So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

羅生門 [映画]

先日、黒澤明監督の「羅生門」が放映されていたので、録画しました。この作品は劇場でもテレビなどでも、ちゃんと見たことが無かったので、今度こそきちんと見てみるつもりでいます^^;。そもそも劇場では黒澤作品をあんまり見ていないのですが。いわゆる「名画座」で最初にまともに通して見た作品は、よりにもよって「デルス・ウザーラ」なのでした^^;。黒澤作品としては「変わり種」の部類のようです。

ほかに劇場で見ているのは(もちろんいわゆる「名画座」でですが)、「七人の侍」と「まあだだよ」ですね。この2本の作品のあいだの距離というのも、大きなものだと思います。「羅生門」の原作となっている芥川の「藪の中」は、ずいぶん以前に読んでますが、結局はよく分かっていないんですよね。芥川作品としては、かなり難解なものと考えています。映画版の「羅生門」は、謎解きを試みているということのようですけど、はたしてどのような決着になっているのか。

録画しただけでちゃんと見ていないので、感想などは後回しですが、冒頭の数分は目を通しています。やっぱりモノクロはモノクロの良さがあるなぁ、という感慨がありますね。もちろん我らの世界は(通常は)色が付いているわけで、「カラー映画」というものが自然なのだとは思います。でもモノクロで撮られたものは、ノスタルジアだけではない何かが映像に宿ると思います。

たとえば「フェリーニの道」にしても「カサブランカ」にしても「第三の男」にしても。「色が無い」という条件は、ストーリーを鑑賞する上では妨げにはなりません。カラーとモノクロという「映像の中の色」という論点は、写真を趣味としている私にとっても、面白いものだと考えています。つまりは「モノクロにはモノクロにしか出来ないことがある」ということだと思います。

もうひとつ別な方向に飛び火しますけど、「写真には動画にはできいなこともできる(場合が)ある」というのも、私が以前から考えていることなんですが、たまにモノクロの映画を見ると、この「色と動き」とが、映像というものにもたらす働きのことを考えてしまいます。人間の表現活動としての「写真」と「映画」。それぞれを楽しみとしている私にとっては、久しぶりに思い出したことなのでした。まぁ、まずは「羅生門」をちゃんと見なくては^^;。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

艦これ 番外編 ある日のアーク・ロイヤルとビスマルク [ゲーム]

長かった欧州救援作戦から帰投し、数日が過ぎた遅い午後です。隊舎の廊下でアーク・ロイヤルとビスマルクがすれ違います。
Bismarck 「やぁ、アーク・ロイヤル。こちらの暮らしの感じはつかめてきたかい?」
Ark Royal 「あ、ビスマルクさん……なんとかやって行けそうだが。……そのぅ……ありがとう」
Bis 「どうした、元気が無いようだが」
AR 「えーと、あの時はすまなかったね……、いろいろと」
Bis 「あの時?ああ、あの時……あれは戦いの中でのことだ。運も無かったんだよ」
AR 「運?やっぱり運なのか?」
Bis 「たぶんね。私はフッドの時で運を使い果たしていたんだと思うよ」
AR 「フッド……そうね、そういうことなのかも知れない」
Bis 「そして、どういう方法なのかは分からないが命を与えられ、海の平和を破壊する相手と戦うためにここにいる」
AR 「そう、それは意識がはっきりするまでは、少しだけ時間がかかったかな。もう海の底じゃない、と思うのに少しだけ」
Bis 「そして日本の新しい仲間たちと一緒だ。楽しい連中だろう?」
AR 「確かにそう思うよ、みんないい人たちだ」
Bis 「今回の欧州作戦が終了したら、何か予定もあったらしいが、それは延期になってしまったようだけどね」
AR 「予定?」
Bis 「君も聞いただろう?今回の作戦でアマギが沈んだんだ。提督はひどく自分を責めていて、2、3日はロクに食事もしなかった」
AR 「その件は聞いた。辛いことだが。しかしそんなに思い詰めていたのか」
Bis 「心優しい提督だからね。作戦で艦を失うことを、絶対に避けようとしていたのに」
AR 「乗り越えるしか無いのだがな、やはり」
Bis 「とは言え作戦帰投後は、いくらか元気も取り戻してはいるようだ。とにかくしばらくは休息さ」
AR 「私もゆっくりしながら、ここの暮らしに慣れたいものだ」
Bis 「そうだね、それがいい。ところで魚は好きかい?」
AR 「魚?食べる方かい?国では時々ニシンを食べたりはしたが」
Bis 「日本にはサンマという、なかなか美味い魚が獲れる。まもなくそのシーズンさ」
AR 「食べる楽しみも嬉しいが、まずは任務に備えて体調を調えることが大事だな」
Bis 「うん、少しずつ慣れるといいよ」
AR 「ありがとう、そうするよ」

