So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

河童忌に思う [本]

私は本好きの子供であったわけで、ご多分に漏れず年齢の増えるに従って、何人かの作家に入れあげる時期がいく度かありました。作家芥川龍之介に入れ込んでいたのは、比較的早くて中学の始めごろからだったように思います。小学校の教科書にはごく平易な作品がひとつふたつ取り上げられていて、そこで知ったのだと思います。

中学では図書館で全集なども借り出すことができましたから、それこそ端っこから次々と、と言っても数ぺージからひどいと数行で判断して面白そうだと思ったものだけを読む、というひどい読書でしたけど。初期の古典から着想を得たものや、擬古文で綴られていくような作品はひどく面白がって読み進めました。一方で晩年の身の回りの心象を書き連ねたような作品は、読んでも「よく分からん」という感想が残りました^^;。

若くして亡くなったとは言え30歳代半ばの人の心象が、13、4歳の男児に理解できるとも思えませんけどね、今にして思えば^^;。それでも分からないままに何となく「悩んでいる人の様子」のようなものは伝わっていたのかも知れません。その後成人してから読んだときには、晩年の作品もある程度は「理解」はしていたように思います。ただ初期のような「工夫のある小説作品」を、なぜ書かなくなったのかは、よく分からないままでした。

7月24日は龍之介の命日であり、「河童忌」として知られています。今年は没後90年という、節目にあたる年であったので、ちょっと思い出すままに書き始めてしまいました。芥川也寸志さんという作曲家の父君でもあられる、ということも知っていましたから、音楽にも興味のあった私にとって、芥川龍之介という作家は、なにか少し特別な感慨もあります。

ただ読書の傾向としては大量に読んでいたのは中学の頃、というある意味でやや不遇な扱いをしてしまった気もしています^^;。その後の私の興味は音楽と、読書については翻訳小説に向いていきました。中学の半ばからは推理とSF、そしてもう少しあとになるとフォークナーとスタインベックという具合でした。龍之介に少しだけ立ち返ったのは成人してからですが、それも長くは続きませんでした。

それでも映画の題材としての芥川龍之介に出会ったり、文学賞の名前で出てきたりすると、やはりなにかの懐かしさのようなものも感じます。そして理由もなく「れげんだ・おうれあ」などと呟いてもみたりするわけです^^;。うむ、ちょっとしたディティールだけは記憶に残ったりするのです。小説の中身も登場人物のことも、ほぼ忘れ去っているのに「ひらがな書き」にされた外来語の響きだけは、記憶と舌の先に残っていたりするのです。人間は不思議です^^。河童忌の夜に。

夏の交響曲 [音楽]

昨年もおんなじような記事を書いてますけど(しかも夏の終り頃に。今年は早々とネタを使ってしまうのか^^;)。毎年のこととは言え、あんまり暑いとクラシックをヘッドフォンで聴くというのは少し辛くなってきます。それでも夏に似合いそうな交響曲ということで、まずはブルックナーの第4番から。

繰り返される三連符やホルンの音色などで、ブルックナーらしさは横溢、しかも第1楽章と第3楽章の親しみやすさと明るさで、「ブルックナー入門」にも向いている、みたいな解説もありますけどね。終楽章の激しさと大きさは、やはりある種の「つき合いづらさ」みたいなものはあります。でも、そこがブルックナーなんですよね。第4楽章の音楽の流れは、彼でなければ書けないものだと思います。

まぁ第3楽章がいちばん夏っぽいですかね。聴いていると広がりのある景色が浮かんできます。メンデルスゾーンの「イタリア」も夏のイメージがありますね。第1楽章の明るさと終楽章の激しさは、夏の音楽という気がします。シューマンの「ライン」だと第1楽章と終楽章にやはり明るさがあって、これも夏っぽい。ただこの曲は途中に彼らしく深く沈潜するところがあって、そのあたりの雰囲気は夏を離れます。

いずれにしても欧州の夏の感じって、日本ほどには湿度も高くないし、気温もやや低くなるんでしょうね。ねっとりとした熱気のようなものを感じさせる曲は、やはり少ないように思います。交響曲を離れれば、ディーリアスのいくつかの曲の中には夏の夜の気配や、草いきれのようなものが漂っている曲がありますよね。あれはなかなか夏真っ只中の風情が確かに感じられます。録音が少ないのがちょっと困るんですけど^^;。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

梅雨明けはしたけれど [季節]

