So-net無料ブログ作成
検索選択

受賞の行方^^; [TV]

まぁ世の中いろんなことが起こるものです。アカデミー賞の授賞式で、よりにもよっておそらく最大のクライマックスであろう時に、受賞作品の発表を取り違えるなんていう恐るべき間違い方は、やろうしたってなかなかできないでしょうね^^;。やっちまったわけなんだけど。

それにしても凄いなと思ったのは、その時のとっさの対応ぶり。私がその場にいたなら(ありえませんけど^^;)、とてもできないなと感心しました。先の発表で「賞を取った」と思っていた人物が、「これは間違いだ、本当の受賞作品はこっちだ(自分たちじゃない)」なんて、マイクに向かって言えるのは、やはりたいしたものだと思うのですよ。

裏で進行している担当者が、使い終えた受賞作品のカードは破棄するなり、別の箱なりに収納するなりしていれば、こんな間違いは起こらなかったんでしょうけど。とっさに間違いに気づいて、訂正に走るのは焦ったでしょうね^^;。進行担当が間違わなければ起きなかったミスだけど、事態の収め方の見事さに感心させられた、そんなできごとでございました^^。

追記:その後の報道で知ったことですが、どうやら「受賞作を記したカード」は2セット作られていて、片方は読み上げるのに使用し、もう片方は「予備」であった、ということだったようです。本来ならば「使うのは片方だけ」なのに、うっかり予備から出してしまった(それもすでに発表が終わっている賞のカードを)のだそうです。用心深い方法を取っていたのに、手順はうっかりしてしまったわけで、それが騒動の元となったのでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。