金剛 「おや、プリンツ、こんなところで何を……」
プリンツ・オイゲン 「シィーッ、あのふたりを見てください」
金剛 「おぉ、ビス子さんとアーク・ロイヤル。思い出話だねー、きっと」
プリンツ 「ちょっと心配して見てたんだけど。どうやら大丈夫みたいですね」
金剛 「大丈夫だよー、日本に来たらみんな仲間だし。あなたもそうだったでしょ」
プリンツ 「そうですね。アーク・ロイヤルさんが早く打ち解けてくれるといいですね」
金剛 「すぐに慣れるよ、きっと。そしたらみんなでご飯食べようよ」
プリンツ 「そうですね、それが一番かも」
金剛 「そう思うでしょ、ねっ」

艦隊の一日も夕刻に近づいています。明日もまたいい日でありますように。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

艦これ プレイ日誌:報告34回目 大遠征は熱帯から北海まで [ゲーム]

34回目となった艦これこと「艦隊これくしょん」の報告は、2017年夏のイベントについてです。「夏の」とは言うものの、関東に暮している身としてはわりと涼しい夏の中での作戦となりました。いきなりですけど、E1からE4までのフィニッシュ画像から^^;。
kan_col_34_01.png

なにしろ1か月に亘る作戦でしたから、長くなるのでこういう構成です^^;。E1を始めて間もない時に、いきなり山風さんが着任。当艦隊にはまだいらしていませんでした。
kan_col_34_02.png

なんだか制服が独特のデザインで、不思議な雰囲気も持っていますね。E2を終えたところで、無事旗風さんが着任となりました。
kan_col_34_03.png

ご縁が深い同形艦の皆さんと撮影した画像がこちらです^^。
kan_col_34_04.png

ちなみに新しく着任された艦娘の皆さんは、必ず記念の1枚を撮るんですが、今回は海域での新着任がアナウンスされていた方のみ集合画像を載せます。何しろ作戦が長いので^^;。

E4の攻略中には沖波さんが着任。
kan_col_34_05.png

なにしろいきなりなんで驚きますが、あわてて調べたりして、まだ着任していなかったことを確認したりします^^;。E4までを攻略完了してRichelieuさんが着任。
kan_col_34_06.png

華やかな制服ですねぇ。四連装砲塔というのも、かなりの派手さを感じます。縁の深いと思われるウォースパイトさんやそのほかの欧州・米国戦艦の皆さん、及び外国艦との連絡役も兼ねている金剛さんとの記念の1枚です。
kan_col_34_07.png

ここまでが前半戦ということになるでしょうか。E5からはさらに厳しい戦いが続くことと思われ、例によって時間が不足気味となるのは分かっていましたから、すべて丙作戦で進行することになりました。が、しかしE5でいきなり「事件」が起きてしまいます。まだ攻略開始から間もない2、3回めの時だったと思います。天城さんを喪失してしまったのでした。
kan_col_34_08.png

とにかく不注意以外の何物でもありませんが、大破になっていることの確認がおろそかになっていました。こんなところで実戦投入したとたんに、です。手を伸ばして画像を撮っている自分が悔しくもありますが、すべては自分がいけないのです。ごめんね。こんなところで。

とにもかくにも気を取り直してE5を攻略、最後を決めてくれたのはウォースパイトさんでした。
kan_col_34_09.png

それにしても、「カレー洋」とか「ステビア海」とか、いろいろ変名で来てたのに、このあたりから「紅海」「キプロス」「マルタ」「ドーバー」とかって言うのは、かまわないんでしょうかね^^;。

続いてE6に突入しますが、このE6の前半の輸送作戦の長いこと^^;。全部で15回の出撃を数えました。失敗になったのは1回あったかなという程度で、比較的難しくはなかったんですが、なにしろ長かった^^;。この間にアクィラさんとルイことLuigi Torelliさんが、相次いで着任となりました。
kan_col_34_10.png
kan_col_34_11.png