したけれど、のあとに続いて否定的な文が来るのではなくてその逆^^;。梅雨明けしようがなんだろうが、10日以上前から事実上の夏でしたからね。関東に関しては、という注釈は必要かも知れないけど。なにしろ毎日ほぼ猛暑日が続いていた印象で、ちょっと涼しいかなという日でも32、3度はあったのではないかと。

確かに前線の活動が残っていて、かなり激しいにわか雨のあった日も一日ありましたけど、実感としては「梅雨」という言葉から受けるお天気のありようとはまったく違っていました。秋になってから「7月の6日ごろに明けていたみたいです」という発表がありそうかな、とも思ってます^^;。とにかく暑いので体調には充分にお気をつけて。一応の梅雨明け宣言が出たわけですから、私は暑中見舞いを書いたりしております^^。

Ode to My Family [音楽]

タイトルに「人称代名詞」を含んでいる曲、という繋がりでこのところ続けている「この1曲」シリーズですが、今回はCranberriesの「Ode to My Family」です。1994年の晩秋にシングルとしてリリースされて、スマッシュヒットとなっています。まぁこの曲でCranberriesを代表させてしまうのは、ちょっと乱暴な気もしますが、彼らの曲の中では知られている部類ではあると思います。

この曲の特徴としては、終結を除いてずっと4小節のコード進行を繰り返しているところでしょうか。もちろんかなりの数のポップソングは、同じコード進行を繰り返しながら作られているんですが、4小節単位でのコード進行となると、わりと少ないように思います。たとえば「パッヘルベルのカノン」として一般に知られている曲も、同じように繰り返しでできています。あちらは2小節単位ですけど。

クランベリーズは1990年代を代表するバンドですが、特にボーカルのドロレスの歌唱法は、あちこちに影響を与えています。時折裏声をまじえながらの発声と、要所でのハーモニーの付け方が個性的で印象的でもあります。同じ頃のAlanis Morissetteの歌唱もそうですが、地声と裏声を自在に交差させる歌い方は、ある時期にずいぶん耳にしたように思います。

彼らのように世界的に知られるバンドになるまでの成功を収めるのは、大変なことだと思いますが、やはり個性的であることというのは大事なことでしょうね。特にクランベリーズの場合は、女性ボーカルの歌唱スタイルという点が目立ちますが、バンドのサウンドにも個性がありますし、振り返ってみれば成功するだけのものはちゃんと持っていた、ということなんでしょうね。私としても好きなバンドのひとつです^^。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

雷雲広がる [季節]

19日15時29分撮影。我が家からは西北西の方角になります。
cloud_0718_2017.jpg

このあと西側を大きな雷雲が通過したのですが、我が家周辺には降りませんでした。遠雷は聞こえていたんですけどね。今日は夜まで雷が多く発生しそうな気配です。

タグ: 雷雨 雷雲

ビル越しのスカイツリー^^ [写真]

たまたま2、3日前の夜に車で上野駅のそばを通りました。公園口の前の細い道を上がって北へ向かっていたのですが、途中で右手にスカイツリーが見えることに気づいてちょっと停車^^;。手ブレを気にしつつ感度をかなり上げて撮ったうちの1枚がこれです。
sky_tree.jpg

ISOは6400にしてありますが、まぁ細部は仕方ないとしてもそれなりには絵になりました^^;。距離は2.5kmぐらいはあるはずなんだけど、これだけのビルの上に頭を出して見えてるって、やっぱり高いんですなぁ。まぁ撮影場所はいちおう「高台」と言ってもいい場所ではありますけど。思いがけず面白い風景に出会えた夜でした^^。

今期のアニメ視聴^^; [アニメ]

えーと、結論から申しますとなんにも見てません^^;。まぁわりといつものことですが、楽しい作品がいくつかあって充実したクールを送ったあとは、反動もあるのか見ないで過ごす、あるいはほとんどチェックもしない、みたいなことになります^^;。面白いと思ったものをいくつか見てたから、なんとなく色あせて見える、ということなのかも知れませんが。

いわゆる「積み」という、録ってあるけど見てないもの(けっこう数はあります)に少し手を出すか、または今までにも何度も見ているものを再度視聴する、というのも時折あります。お気に入りはありますからね。そうそう「ハルヒ」は再放送をずっと録りながら見てますが、「例のヤツ」を8回全部つき合うのはちょっと気が重いので、1回目を見たのち拾い見をしながら流してます。今のところそれだけという状況でございます^^;。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
前の7件 | -