸さんは、なにかとまどっているみたいな雰囲気の漂う、不思議な人だなと思います。択捉さんは元気いっぱいがんばってくれそうです。続いてはE4のフィニッシュ画面ですが、ここからは丙作戦で突っ走ることにしました。日程が危ういんですよ、はい^^;。
kan_col_33_07.png

E4は全力で駈け抜けた感じでしたが、ドロップ艦で目立った艦が着任しなかったのは残念でした。続いてE5に取りかかりますが、なにしろ全力出動をかけられるということで、最終局面まではスムースに進みました。E5攻略中に着任したLittorioさん、なのですが当艦隊ではふたりめということに^^;。
kan_col_33_08.png

これまた合成してしまうのがためらわれますが、どうしようかな。Romaさんはまだなんですが、おふたりめのご登場になってしまいました。そしてE5のフィニッシュは木曾さんが決めてくれました。
kan_col_33_09.png

そしてご着任のГангутさん。いい面構え、なんて言ってますが、それはこっちの台詞です^^;。
kan_col_33_10.png

この気の強そうな雰囲気は、なかなかいいですね^^。改二まで改装が進むと、ちょっとこの雰囲気が薄れる絵柄になるみたいで、今からですがちょっとどうしようか考えています^^;。ここまででもう最終日の夜は明けていて、あと数時間でメンテ開始、でも睡眠も必要だしという状況。とにかく数回でも、ということでE2へ、いわゆる「掘り」に出ました。1回目にいきなり国後さん登場となりました。
kan_col_33_11.png

この人もまた、別な方向での気の強さがありますねぇ。その後も数回E2に出ましたが、ついにここまでとなりました。改めて今回のイベントの報酬艦で着任した皆さん。
kan_col_33_12.png

当艦隊筆頭秘書艦の霧島さんと、ご縁が深そうな響さんが一緒です。ちなみに響さんは、当艦隊では響のままでいます。ロシア語がどうこうという理由ではなくて、やはり雷、電、暁の皆さんと共に並んだ時の字のイメージは、響のままでいて欲しいかな、という理由です^^;。

今回の作戦全体としては、バランスの取れた楽しめるものでした。ただE5の開始から最終局面までは順調でしたが、最終段階では1隻加勢があって、このためにぐっとダメージを入れにくくなって苦労しました。とはいえ全艦無事に作戦を完遂できたのは、何よりではあります。

今次作戦のMVPは、なんと言ってもE5のフィニッシュを決めた木曾さんでしょうか。ふだんは活躍の場が少ないため、レベルもやや低めで夜戦艦隊の中ではいちばん狙われてしまい、しばしば大破の憂き目も見て撤退の要因にもなっていますが、最後はきちんと自分で決めるあたり、さすがでございました^^。

もうひとつ、大和さん、武蔵さんの両艦が、実戦でのこれほどの活躍を見せたのは、初めてかも知れません。E3とE5の連合艦隊編成で、第一艦隊の主軸として存分の働きでした。彼女たちがいなくてはこれほどスムースには進めなかったでしょうね。ともあれ私としては、久しぶりに充実した作戦遂行ができたと思います。楽しいイベントでございました^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。