ルイさんは、2枚の着任記念画像もあるんですが(潜水艦仲間たちと、イタリア艦とのものと)、長くなるので申しわけないけど省略^^;。そして長かったE6もついに攻略完了^^。
kan_col_34_12.png

ラストは由良さんが決めてくれました。そしていよいよE7へと突入となりますが、こちらもまたゲージを削りきってからが手間取って、あわや終わらせられないんじゃないか、と思いました。その間にグラフ・ツェッペリンさんがあっと驚く着任。
kan_col_34_14.png

ギリギリの激闘の中でのご着任となりました。

E7の攻略は一度は諦めたんですよ^^;。というのもてっきり11日までで作戦終了だと思い込んでいたからですが、11日の深夜に(すでに日付は12日)帰宅してみたら、まだ作戦期間内であったという^^;。改めて慎重に艦隊編成を練り直して突入したところ、あっけなくと言うか一回でとどめを刺すことができました。艦隊の構成を変えたときに編入した大井さんが、フィニッシュを決めてくれました^^。
kan_col_34_15.png

無事にArk Royalさんが着任となりました。
kan_col_34_16.png

短い間に英独伊の空母が揃うという展開になったのでした。
kan_col_34_17.png

同国艦のウォースパイトさん、特別な縁のあるビスマルクさんに、地中海のH部隊では関わりのあったであろうイタリアさん、そして金剛さんと筆頭秘書艦の霧島さんという画像です。

さてここまでで12日の夜は明けかけており、いわゆる「掘り」をするにしてもホントに何回か、ということになりそうでした。どこを狙うか、という点では少し迷いもあってまずE6を2回ほど、そしてE3も3回ばかりというちょっと中途半端なものになってしまいました。もっともその間には藤波さんが着任^^。
kan_col_34_18.png

いきなりこんなお姿で登場すると、緊張感も飛んじゃいますけどね^^;。沖波さんもそうでしたけど。結局目的として狙っていたドロップは無く全作戦を終えたのでした。

改めて今次作戦で着任した艦娘の皆さん。この作戦での新任のアナウンスのあった方たちと、以前の海域で登場して、当艦隊には未着任だった皆さんに分けて、です。
kan_col_34_19.png
kan_col_34_20.png

今回の作戦は動員艦数も多く、初めて実戦に投入する艦もある中で、天城さんを失ってしまったのは、最大の痛恨事でした。あのたおやかな笑顔に会えないなんて、とても辛いことです。そのことは本当に残念なことでした。ただ、作戦はすべて完遂することができましたし、ドロップ艦も多く、その点では充実した作戦でした。

今回のMVPを上げるとすれば、天城さんの喪失直後に代わりをかって出てくれ、そのままE5に出撃し続けた葛城さんと、最終局面で艦隊の構成の変更で新しく参入した上に、いきなりフィニッシュを決めてくれた大井さんでしょうか。ほかにも欧州艦の皆さんの活躍や、アイオワさんの強さなどが印象に残りました。とにかく長い遠征であったことと投入艦艇の数の多さなど、激しく厳しい戦いであったと思います。まずはしばらくは通常任務をこなしつつ休息ということになりますね^^。長文お付き合い、ありがとうございます^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9.98 [スポーツ]

「9秒台」で「スタートラインに立てる」というのは、確かに名言となるかも知れません。人類が10秒の壁を破ってから、日本の選手が到達するまでには50年近くの年月を費やしました。最初は手動計時で9秒9。1977年からは電動に限定されて、ここからでも40年の年月が経っています。そして伊東選手が10秒00を記録してからは、実に19年間を要しました。100分の2秒を縮めるのに19年です。

桐生選手は「自己記録更新に4年もかかってしまった」と言いましたが、確かに高校3年間の記録の伸びから見れば、100分の3秒の更新は、僅かの短縮ではあります。それに4年もかけてしまった、という意識は理解できます。しかし現在21歳の彼があと何年かの現役生活のうちに100分の4秒程度記録を縮めることは、決して夢ではないと思います。充分可能性がある数字でしょう。あるいはほかの誰かが。9秒94。いい数字じゃないですか^^。楽しみです^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

プレーオフの行方 [スポーツ]

