So-net無料ブログ作成
検索選択

My Funny Valentine [音楽]

「人称代名詞」の入ったタイトルの曲、という繋がりでこのところ続けている「この1曲」しりーずですが、今回は時々取り上げたくなるスタンダード・ナンバーで1曲。まぁ極め付けの有名曲で、たいへんカバーの数も多いんですが、これまた有名な演奏です。Chet Bakerのボーカルでのバージョンで。

「My Funny Valentine」は1937年のミュージカル「Babes in Arms」の中の1曲です。これが次々とカバーされ、ジャズの超の付く有名曲になっています。Miles Davisのアルバムには、この曲の名がそのまま付けられたものがあって、これがまた大変な名盤として知られています。

チェットさんのバージョンは1954年に8曲が録音されてアルバムが発売され、のちに6曲足して1956年にアルバムとして再リリースされた、とのことです。何故にこのような発売のされかたになったのかという点は、私には調べきれていませんが、この時はモノラル盤として世に出ています。ところがです。

のちに1958年に再々発売された時はステレオ盤として発売され、しかも当初には入っていなかったギターをオーバーダビングしているのだそうです。まぁ制作会社の指し金でしょうね、この手のことは^^;。けっこうのちの時代に至るまで、こういったこと(演奏者の意図とは無関係、または事後通告での改変)はしばしば行われました。

あ、このチェットさんの場合がレコード会社の独断であるのか、という点はやはり調べきれていません。まぁまず間違いなく勝手にやってますでしょうなぁ^^;。Simon & Garfunkelの出世作となった「The Sound of Silence」は、元々はアコースティック・ギターと箱ベーに歌という曲でしたが、レコード会社が勝手にドラムスやエレクトリック楽器を足したバージョンを作って発売したらヒットした、というのはけっこう有名ですね。

「My Funny Valentine」のタイトルは日本でも英題のままで知られています。まぁ邦題を付けるのも難しそうだしね。funnyは、通常は「おかしな」「変わった」という意味で使われますけど、この曲の場合は「素敵な」ぐらいにしておいた方がいいかなと思います。チェットさんの歌声は秋に似合うきもするけど、これからの梅雨どきにもかなり合いますよ。お奨めでございます^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0