もちろんここでのプレーオフは、サッカーワールドカップの予選での、プレーオフのことについてです。「大陸間プレーオフ」と呼ばれているのは、アジアvs北中米カリブ、オセアニアvs南米という大陸(予選地域)同士での戦いです。もうひとつヨーロッパ予選でも、予選各組1位チームは自動的に通過ですが、2位になった場合にはプレーオフを戦うことになります。

純粋にプレーオフという試合を経ずに本大会に出場が直接決まるのはアフリカだけです。予選は5組に分けて戦い、各組1位のみが本大会に出場します。なかなか厳しいものです^^;。オセアニアと南米のあいだで行われるプレーオフでは、以前はオーストラリアがオセアニア首位チームの常連でした。で、南米にはなかなか勝てずにアジアの予選に鞍替えした、という経緯もあります。

今回はアジア予選でB組3位に終わってしまい、その回避したがっていたプレーオフに出場を賭けて出なくてはならない、というのはなにか因縁めいています。しかも大陸間プレーオフの前に3位同士の戦いに勝たなくてはならないという厳しいものです。要はあと4試合しなくちゃならない、ってのは人ごとではありますが、大変だなぁと思います^^;。「勝ち点」というものの織り成す勝負事の綾ですが、日本はとにかく決めてしまえてホントに良かったなぁ、とつくづく思ってしまいますね^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

やっぱり面白い^^ [アニメ]

どういう理由での再放送なのかわかりませんが、NHKが「涼宮ハルヒの憂鬱」の2009年版を放送していて、毎週録画しては見ています。前の4月期から通してなんですけど、さすがに「8本」はちゃんと付き合わずに最初と途中を1本と最後とを見ただけです^^;。ちゃんと見れば演出や作画の違いもあるし、それなりに面白いとは思うんでしょうけど。先日からは「溜息」が始まっていて、まぁわりとドタバタと騒がしいエピソードではあるんで、気楽な感じで見ることができますね。

んー、通して毎週のように見ていると、やっぱり面白いシリーズだなぁと思えます。私はこのシリーズはけっこう好きですから、多少は贔屓目あるのかも知れないけど。一方でキャラクターの作画、特にハルヒの表情の変化が1期と2期とではかなり違った感じになるので、初めて見る人だと、とまどいがあるかも知れませんね。私はどっちも好きなんだけどね。

「溜息」が終わると、あとは1期で放送されたエピソードが続いて終わりになりますから、実際のところ2期での絵柄もあと何回かで、1期のものに戻ることになります。それにしても全部で「28話」という、通常の放送とは話数に収まらない違いがありますから、再放送するにしてもある程度枠が自由にできないと難しいんでしょうね。結局10月の終わりぐらいのはずですけど、毎週楽しみにしながら見ています^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

首位通過^^ [スポーツ]

結果的にはワールドカップ予選を「首位通過」としたサッカー日本代表ですが、オーストラリアとの試合はいろいろあったものの、これまた結果的には上出来の試合になりました。ボール支配は40パーセントを切っていたようですが、シュート数では17本、オーストラリアはシュート5本であったとのことで、試合の結果と内容を如実に表しています。

それにしても1点目のクロスを上げたのは長友で、オーストラリアは「また長友にやられた」と思っている人もいるかも知れません。ちょっとアジア・カップ(2011年)での李忠成のゴールを思い出しましたね。あの時のアシストのクロスも、長友からでした。位置はちょっと違うけど。浅野を逃がしてしまったオーストラリアの3番が、ゴール直後に線審の方を見てオフサイドを確かめてるのが印象的でした。もちろん線審はセンターラインに向かって走ってました^^。

2点目は原口が粘って取ったボールを、井手口の個人の突破で決めました。あれだけ守備を引き連れて行って、隙を突いてシュートを撃てるのは、やはり最初からシュートで終わると決めてたからだと思います。「とにかく撃たなきゃ入らない」っていうのは鉄則ですから、果敢にシュートまで持ち込むスピードは素晴らしかったですね。

とにかくこの試合で決められて良かったなと思いますが、次の試合はちょっと心配なこともあります。日本にとっては気楽な「残り試合」なんですが、相手のサウジアラビアにとっては「死ぬ気で勝ちにくる」試合になってしまいました。決めてしまった日本としては怪我が怖いとか、いろいろありますけど、とにかくうまくこなして欲しいと思います。願わくば怪我の無いように^^;。まずは予選突破が嬉しいですね^^。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の7件 | -